水分の摂取について 

January 12 [Tue], 2010, 12:30
ダイエットをする際の水分の採り方についてはどう考えればよいのでしょうか。

ボクサーが試合に向けて減量をするときに、水を飲むのを我慢する、という話をよく聞きます。たしかに水分を体の外に出せば、出た分だけ体重が軽くなります。
しかし、試合直前の計量をパスすれば、あとは思い切り飲み食いをして、試合時は計量時よりも体重が数キログラムも重い、ということもよくあるそうです。

つまり、体内から水分を抜いて、一時的に体重を減少させているだけであり、こういうやり方は、ダイエットに適しているとはいえません。

つまり、肥満というのは、体重そのものよりも、体脂肪の量がどれだけあるか、が問題となるわけですから、水分による体重の増減はまったく気にする必要はない、と言えます。

水分が不足すると、身体にさまざまな悪影響が出てくるので注意が必要です。

ダイエットは心にゆとりを持って 

January 12 [Tue], 2010, 12:28
ダイエット中だからといって、毎日のように、味気ない食生活をしていたら嫌になってしまうことも考えられます。もちろん、中心になるのは低カロリーの食事ですが、時にはファーストフードやお菓子など、油や砂糖の入ったものを食べるのも、限度を超えなければよいのではないでしょうか。あまりストイックになるよりも、心に余裕を持って続けられることのほうが大切という気がします。

フィジカル・エクササイズについても、同じことが言えるかもしれません。ダイエットのためだけの運動ばかりしていると面白みに欠けるため、続けるのがおっくうになってしまいます。ランニングや水泳、ジムワークなど、すべて一人で行うエクササイズだけではなく、人と一緒に楽しみながらできるスポーツに取り組んでみるのもいいかもしれません。テニスやバドミントンなどは、下半身だけでなく上半身も使う運動なので、よいのではないでしょうか。
P R
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pyfqav3p/index1_0.rdf