【2010参院選】滋賀、知事選とダブル選→県議辞職でトリプル選に (産経新聞)

June 19 [Sat], 2010, 4:07
 ■結局 2000万円上乗せ 費用削減ならず

 参院選と知事選の同日選効果で約6千万円の費用削減を目指していた滋賀県で、県議1人が参院選比例代表に立候補するため任期途中で辞職し、参院選と同じ投開票日で県議補選(欠員1)が実施されることになった。トリプル選になり、選挙費用は、さらに約8千万円が必要となることが12日、判明。結局、費用は予定より約2千万円上乗せになり、県の“思惑”が外れた形になりそうだ。

 県は、参院選と知事選が別々の日程で行われる場合の費用をそれぞれ約6億7700万円、約5億9200万円と想定。これをダブル選にできれば人件費など約6千万円を削減できると試算していた。平成10年の参院選と知事選のダブル選で約2億円を削減しており、今回も試算を上回る削減の可能性があった。

 ところが、県議の1人が今月7日、参院選比例代表にみんなの党から立候補表明し、県議会は任期途中の辞職を許可。公選法では、知事選の年は、県議会が本来補選の対象にならない欠員1となっても同日選とすることを義務づけている。滋賀県議選は来春の統一地方選挙だが、補選を実施しなければならなくなり、約8千万円の選挙費用を投入せざるを得なくなった。県選管の担当者は新たな出費に「こればかりはどうしようもない。粛々と業務を続けるしかない」と話している。

亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
参院選勝敗ライン、50? 54? =首相、口濁す(時事通信)
現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
「参院選に政治生命」=自民・谷垣氏、敗北なら辞任示唆(時事通信)
あの京都府警、ネット犯罪捜査を支える“愛妻の手書きツイッター”(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/q9wk99lb/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。