妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において最も大切

December 31 [Sat], 2016, 9:12
妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?赤ちゃんが健やかに育つように、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると1日あたり0.4mgとなっているのです。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。



野菜だけで十分に摂取できるかというと、葉酸不足の心配もあります。ですのでサプリを活用してみるのが良いと思います。
実は、妊娠を計画している女性にむけて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働聞かける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うと沿うではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、ご飯で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。


いまの不妊状態から脱出するのに、ご飯を見直すことも大切だと思います。
両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が良くないのを放置していると、活発な卵子・精子は期待できませんよね。妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。偏らない、健全な食生活を心がけ、体を創る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。


妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのはご飯で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。葉酸は多彩な食材にふくまれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆や枝豆、ホタテも沿うです。葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが大変だという方は、無理をせずサプリを飲むことも間ちがいではありません。



サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、ご飯で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ます事が出来てます。2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。1回3500円?4000円という値頃感でつづけましたが、なかなか妊娠には至らないものですね。
それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。私の場合はそれが良かったのでしょう。
早々に二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

仲良くしている御友達が妊娠したいと話していた頃に漢方を服用していました。

彼女によると体質改善のために漢方を使ってていると言っていました。

漢方なら、妊活中でも安心できますね。


彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、命を授かることが出来ました。


彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当に嬉しいです。熱によって失われやすい葉酸は、調理法にちょっとしたコツがあります。
できるだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずその通り食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱が必要な食材やメニューの場合、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、早めの加熱調理で終わらせた方がよいでしょう。もし面倒だな、と感じる方は葉酸のサプリメントを活用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。

妊娠しづらいように感じ初めたら、とりあえず基礎体温をつけることをオススメします。簡単すぎるみたいですが、基礎体温の推移を見れば体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。
入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという決まりがあるので、その通りにしていくのが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。

一度流産を経験しました。
流産してから1年後くらい経つと、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。

サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を創るために、冷え性を改善するために運動を初めてみました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。



妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居ます。



実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。結果的に、摂取量が不足している、という場合もあります。妊婦にとって葉酸は必要不可欠な栄養素であることは間ちがいありません。



では、もし葉酸が不足したら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行なわれず、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。

また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけて頂戴。治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵が上手にいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性の方での問題と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性のほうに起因するものが想定されます。

更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。不妊対策をしたいと思ったら、男女ともに検査をうけると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。
妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。でも男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもオススメしたい妊活があります。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

不妊などの原因は母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。


ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。


皆様ご存知のように、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な成分を適切に補うことが出来るというワケです。

このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体が創られますから、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も早めの摂取を心がけて頂戴。少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、友達はベルタから出ているサプリが一番興味あるみたいです。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと母から聞いたことがありましたから、その友達に教えてあげました。
友達には、いつも笑っていて欲しいから、ゲンキな赤ちゃんが生まれるといいなと思う本日このごろです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユナ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる