五線譜のラブレター 

June 14 [Tue], 2005, 23:47
≪あらすじ≫
アメリカ音楽史にその名を燦然を輝かす
コールポーター。その享楽的な人生と音楽のストーリー
運命的な出会いを果たし人生をともにする妻リンダ
彼女の強靭ながらも脆い彼への献身的な愛を描くラブストーリーを
老コールポーターが自分の人生の終焉を迎え、
劇場の一席で自分の人生を振り返るという視点で描いた
ミュージカル。



☆感想☆私は週末それなりの人数の中で歌わせていただける機会があります。
その中でYOU'D BE NICE COME HOME TO
というコールポーター作詞作曲の歌を歌います邦訳はこちら
想像していたジャズマンからは程遠いというか遠い世界というか・・・
リンダはなぜあそこまで彼を愛せるのか?
たくさんの疑問符は、音楽でかき消される。
私はこの映画が好きです。
彼が残してくれた曲縁があったら歌いたい!
そしてリンダのように強い女性になりたい。

そう願います。

(新作なのに無理やり借りてきました。

アップタウンガールズ 

June 12 [Sun], 2005, 22:45
アップタウンガールズ

☆あらすじ☆


伝説のミュージシャンの娘として
好き放題の生活をしていたモリーが、
財産を管理していた会計士にだまされ一文なしに。
彼女は親友と同居しながら、
音楽プロデューサーの娘レイの子守りをすることになるが、
アバズレなモリーと
潔癖症の真面目娘のレイは水と油のような存在だった。

≪感想≫
大人になれない。純粋な気持ちを持ち続けるけど現実とリンクしないモリー
子供になれない。冷め切った目で現実と直視しているレイ。
おしゃれが大好きで刹那的な生き方しかできないモリー。
バレエも何でも基礎が大事よ。
ということでフリーダンスの時間には帰宅するレイ。
二人は出会うべくして出会った。

それがなんだかうれしくて涙が出た。いい作品です。
笑えるけどね

天才子役(アイアムサムに出てた)
ダコタ・ファニング
可愛い。今回の作品は笑ってるところがすごく少ないけど
笑顔を見るとちょっとした癒しですw

モリーの衣装がすごく可愛くて
是非是非DVDのおまけの衣装のところも見てください。

Deep Love 

June 12 [Sun], 2005, 22:33
DeepLove

☆あらすじ☆

援助交際をする17歳の少女。笑顔を、涙を忘れていたアユ。しかし、ひとつの出会いをきっかけに、傷つきながらも少しずつ心を取り戻し、愛を見つけ出していく…。渋谷の街を席捲した、ケータイサイトで発表された連載小説のDVD化

感想・・・省略。させてくださいまじで。
ホント o(゚Д゚)っ モムーリ!
最後まで見た自分にヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノバンザーイ

花とアリス 

June 12 [Sun], 2005, 22:21
友達のtomoたんご推奨のDVD

花とアリス

☆あらすじ☆(アマゾンより抜粋)

あこがれの先輩を「記憶喪失」だと信じこませ、
つき合い始める花と、
彼女の親友アリス。3人の微妙な思いがもつれていく


映画は好きです。
色とか音楽の使い方とか・・・
岩井節炸裂
いったい誰が岩井さんに映画を
撮らせてくださってるのでしょう
この映画といい、リリィシュシュといい。
シュールこの上ない。
難解な意味を解読するのに必死ですΨ(`∀´)Ψケケケ
リリィシュシュより数段大衆に歩み寄ってる?

でも好きさ。

恋愛適齢期 

June 12 [Sun], 2005, 22:08
恋愛適齢期

☆あらすじ☆

若い女が大好きな60過ぎの富豪ハリーは、恋人マリンの別荘で倒れ、母親エリカに介抱される。彼女は劇作家として成功をおさめ、この別荘で新作を執筆中。離婚後、気ままな生活を送ってきたエリカは、傍若無人な振る舞いをするハリーに少々困り気味だったが、次第に気があうようになる。そんなとき、彼女はハリーが通う病院で知り合った、20歳年下の医師ジュリアンにひとめぼれされる。


私の大好きなジャックニコルソン。ダイアンキートン。キアヌは・・・おいといて(つ´∀`)つ
60過ぎでも恋愛ってステキ。
テンポ良く話が進んでいく。
まあキアヌが惚れてもおかしくないです。ダイアンキートン。
可愛いもん。綺麗だもん。
20代には出せない色気。洗練。
それを感じると。がんばろう!って思います。

最後に素直になるハリー(ジャックニコルソン)が可愛くって
抱きしめたくなります。やっぱ好きです。ジャックニコルソン!

真夏の夜のジャズ 

November 08 [Mon], 2004, 0:32
コンサート・ドキュメンタリーと、ポップ・カルチャーのタイム・カプセル。バート・スターンの『真夏の夜のジャズ』には、1958年ニューポート・ジャズ・フェスティバルの模様が、まさにその音楽のように、一見リラックスしているが、衝動的ですらあるアプローチで記録されている。

感想;ジャズ好きな人にはオススメ!あたしは鳥肌ものでした。
まだまだ奥が深いのぉ〜オール・オブ・ミー(ダイナ・ワシントン)
曲自体に興味深々。
そして鳥肌。の連続。

見てないジャズファンのかたがたぜひごらんアレ。

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 

November 08 [Mon], 2004, 0:25

あらすじ第二次世界大戦直後のシチリア島。村唯一の娯楽は、映画館『パラディソ座』だった。映画の魅力にとりつかれた少年トトと、彼が父代わりに慕った映画技師アルフレードとの心のふれあいの物語。

感想:初めて見ました。
好きな映画です。夢も、希望も、悲しみも。
ただひとつの、ユーモア。そして、愛情で包まれていく。
そんな映画を久々にみました。

唯一心残りなのは完全版でないほうを見ればよかった・・・_| ̄|○

私をスキーに連れてって 

November 06 [Sat], 2004, 1:39
☆.。.:*・°ヾ(●´∀`)ノhappyヾ(´∀`●)ノシ☆.。.:*・°

えーと。定番ですね。冬の。
単純にスキーシーズン直前に雪が見たいだけなんだけどね

あらすじスキー用品メーカーに勤める文男は、冬のゲレンデでOLの優と出会い、恋に落ちる。しかし、2月14日に万座で行われるスキーブランド発表会の準備に忙殺され、優となかなか会えない文男。そこで発表会当日、文雄は優のために、ともに志賀へ行くことを選ぶのだが…。

感想;バブル絶頂期の映画ですからね。
笑えます。 Zで、行きますか?ゲレンデ?
夜のパーティでバニーガールにシャンパン?
今それやったら次の日ゲレンデで
口聞いてもらえなくなっちゃう。(´・ω・`)ショボーン

何よりも原田知世の全身白のウェアに爆笑です。

時代って・・・・すごいね・・・

あたしも紫のウェア着てたけどさ・・・・

ちなみに今年のボードウェアは
『黒のジャケット』『黒のパンツ』『ゼブラ柄のゴーグル』
男前です。

肩越しの恋人 

November 06 [Sat], 2004, 1:31
著者:唯川 恵さん

あらすじ:奔放な世界。萌・るり子。萌は人を信じず、るり子は結婚こそすべてと考える
若く美しい女性の話、不倫、年下恋愛。
何もかも手に入れてきたるり子。最後に行き着く恋愛は・・・

感想;何ももしかしたら手に入らないのかもしれない。
    でも何もかも手に入るのかも。
    そう思わせてくれる本でした。

    力、、わいてくるね。

アフターダーク 

November 06 [Sat], 2004, 1:23
あらすじ
著者 村上春樹さん

あらすじはかけません(**** Ψ( `▽´ )Ψケケケケ♪)

私には姉妹が居ます。仲良しで、どうにもならないくらい勝てないと思う相手です。
でも好き。ココロから求めてます。
そんな『妹』の部分がこの本を手に取る理由のひとつでした。

アフターダーク。これは今のあたしが読んでも多分意味がないかなぁ。
2年後30歳になったら、きっと。
わかるところがあるのかもしれない。
失ってしまった10代の頃に読んだら。

どんな風に変わってたんだろう・・・
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像(のeぶ)ノシ
» 五線譜のラブレター (2006年03月18日)
アイコン画像かつき
» 椿山課長の七日間 (2005年09月25日)
アイコン画像吉沢悠って気になる
» 星に願いを (2005年02月02日)
アイコン画像赤ずきん
» ターン (2004年10月27日)
アイコン画像なな
» ラストサムライ (2004年09月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pyonta3800
読者になる
Yapme!一覧
読者になる