身の丈に合ったお式

February 08 [Fri], 2013, 21:23
お父さんが結婚の許可をしてくれない・・・
勝手に希望されても困りますよね…
第三者は第三者、あなたは自身。
自身達の身の丈に合ったお式でよいと思う。
不可能して、相方の過剰な希望に応える必需は無いと思う。
後々非常にに成りますし、ご自分も負荷が大きく成りますよ。

皆様も、同じ構成で挙式と会食を行ないました。
両身内には、両人で進行等全て執り行ないたいことを説明し、
皆には、参列してもらうだけでよいというようなことを、ご満足いただきました。
言うまでもなく、お式について「希望はしないでほしい」というようなことも。
結末的に、思っているよりよい内容だったことで、非常によろこんでいただけた。

スタイルはいかがであれあったほうがいいもの
・乾杯
・スピーチ(ゲストの方々のじゃなくて花婿のウェルカムスピーチでもいい。ゲストの方々のうち親族年長者でもいい)
・ケーキ髪カッティングか鏡開き等
・花束贈呈(手紙はなしでいい)か記念商品贈呈
・フィニッシュのひとこと

他はなくてもいいである。
これだけあれば其れっぽく成りますよ。

出し物をやるスペースの確保とかムリだからは?
レストランでのウエディングなら出し物をやる時間ないと思う。12人ならホントに身内だけと言われています。
逆に、乾杯の発声の前に
☆お集まり頂いた感謝の言葉
☆両家庭の披露(出席者)
等やって、フィニッシュにも花婿から、これからもご指導ご鞭撻を宜しく的なひとことがあった方がよいと思う。
さまざま面倒なら反対にウエディングコースナーの会社に頼んで取り仕切ってもらうか、恥ずかしさを忍耐して市販的な披露パーティーをした方がよいと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よう
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/q6g952dx/index1_0.rdf