予期せぬ再会

January 18 [Wed], 2012, 19:51
今年年初より、母が脱肛の手術のために地元の総合病院へ入院していました。
数日前に面会に行った際に、今日は受け持ちです。
よろしくお願いしますと挨拶にこられていた看護師さんを見たことあるなぁと思っていたら、母も見たことがあるとひょっとしたら入院した際にお世話になった看護師さんではと考えていました。
そして、今日は母が退院の日。
病院に行くとその看護師さんが声をかけてくれました。
お母さんから聞いたんだけど、今は看護師になったそうですねぇでも、看護師になってくれたなんて、嬉しいわ。
勉強とか大変だったでしょう実習もあるしね。
そしたたらサン〇アで見かけた時は学生さんだったんですね。
大変な仕事だけど、頑張って下さいねやっぱり、僕が4年半前に急性腎不全で入院したリーディングホース際にお世話になった看護師さんでした。
僕は知らなかったのですが、退院後、たまたま病院の集まりで当時サン〇アでバイトしていた姿をみかけたそうです。
母から看護師として働いていることを聞いて、びっくりしたそうでそりゃそうだ自分にとって、人生の最大のターニングポイントがあの入院でした。
意識障害のある状態で入院し、即人工透析。
医師からはあと1日遅かったら、助からなかったかも知れないと後に言われ。
そして、入院中に今後の身の振り方を考えた上で、看護師になろうと決めて、看護学校に通い、現在は看護師として働いています。
もちろん入院しない方がいいわけですが、あの時の入院生活が看護師として、働いている自分にとって貴重な経験になっています。
偶然とはいえ、当時お世話になった看護師さんに元気な姿を見せることが出来て、且つお礼を言えたので、本当に嬉しかった最近下がりつつあったモチベーションも回復したまた、明日から頑張ります
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:q8jdb81cnc
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/q8jdb81cnc/index1_0.rdf