3ヶ月で”運が悪い人”から”運が良い人”になる方法(仮) 

2013年03月12日(火) 20時43分

―――――――――――――――――――――――――――――――

どうも、刹那です^^

最近温かくなってきて、梅はもう満開です。
桜の開花も間近ですね
楽しみですw

先日、友人とテニスをしてきました。
久々だったので楽しかったです
やっぱり適度な運動はいいですね。良い汗かきました


さて、今回の日記のテーマは
『3ヶ月で”運が悪い人”から”運が良い人”になる方法(仮)』です。

ビジネスだけじゃなく、日常生活,生きて行く上でも為になると思います。
参考にしてもらえれば嬉しいです。

―――――――――――――――――――――――――――――――

世の中には”運が良い人”と”運が悪い人”が存在します。

何をやっても上手くいく人と
何をやっても上手くいかない人がいます。

この人達の違いは何かというと考え方の違いが大きいんです。


そもそも運が良い,悪いというのは起こった物事に対しての
とらえ方によって変わります。



例えば、外出しようと靴を履いて玄関を出たところで靴ヒモが切れてしまったとします。


この場合、運の悪い人は
『靴ヒモが切れて不吉だ・・・今日は良くない事が起きるかもしれない・・・』と思います。

普通の人の場合は
『そろそろ切れる頃だったのかな?』っと思います。

運の良い人は
『出掛けてしまう前に切れてラッキー。別の靴に履き替えよう♪』と思います。



同じ「靴ヒモが切れる」という出来事に対して、考え方がここまで違います。

考え方がポジティブかネガティブかによって同じ出来事でもラッキーになったりアンラッキーになったりするという事です。


残念ながら、日本人はネガティブな考え方の人が多いですが
物事をポジティブに考える事が出来るようになれば、
今までアンラッキーだったこともラッキーになり、
総合的な幸せ度が上がるということです。


また、そういうポジティブな思考を持ってる人は物事に果敢にチャレンジ出来るため成功もしやすいですし、失敗しても再チャレンジ出来ます。

昔から「失敗は成功のもと」といいますが、あれは全ての人に当てはまるわけではなく、失敗を恐れずにチャレンジ出来る人や失敗を失敗を思わない人が最終的に成功出来るんです。


逆にネガティブな思考を持ってると『どうせ上手くいかない』とか『自分には無理だ』とかの考えが浮かぶ為、失敗した時は『やっぱり無理だった』と思い、再チャレンジせず諦めてしまいます。
むしろ最初からチャレンジしなかったりします。

この場合、成功への道が無くなるため真の失敗となります。
つまり『失敗は失敗のもと』になります。


こういう考え方の違いが”運が良い人””運が悪い人”の分かれ目になります。


まぁ、ポジティブな考え方をすれば宝くじで1等が当選するかといわれれば微妙ですが、ネガティブだとそもそも宝くじを買うという行動になり辛いため、結果的にポジティブな人の方が当たり易いと思います。




ちなみに、ポジティブな思考というのは訓練すれば身に付けれるものらしく。

何か嫌な事があった時は、とりあえず『ラッキー』と思うようにすれば良いそうです。

そして、『何故ラッキーなのか?』という理由を考える。

これを3ヶ月ほど続ければ、自然にポジティブな考えが浮かぶようになるとのこと。


実は私も、ネガティブ人間なので実践中です(笑)

実感できる効果としては、ラッキーと思うことで、ちょっと気分がマシになりますw

あと、何故ラッキーなのかを考えることで冷静になり、広い視野で物事を見れるようになるため、小さな事で嫌な気分になる事がバカらしくなります。



皆様も実践してみてはどうでしょうか?


では、今回はこの辺で
感想など書いてくれると嬉しいです^^
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:菜津瀬 刹那
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1988年1月7日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:香川県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テニス-週末にやってます
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像あや
» 起業するまでの3年間の経緯(後編) (2013年02月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる