ごめんね、という気持ち

November 26 [Sat], 2011, 17:19
ごめんね、という気持ちは悔やむ気持ち。
人は、離れたり失うことで大切さに気づかされたり、あの時の自分の愚かさを、悔やむ。
恋人と別れる度に、その度に人は、そう振り返るのに、なぜ次に生かせないのだろう恋人にだけではなく自分に取り巻く人と人との繋がりの中でなぜいも、学んだもりになってしまうのかな最近、よく過去の自分の人生をウェディングキューピッド振り返る。
大した人生じゃないけど私、よくニュースをとりあげてイロイロ書いてるけど、いも、もし自分だったらと思って読んでしまう。
だから、まるで自分が当事者のごとく、熱くなって、入ってしまうデモ本当に、胸が痛くて苦しくなる明日、あの人が生きて還らぬ人になったらいからか、そう思いながら人と接するようになってきた。
なんかちょっとね例えばだけど万が一自分が事故にあって死んだら、なんて時のことを妄想して、そこで私のために悲しんで泣いてくれる人を思い浮かべて泣いてしまうことも、実はあるいからか、失った過去の痛みから、そう考える癖がいてしまうようになった。
でもこれって、良いことだよねすぐに反省できるようになったし、失う時間や、数もすんごく減った。
昔よりうんと優しくなれたきがする短気で、ワガママだけど無くした後じゃなくて、無くす前に、後悔する気持ちを常にもようにすれば、きっと幸せをかめるかな後悔するタイミングをはやめれたら、明日から、笑顔が少し増えるようなでも、空回りしちゃうのが難点皆は、大切な人への感謝の気持ちを、忘れかけていませんか
  • URL:http://yaplog.jp/q5r8qmk6jk/archive/2
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:q5r8qmk6jk
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/q5r8qmk6jk/index1_0.rdf