お引越しします。 

July 05 [Wed], 2006, 14:06
お引越しすることにしたよ。
このごろ日記を書くページにたどり着けない状況が続いていて、時間があるときに更新できないから
もう1つの方と一緒にすることにしました!!

リンクのあるけど・・・。
こちら
http://ameblo.jp/pyonkokyoko/

ヴェネツィア:歩きすぎ 08.Dec.04-J 

June 30 [Fri], 2006, 13:50
ふと 疑問
ヴェネツィアには車が走っていないからもちろんお家に駐車場は必要ない。
でも・・・。
自家用船ってあるの??
建物の下にはこうやって船が停められるように車庫のようなものがあるからさ。

その後、ビーズ屋さんを見てずっ〜とウキウキ歩いていたら駅まで来ちゃった。
通りが明るかったのでそのまま適当に歩いていくとスーパー発見
ジュースとチップスを買ってまた歩き、両替レートとビーズの値段をいろいろ見る。
今考えるともっとたくさんビーズ買って来ればよかったと後悔
そしてリアルト橋で、のんびり夜の風景を眺める
水に光が映って・・・。
って光景がどこを歩いてもあるっていうのはロマンチックでございます

ココからは歩きすぎて疲れたからヴァアポレットで風にあたりながらホテルに帰宅
今日は本当に1日お散歩で終わった





?を探して。 

June 28 [Wed], 2006, 22:03
ランキング
@(9)
高山  丸明   
A(8)
高山  丸明  鎌倉江ノ島フリー切符   
B(7)
旅行記  飛騨高山  
C(6)
ウィーン  東北  蕨餅  長崎  旅行  プラハ        
D(5)
いわき  飛騨牛  
E(4)
カテゴリー:国内  抱返り渓谷
チェコ  ハワイ   ヴェネツィア   

F(3)
ブダペスト  展開峰  早蕨  
カテゴリー:九州  角館  カテゴリー:東北  ハンブルグ  東伊豆   飛騨   
アンパンマンショップ  ジョルナイ(ハンガリーの陶器) 
もしもツアーズ  ホテルオリカゴルフ  

G(2)
カテゴリー:関東    
カテゴリー:和食  佐世保  美瑛  ランキング  秋田  
金のキャベツ(ウィーン)  鎌倉  安藤醸造元   グラバー邸
マトリューシュカ  ハンガリー  写真  お土産  
ヴァポレット(ヴェネツィアの水上バス)  フィレンツェ
zlata ulicka(プラハの黄金の小道)  一人旅   


ヴェネツィア:マルクト 08.Dec.04-I 

June 17 [Sat], 2006, 21:48
まだちょっと閑散としていたけれど、ヴェネツィアのマルクトの入口。

Christmas in Veniceの文字が
お店の件数も少なくて、オーナメントを売っているお店・ハチミツ・ロウソク・のお店など数件。
おとはお菓子?とかを売っているお店が中央に。
多くの人が買っていっていた。
このお兄さんがてきぱきとお仕事してた

ヴェネツィア:散歩 08.Dec.04-H 

June 16 [Fri], 2006, 6:57
13:30ごろ、旅行前にで旅行記とか見てたんだけど、そのときに見たビーズ屋さんに行って見ることに。
14:00まで休憩とのこと
なのでもうちょっと先まで歩いてみようと歩く

少し見通しのいい広場に着くと・・・。
ココにも斜塔を発見
思わず写真に
私がぼーっと見ていたら、日本人のおじさんに写真を撮ってと頼まれた
会社の旅行っぽかった。
私の一人旅に感心して去っていった

またまた散策続行
奥の真っ暗な中も普通に道としてみんな通っているんだよ
ブラブラしていたらアカデミア橋まで歩いてしまった。
なのでビーズ屋さんに戻ったんだけど。
14:15でまだ閉まってる。

なので、さっき見つけたイタリアで初めてのマルクトを見に行くことにする。
まだ始まったばかりだったけど・・・。
この写真帰ってきて改めて見たら映画の一場面みたいな写真で
自分でもビクリの作品

ヴェネツィア:ゴンドラ 08.Dec.04-G 

June 16 [Fri], 2006, 4:47
ヴェネツィアの一番の注目と言えばゴンドラ
料金は何人で乗っても同じ料金なので、人数が多いほうが割安に
料金は初めに交渉して決めるみたいです。
冬でそんなに数が多くないから
海岸にはシートがかぶせられたゴンドラがたくさん。

狭い水路にもゴンドラは入っていくのです。
いたるところにゴンドラに乗れるような階段が。
驚いたのはゴンドラが豪華だったコト。
天使とか飾りがついていてかわいい

ヴェネツィア:リアルト橋 08.Dec.04-F 

June 15 [Thu], 2006, 20:41
美術館を早目に出てきて、次にリアルト橋へ向かった
昨日、地図なくトコトコ歩いて来た橋がそうだった。
きのうはリアルト橋かな??って思ったけど、帰ってからもどこをっどう歩いたのか地図で私が分かるはずもなくだったから
豆知識
カナル・グランデのほぼ中央にかかる橋で、ヴェネツィアに400以上もある橋の中で最も有名。
建築家アントニオ・ダ・ポンテの設計で16世紀に完成した橋は白い大理石造りで、長さ48m・幅22m・高さ7.5m。
ゆったりとしたアーチを描き運河を渡している。
古くから商業の中心地だっただけに回廊風にした橋の上には多くの商店が軒を連ねる。



写真をちょっと撮ってお昼を食べることに
セルフサービスのお店でラザニアとシーフードを食べる。
ローリングカードを使って10%OFF。
(説明書??に割引が使えるお店が書いているの

救急車もモーターボートなの

ヴェネツィア:写真ばっかりだけど・・・。8.Dec.04-E 

June 08 [Thu], 2006, 10:30
アカデミア美術館のすぐ目の前にあるのがアカデミア橋。
この橋、木造なのよたしか・・・。

またまた散歩が始まる
こんな細い運河をゴンドラは通るんですよ
けっこう豪華なのね(ゴンドラの写真は後ほど・・・。)
この運河はメイン運河。
本島を2分するようになっている。
いつも使うヴェポレトはこの運河をジグザグに運行



ヴェネツィア:歩くだけで楽しい 08.Dec.04-D 

June 08 [Thu], 2006, 9:50
・・・続き。
ヴェネツィアの全部を写真に撮りたくなる衝動に駆られてしまうような景色たちでしょ??

普通の町並みなんだけど・・・


男の子がかわいくて・・・ ルンルン

そしてアカデミア美術館に到着
教会だった場所らしく、厳粛な雰囲気が少し漂ったこの建物。
勢いよく入館・・・ったのだが、今までみた絵とかとごっちゃまぜになり敗北気分。
やっぱり前にちょっと知識とかないとだめなのかも、とちょっと凹む

ヴェネツィア:写真ラッシュ始まる 08.Dec.04-C 

June 01 [Thu], 2006, 5:10
次に1番に乗ってサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会(Basilica di Santa Maria della Salute)へ。
ヴェポレットから撮ったもの
豆知識
1630年、ペストの終息を感謝し、「サルーテ(健康)」と名付けて聖マリアに感謝の意を表すために建てられた教会。
白亜の八角形の建物に壮大なクーポラをのせた聖堂はまさにバロック様式の象徴。
中ではミサをやっていた。
ちょっと気分に浸って外に出る。

次にアカデミア美術館(Gallerie dell' Accademia)まで行くのに歩いていってみようと地図を握り締めて出発
初めに入った道もかなり狭い
けっこう暗いのに人はぞろぞろ中に入り、ぞろぞろ出てくる
だから私も潜入
いきなり明るい道に出たり、狭い道に逆戻りしたり・・・。
何だか迷路みたいで面白い

どこを見ても絵になるし、全部を写真にとっておきたくなる
これからただ道を歩いているだけなのに常に写真を撮る状態
この場所に来れば分かると・・・。

続く。

P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みんなからのコメントだよ☆
アイコン画像童貞プレミア
» 2004.11.28-E けっこう怖いのよ〜。メトロ。 (2006年12月08日)
アイコン画像童貞プレミア
» ウィーン:いよいよ本領発揮か!? 26.Nov.04ーE (2006年09月15日)
アイコン画像童貞プレミア
» やっちまった!初罰金! 2004.12.03-A  (2006年09月08日)
アイコン画像モブログランキング
» ヴェネツィア:写真ラッシュ始まる 08.Dec.04-C (2006年06月24日)
アイコン画像パコ
» プラハ:すごい!! 01.Dec.04-A (2006年06月03日)
アイコン画像pyonko
» 岩手:やっとわんこそば 07.Nov.04-@ (2006年05月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pyonkokyoko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる