歴史のひとこまです。

December 19 [Sun], 2010, 5:35
右大臣羽柴秀吉が関白に就任し藤原氏に改姓したのは天正13年1585年7月11日でした現在の愛知県から、戦国時代の最も有名な武将が三人も出ています織田信長、豊臣秀吉、徳川家康です秀吉は、信長、家康とは異なる点がひとあります信長、家康は武士の出身であり、姓を持っていましたが、秀吉は百姓の出身であり、姓を持っていなかったことです秀吉は、信長の家臣となってから、出世するごとに姓を変えています知られている姓だけで、木下、羽柴、藤原、そして豊臣です秀吉は、征夷大将軍となって、幕府を開きたかったため、足利幕府最後の将軍、足利義昭の養子になろうとしましたが、義昭に断られたという説があります信長の織田家は平氏、家康の徳川家は源氏の流れをくんでいると称していました彼らの主張は、証明はできませんが、否定もできませんしかし、秀吉には、それを主張し、納得させるだけの家柄はありませんそのため、義昭に接近したといわれていますそれが事実であっても、義昭には源氏の嫡流足利氏の将軍の誇りがあったのでしょうどこの馬の骨かわからぬ秀吉を養子になどする気はなかったでしょう天正14年1586年9月9日、朝廷から豊臣の姓を賜ります
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qala67d1ew
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qala67d1ew/index1_0.rdf