シミ対策をしたいですが・・・

December 08 [Sat], 2012, 15:54
EGF 配合 クリームを使っていきたいですね。シミと言っても、実は人それぞれシミの種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)には違いがあります。シミの改善のためには、そのシミがどういった種類のシミであるのかをチェックし、一番適切な方法を選ぶのが望ましいと思われます。例えば、シミには以下のような種類があるのです。
・老化によって現れる一般的に「シミ」と呼ばれる『老人性色素斑』
・女性ホルモンとの関係が指摘されている左右対称に出る『肝斑』
・シミが膨らんでイボ状になった『脂漏性角化症』
・そばかすといった名称が一般的な『雀卵斑』
・遺伝的な色素沈着(細胞に色素が貯留することで、色が変わってしまうことをいいます)である『扁平母斑』
・吹き出物跡や傷口が色素沈着(新陳代謝の衭えにより、肌にシミやそねかすなどが残ってしまうことを指します)を起こす『炎症後色素沈着(新陳代謝の衭えにより、肌にシミやそねかすなどが残ってしまうことを指します)』
この中で、遺伝的なものやイボ状になったものを治すのは、非常に難しいといわれているのです。でも、女性ホルモン(エストロゲン、卵胞ホルモン、雌性ホルモンなどと呼ぶこともあります)の減少が原因とされる肝斑や、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)の再生を促進する事で改善ができるシミなどは、体内のホルモンバランスや新陳代謝(その人の習慣によっても細胞が入れ替わる速度が変わるものです)の機能を高めることで治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)可能になるでしょう。そういうシミには、サプリメント(時に医薬品と同じくらいの効果がある製品もありますから、服用の際には注意が必要です)や漢方薬が効果的に働くことがあります。特に、漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)には血行改善して新陳代謝(夏目漱石が造った言葉だという説もありますが、真偽のほどは定かではありません)を高めるという効果がある物がいろいろありますから、そういった漢方薬を利用する事で新陳代謝を促して皮膚(キレイだと男性に好卭象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)再生を促進させ、シミを薄める事です。新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)を高めて血行を改善する効果が有るとされている漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)には、以下っぽいものがあるはずです。
・温経湯(うんけいとう)
・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(けししぶくりょうがんかよくいにん)
・四物湯(しもつとう)
・当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あおい4qx2
読者になる
2012年12月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ヤプミー!一覧
読者になる