障がい者の就職と雇用枠

February 17 [Wed], 2016, 10:18

障がいを持つ人も就職し社会で問題なく活躍できるように、障がい者の雇用を促進するための法律が制定されています。一定規模の事業所は、障がい者のための採用枠を作ることが、事業所ごとの法定雇用率が制定されたことで義務づけられました。企業の中でも障がい者を採用するところは年々増えているので、障がい者の就職の間口は広くなってきているといえます。法定雇用率を守ることは、長引く不景気の影響もあり事業所にとっては厳しいものとなっているようです。決して障がい者雇用枠はたくさんないため、就職活動を一般応募からするしかない障がい者も多数いるようです。自分の障がいの内容について企業側にしっかり話しておくとが、障がいを持つ人が就職活動を行うときには大事なことです。多くの場合、必要な配慮と障がいの状況について面接で質問されるといいます。就職企業によって、障がいについての知識や理解はかなり異なるといえます。ほとんど人事担当者や面接官は知識がないという前提で説明をすることをおすすめします。具体的に説明することが重要なので、下手に何かを隠したりすることはやめましょう。エピソードとしてこんな挑戦を障がいはあってもした、こんな結果を出したと話すことで自分をアピールすることができるでしょう。就職活動に取り組む場合には、たとえ障がい者雇用でも企業側に自分を知ってもらうためにも、自己分析を丁寧に行うようにしましょう。

獅子の田大城
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よしまさq8pci9ev
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/q8pci9ev/index1_0.rdf