名張毒ぶどう酒事件、再審判断差し戻し…最高裁(読売新聞)

April 13 [Tue], 2010, 14:56
 三重県名張市で1961年、農薬入りのぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡、12人が中毒になった「名張毒ぶどう酒事件」で、奥西勝死刑囚(84)(名古屋拘置所在監)が無罪を求めて裁判のやり直しを求めた第7次再審請求の特別抗告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は、名古屋高裁の再審開始決定を取り消した同高裁の別の裁判部の決定について、「科学的知見に基づく検討をしたとは言えず、推論に誤りがある疑いがある」と述べて取り消し、審理を同高裁に差し戻す決定をした。

 決定は5日付。高裁で、犯行に使われた農薬に関する鑑定の評価が分かれた今回の再審請求は、申し立てから約8年を経て、3たび高裁で争われる展開となった。

<自民党>田野瀬総務会長が与謝野元財務相を批判(毎日新聞)
新党からの参院選出馬を否定=石原都知事(時事通信)
「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷(時事通信)
<国民新党>11兆円超の追加経済対策を要請(毎日新聞)
支援者「再審開始すべきだった」=名張毒ぶどう酒報告会−名古屋(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/q77gr34h/archive/6
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。