<口蹄疫>特措法、28日成立へ 農家補償など、予算は1000億円(毎日新聞)

June 04 [Fri], 2010, 12:55
 宮崎県の口蹄疫問題に関連し、国による家畜の強制殺処分を可能にすることや農家への経営支援策の強化を盛り込んだ口蹄疫対策特別措置法案が27日午後、衆院本会議で可決された。28日にも参院本会議で可決され成立する見通し。

 特措法は、農相が指定した地域内では、感染が疑われていない家畜でも都道府県知事や農相が殺処分を指示や実施できるとした。

 一方、これまで農家が行うとされてきた埋却について、国が必要な人員や土地を確保すると定め、国の責任も明確にした。処分や埋却の費用は国が全額負担する。

 殺処分で損害を受けた農家に対し、家畜の生産費も含めて国が補償することや、地域経済再建のための基金を設けることも定めている。埋却経費の負担や経営支援策など、法施行に伴う必要予算は約1000億円を見込んでいる。

【関連ニュース】
口蹄疫:種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ
闘牛:口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷
JFL:口蹄疫対策で試合延期…6月6日に開催予定の試合

若年層の献血離れ深刻 すそ野を広げる“仕掛け”(産経新聞)
辻元・国交副大臣が辞表提出(読売新聞)
<違憲判決>労災で顔にやけど「性別で差」は違憲…京都地裁(毎日新聞)
岩手、宮城で震度3(時事通信)
家畜伝染病予防費は「改善」=農水・財務両省が仕分け(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/q0yswa39/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。