[リコール制度見直し]前原国交相、技術検証部の体制に「心許ない」(レスポンス)

June 01 [Tue], 2010, 13:55
疑われる不具合がリコール対象となるか、あるいは、メーカーの不具合情報対応は技術的に適切であったか。その調査分析を行うのは独立行政法人「交通安全環境研究所」(東京都調布市・大橋徹郎理事長)の役割だ。

同研究所「リコール技術検証部」は、国交省リコール対策室の依頼で、不具合情報の検証を実施する国内唯一の検証機関。前原国交相は28日の閣議後会見で、このリコール技術検証部の体制を問題にした。

「リコールには、メーカーから出されるリコールと国土交通省が勧告するリコールがあるが、両方ともしっかりと対応し、技術的観点から検討を加えようと思うと、常勤1人、あと15人は非常勤というのは、いささか心許ないと思っている」

前原氏は、リコール制度の体制強化として、不具合の「情報収集体制の強化」とともに、「調査分析体制の強化」を上げている。

情報収集体制を強化し、本省のリコール対策室が自動車の不具合情報を多数集めても、リコールが求められるのは、メーカーの設計や製造上に原因がある場合だけだ。この見極めができないと、膨大な情報に押し流され、迅速なリコール対応はできない。

もともとリコール技術の検証が外部委託されるようになったのは、2000年の三菱自動車のリコール隠しが発端。研究所の「リコール技術検証部」は06年5月に創設された。

「非常勤と言っても6人は技術検証官と呼ばれる高度な技術者を雇用して、検証を続けてきた。非常勤といえばそうですが、契約職員のような感じで…」と、リコール技術検証部広報担当者は戸惑うが、むしろこの体制で不具合情報を検証できてきたことのほうが、ユーザーにとっては驚きだ。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
[リコール制度見直し]前原国交相「メーカーは随時報告を」
[リコール制度見直し]前原国交相「消費者委員会に協力したい」
【スバルの先進安全技術】高機能化と低価格化で普及への道筋を付ける…アイサイト
豊田社長「顧客視点でリコール情報を素早く反映」…グローバル品質特別委員会
国土交通省 特別編集

<もんじゅ>クレーンから煙 環境に影響なし(毎日新聞)
ドン・キ放火 従業員遺族の請求棄却…消防職員に過失なし(毎日新聞)
あなたは和菓子と洋菓子、どちらが好きですか(Business Media 誠)
過労死訴訟 企業トップの責任認定 大庄に7800万円賠償命令 京都地裁(産経新聞)
口蹄疫 大阪府が全農家に消石灰配布へ(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/q9wk99lb/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。