薬剤師の調剤業務などといった役割について

October 27 [Mon], 2014, 9:28
薬剤師が薬のスペシャリストとして活躍するためには、本来の業務である調剤業務をしっかりと正確に行うことが大切です。調剤を効率よく行うためにはその工程を工夫する必要があるため、基礎となるポイントをしっかり理解しておくのが良いでしょう。調剤は薬剤師の本来の業務であり、最も重要な業務と言うことができます。この業務は医師が患者に交付した処方箋の内容が適切であるかどうかをしっかりと監査し、その処方箋に従って正確に調整した後、患者が薬剤を適正に使用できるように説明や情報提供を行うという工程から成っています。医療過誤を防止するために調剤薬監査は大切な仕事であり、患者に薬が渡る前の最終工程であるため、責任を持って薬の確認をする必要があります。調剤薬監査の手順は処方箋の記載内容の監査、薬剤の特定、薬剤の数・量の確認、患者用説明文章の確認といったことを行うのですが、人は誰でも間違いを犯すということを忘れずに厳重にチェックするのが大切です。処方監査は処方箋受付時や調剤時にもそれぞれの担当者により行われており、処方内容が変更になった場合にはその変更内容についてもしっかりと考えていく必要があるということなのです。m字はげ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひろみq5s5harq
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/q5s5harq/index1_0.rdf