看護師でも夜勤が体質で受けつけられない人はいる?

March 25 [Tue], 2014, 6:57
看護師の仕事は常に患者さんのことを気にしていなければならず、神経も使うものです。
病院は24時間体制である場合が多いため、看護師はそこでも心身を消耗することになります。

24時間体制ですから、夜勤にあたる看護師は不可欠です。
しかしながら、夜勤は看護業務の中でもっとも大変かつつらいものであると認識している看護師は多くいます。

夜に仕事をするわけですから、夜には眠るという普通の生活とはまったく違います。
また夜に働くことは、日中に働くよりも疲れます。

夜には体温や血圧も下がっていて、体質的に夜勤をすることが受けつけられないという人もいるのです。
仕事だからといって身体に無理を強いていては、体調を崩す原因になってしまいます。

人の生命にかかわり責任のある仕事をする看護師は、常に緊張感を持って勤務していなければなりませんから、向いていない夜勤を続けるよりも日中にだけ勤務することのできる職場を探すことが患者さんのためにもなる場合はあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:麻美
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/q8k593jj/index1_0.rdf