<自閉症>複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性(毎日新聞)

June 15 [Tue], 2010, 21:53
 新生児100人に1人の割合で生じるとされる脳の機能障害「自閉症スペクトラム」が、複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性があることが、英オックスフォード大などの研究で分かった。症状や問診をもとにしてきた診断法の改善につながる成果で、10日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。【斎藤広子】

 自閉症スペクトラムは、他者とのコミュニケーションや社会性の発達に遅れが見られる。自閉症のほか、知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」なども含み、症状の多様さから「スペクトラム(連続体)」と呼ばれる。

 チームはヨーロッパ人の患者996人と健康な1287人のゲノム(全遺伝情報)を比較。その結果、父と母から一つずつ受け継ぐべき遺伝子が一つ足りなかったり、三つになるコピーミスが、患者は健康な人より平均19%多く、健康な人ではめったに起きない遺伝子で起きていた。コピーミスは「コピー数多型(たけい)」と呼ばれ、健康な人では病気のかかりやすさや薬の効き方の個人差として表れる。チームは、鍵となる遺伝子の複数のコピーミスが発症につながるとみている。

 理化学研究所の古市貞一・分子神経形成研究チーム長は「自閉症スペクトラムは早期に診断されれば改善が期待できる。今回の成果は科学的診断法確立に向けた基本情報になる可能性がある」と話す。

【関連ニュース】
障害暫定改正法案:衆院委で可決…発達障害も対象に
ひきこもり:相談者の8割に精神疾患 厚労省まとめ
障害者支援:つなぎ法案、議員立法で今国会成立へ
障害者自立支援法:新法制定までの暫定改正法案可決
プラダー・ウィリー症候群:解説本が出版

老齢加算廃止は「違法」=生活保護で原告逆転勝訴―福岡高裁(時事通信)
菅首相の所信表明詳報(9)完「果たすべき使命は元気な日本を復活させること」(産経新聞)
南アW杯 日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
マンモ検診の無料クーポン券を発行−対がん協会(医療介護CBニュース)
91.3%「新聞読む」 新聞協会調査(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/q0q8kwfd/archive/57
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。