城山・経小屋山 縦走登山

August 02 [Thu], 2012, 19:16
7月26日木晴天経小屋山は安芸の宮島の対岸にそびえる山で山頂からは瀬戸の海や西中国山地、四国のまでも見えるらしい広島県の山の本では宮浜温泉からの登山コースを紹介してありましたが、駐車場の事を考え下山口の大頭錘ミから入り同じルートを戻ってくる事にしました大頭錘ミの駐車場に着いてビックリ車がびっしり何とか隅に停めたけどどんどん車が入ろうとしている大頭錘ミに安全祈願を済ませ妹背の滝に進みましたが川に子供がたくさん、滝の周辺にも子供達がグジャっと保育園児とその他子供連れの家族がたくさんみんな、会長はメイド様! エロ水着姿私たちの登山姿は本当に場違いでした妹背の滝の雌滝だけ写真を撮り雄滝、の写真は人が少なくなった下山の時に撮る事にして、登山開始少し歩くと城山と経小屋山の縦走路の標識を見つけました予定はしていなかったけど方向は一緒だからついでに行こうこれが大変でした、シが覆い茂り道なき道、余りに大変な道なので写真を撮る余裕もないおまけにメチャアチィー水分を飲んでも飲んでも汗になる地図上では2km位。
でも急斜面ばかりなので、着かないの登っても登っても着かないやっと、城山山頂2655m景色は良いけどとにかく暑い急がなくちゃ、このペースだと先にある経小屋山はどうなるんだ実は息子も私も今日は低い山なのでってちょっと余裕してましたこんなん急な道をひたすら登るすでにクタクタ向うに山がまさかあれじゃないよねぇ今回、余りのしんどさに標識などいっさいカメラに収めてないエネルギー切れ、カロリーメイトとウイーゼリーを分岐地唐ナ息子がどうする今2時。
俺は一応2時を限界にしているけど今日の計画は経小屋山登山。
私はこのまま帰りたくないけど頂上を目差すでも、キツイの5m歩いて休んで、数歩進んで休んで、水分の残りは大丈夫なんだろうかフッと開け車道。
少し歩くと広場になっていて山頂経小屋山山頂5966m東屋で遅い昼食息子は18リットルの水分をすでに飲み切っている本には7月8月は控えた方が良いって納得だわ下山するまでどうするんこの写真、アルバムにする時は、綺麗重ねてに1枚の写真に作ります何となく、もやっていますが微かに宮島の鳥居が確認出来ます下山は予定していた道をどんどん下る、予定より随分早く下りる事が出来て再び妹背の滝今日のメイン雄滝雄大です靴を脱いでジャブジャブと気持ちいい修験者のようになっています
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:q8irx1lr6l
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/q8irx1lr6l/index1_0.rdf