あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越し前日

June 25 [Sat], 2016, 12:44

姉が現在のアパートから実家である我が家に舞い戻ってくることになりました。







引越のため、私と母が、移動する前の日に引越のための作業の手伝いに行きました。







10年住んでいた部屋らしく、不用品の数が大変な事になっていました。







いらないものを売ってしまうと、軽トラの荷台半分くらいに量が減り、思ったよりも楽に引越できました。







引越し業者に要望しました。







引越し作業に熟知したプロに頼った方が、無事だと思ったのです。







ところが、家具に傷を付けられてしまいました。







このような傷が付せられたら、アフターケアはきちんとしてくれるのでしょうか。







泣き寝入りいたさぬように、きっちりと償ってもらおうと思います。







友達の紹介で、引越しのサカイに見積もりを提出してもらいました。







とても好印象の営業スタッフがやって来て、きちんと相談にのってくれたのです。







思いのほか安い見積もり値段だったので、その日のうちに即断しました。







引越しそのものもきわめて丁寧に作業してくれて、大満足の結果でした。







引越しの挨拶まわりに行くのなら、引越しを始めた日に行った方がうまくいくと思います。







引越しの騒がしさなどで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、丁重に挨拶をしておきましょう。







移転する前に、ちょっとだけ挨拶をしておくのもいいかもしれません。







どうなったとしても、できるだけ早いうちに挨拶に行った方が、良い印象を与えます。







今回、引越しをする予定が固まったとき、住民票の移動は早めに、行おうと思っていました。







まずは私自身が転出届けの手続をしに行き、主人が引っ越しのその当日に、転入届を提出ができるように、日取りをきちんと考えておいて引越しました。







ただでさえ、引越しというものは多くの手続きにわずらわされるので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的に進めておくことが大事だと思います。







引越しを行う場合には色々な手続きをしなければいけませんが、仕事を持っていると大変なのが市役所で行う手続きです。







住民票を転入や転出などの手続きがあるので、少なくても二度は行かざるを得ません。







市役所は平日しか利用できないので、引越し以外にもまた休みを取らなければならないといった羽目になります。







引越し業者に指示を受けると思いますが、引越し前日の夜には、冷蔵庫の電源は抜いておいたほうがベターです。







理由はというと、冷凍庫についた霜を溶かし、そうして溜まった水をあらかじめ取り除くことができるので、そのためなのです。







あらかじめ水を取り除いておくことによって、引っ越し作業の際に、他の荷物や家の設備などに水が掛かることを防ぐというメリットがあります。







独り身での引っ越しは、業者に頼まないでやった方がコストを抑えることができるし損をしなかったと思うかもしれません。







ですが、本当は大きな物の運ぶのは大変ですしとても時間も手間もかかるのです。







それであれば、引っ越し業者の単身パックをお願いした方が安く済みますし、時間も手間もかからないので、こちらの方が良いです。







引っ越す時の住所変更は手続きがなかなかおっくうです。







転出届とか転入届などのような役場での手続き以外にもたくさんあります。







関係するあちこちに、住所変更の手続きをしなければいけません。







保険会社に、住所変更の届け出をしなかったことを引っ越しが終わってから、二年以上経過してから気付きました。







その間、何事もなくてよかったです。







引っ越すにあたって、住んでいた家が借家だった場合は原状回復義務というものが生じます。







原状回復義務の意味とは家を借りていた時につけてしまった傷や壊してしまった物などを住む前の状態に戻す為の費用を支払う義務で、通常敷金からその分の費用を引かれて、余った金額が返還されるといったものになります。







近いうちに引越しを行うことになりました。







住所変更の手続きに伴い、車庫証明ももう一度取り直す必要があるみたいです。







実家にいた頃には、こういった手続きは全て父がやっていました。







それでも、父はしんどいだとか、大変だとかたったの一度も口に出したことはないと思います。







やはり父は偉大なんですね。







まとめて引越しの見積もりを初めて使ってみました。







何社にも問い合わせしなくてもよくて、大変楽でした。







利用した後、数社の引越し業者から、伺って見積もりしたいと電話がかかってきました。







ブッキングしないようにすり合わせるのが難しかった。







自分が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物に入れて荷造りするかどうか迷いました。







私は車を持っていたので、旦那が細かい荷物とか大切なものと、一緒にパソコンものせて新宿に持ち運ぶことにしました。







PCはどれだけ梱包しても、万が一、誰かが電源を入れてしまったら、個人情報がいっぱいあるので、すごく心配だったからです。







以前、引越しを経験しました。







専門業者にお願いしましたが、それでも想像どおり大変でした。







苦労させられたことはというと、多種多様な手続きです。







住所が変われば、印鑑証明請求のための印鑑登録もしておかなければなりませんでした。







必要となることはまずありませんが、安心のため登録しておきました。







あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越し前日の夜には、冷蔵庫の電源は抜いておくようにしましょう。







その理由は、冷凍庫に付いた霜を溶かし、そうして溜まった水をあらかじめ取り除くことが可能になるからなのです。







あらかじめ水を取り除いておくことによって、移動しているときに、他の荷物や床などをぬらしてしまうことを防ぐという効果があります。







引越しをしようと思うと、荷物を詰めて大量にあるダンボールを邪魔にならないように移動させたり、業者さんに混じり大型荷物を運んだりと大忙しです。







しばらくそうやって頑張って動いていると、手のひらがじきに真っ赤になってしまいます。







業者さんの手はどうなのかと見てみると、しっかりと軍手をしています。







業者さんに頼むにしても、自分専用の軍手を必ず必須です。







引っ越しをいたすのですが、その費用がいかほどになるか大いに不安なのです。







友人が前に、単身での転居をした時には驚愕するくらいの費用がかかっていました。







その話が耳に入っていたので、私は一体、いかほどかかるものなのか、心配になっています。







まずは何社かの引越し業者に見積もりを貰い受けようと思います。







引越しは、自力で頑張る場合と業者に委託する場合があります。







独りだと、そこまで荷物が多くないため、自分でしてしまうことができます。







引越し業者に依頼した時にびっくりしたことは、荷物を積み込むのに必要な時間がとても短時間ですむということでした。







下準備だけでなく、二人で作業すると全然違いました。







引越しのガスの解約は、退去日より相当前から申し込めるので、忘れないよう前もってネット等から申告しておく方が正解です。







ただ、入居当日に立ち会わなければならない場合があるので、何時ごろにするかに注意するようにしてください。







普通は、引越しに追加料金を取られることはありません。







ただ、これは、前もって、引っ越し業者が見積もりに来た場合や自己申告を行った時の荷物の量が正確だった場合のみです。







引っ越し業者というのは、トラックの容積や作業時間で引越し料金を算出しています。







もしも、それらが大幅に上回る時には、追加料金を取られるでしょう。








借金の返し方
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pz87z0f
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pz87z0f/index1_0.rdf