安心の返金保証でサーバ証明書を取得できる良心的なサービス

June 29 [Thu], 2017, 9:04
大金はたいてサーバ証明書を買ったはいいけれど、思った以上に使い勝手が悪いのであえなく処分することに…と苦い経験を予想している方が多いのではないでしょうか。
そんな方でも安心の30日間返金保証を株式会社アールエムエスが実施しているようです。

DigiCertのサーバ証明書の発行日から30日以内に取り消し手続きをしていただければ、サーバ証明書維持費の返金に応じます。
しかし、作業代行費は返金保証の対象外であることをご注意ください。

それでも、サーバ証明書の取得に掛かった費用を返して貰いたくなったときに利用できる30日間返金保証は便利ですよね。
その文書の取得リスクを最小限に抑えるためのサービスにより、DigiCertのサーバ証明書を購入される方が増えていくでしょう。

30日間の猶予があれば、ホスト名のカバー力の高さやサーバ台数を気にせずに使用できる文書の信憑性を十分に探れると思います。
一度や二度の使用では見えてこない部分が多いですし、十分な使用の末に返金するべきかの決断が下せるのは大きいです。

低価格のサーバ証明書を取得するならばDigiCertがお勧めです

June 28 [Wed], 2017, 8:30
何処もサーバ証明書は高い…とその文書の購入を半ば諦めている方は、DigiCertならば満足いくお値段を提示してくれるでしょう。
世界最高の認証局でして、10年以上SSL/TLSサーバ証明書の発行などをしています。

株式会社アールエムエスがDigiCertの正規代理店を務めているので、DigiCertの国内最安値のev ssl plusを取得する際もお客様のお役に立てるはずです。
その文書を1年間有効で取得する場合は、定価の54,600円から32,800円に値引きされます。

2年間有効だと大きな割引が見込めて、100,800円から59,800円になったりするそうです。
4万円を超える割引額は注目であり、一気に6万円を切る圧巻のプライスダウンは大セールそのもの。

ev ssl plusなどではDigiCertのサイトシールが使用可能で、大企業がよくお使いになっているDigiCertサーバ証明書であることを明確にできます。
つまりサイトの信頼度を高められて、安心して利用できるサイトだとユーザーにご理解していただけるわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:v7c2
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qa7/index1_0.rdf