いくらなんでもそこまでは

October 26 [Sun], 2014, 22:54
虫歯で歯を1本、失ったんですね。ちょうど「親知らず」が生えてきた頃で、歯科の先生がいうには、インプラントか、差し歯か、親知らずを移植するか、という選択があるとのこと。推奨案を訊いたところ、自分の歯が活かせる親知らずの移植がベストとのことでしたんで、素直にそれを受け入れました。

好運にも私には痛みがなかったんですけど、こうして自分の親知らずを移植した場合でも、痛みが出る場合があるそうですね。もちろん、自分の歯ですから拒絶反応みたいなものはないそうですが、非常に痛む上に、腫れるケースがあるとのこと。そうなったら、再び、その、せっかく移植した歯を抜いて、別の人工歯を入れることになるんでしょうか?

また、その場合、歯医者さんにとっては、治療費や材料費の儲けが発生することでしょう。ということは、意図的に痛むようにするケースさえ考えられますね。いってみれば、こちらは「素人」ですし、歯医者さんが口の中にどんなことをしたのかは、わかりませんから、いろいろなことをされてしまっているんでしょうか?

例えば、全身麻酔をかけられて…。そんなことまで考えたくありませんし、私にそんな魅力があるとは思っていませんけど、想像できないことではありません。

岡山インプラント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:q6oomae
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/q6oomae/index1_0.rdf