いつかかかった時に言ってやろうと思ってたけど一人でベットの中でつぶやいたら切なくなったからブログに残したってだけの言葉。

February 02 [Wed], 2011, 21:29
インフル、入ってる。



パパパパン♪




ねぇ、笑って。




皆様、お元気でしょうか。私はまったく元気でございません。

先日からの37℃台が続き、今年の風邪は娘にまとわりつく父親のようにしつこいぜ、と考えており、早めに完治させるためにお医者様のところに訪れたところ


「インフルエンザだね、A型。」


とおっしゃられました。



僕、B型です。



そんなどうでもいいギャグをこのシリアスな場面で言えるはずもなく、ああ、さいですか、という感じでタミフルをいただきおうちに帰宅。

おうちには大事な娘がいるので娘にうつらない様になんとか手をうって実家に帰すことに成功。

これでとりあえず苦しむのは自分と自分の親だけでなんとかすみます。

そんなわけで今弱りに弱った息子をいたわってくれる親に頼りっきりなわけでございます。

そんな愛情にあふれたマイマザー、毎日病状の息子にご飯を作ってくださるわけです。

母親「お前のためにご飯はおかゆに近いくらい柔らかくしたから。」


ありがとう、ママン。


母親「おかずは唐揚げね。」




ちょっとまて、ママン。




ワザワザ柔らかいご飯を作っておきながらそのチョイスはいただけないよ。

若干気にしてるけど概ね気にしてないそのメニューの作成方法におじさんちょっぴり感動すら覚えてきました。

そしてその次のメニュー



赤から鍋(辛口)



with 柔らかめご飯。




ちょっとした優しさ、プライスレス。




優しさがネタになってるあたり自分の芸人魂は天然のマイママンから来ている気がしてならない。

そして計算では天然に決して勝てないところを思い知った今日この頃。


はよ治れー。

その昔家のゴミ箱にあった湿布を食べたことがありましたが、その時もケロッとしていた彼には何の問題もないと思いますが。

December 29 [Wed], 2010, 21:23
ジングルベールジングルベール鈴がなるー。



遅参、失礼。



クリスマスなら特例で許してやらんでもないが、それより前に参上するあわてん坊のサンタクロースは不法侵入じゃないかと心配で夜もぐっすり眠れてしまう自分です、こんばんわ。

まあ先に来る分にはまだ愛嬌がありますが、遅れてきた場合悲惨ですよね。


しめ縄
鏡餅
羽根つき
凧揚げ


サンタ



はい逮捕。



ちょっと悪ふざけしすぎたおじいちゃんにいそうですね。とりあえず神社から神の裁きがくだることでしょう。

クリスマスと言えば、鳥とケーキを食うことが日本では習慣になっております。

そんなケーキをうちでも買ったのですが、うちの親も買ってました。

親的には食べきれないようなので自分にも分けてくれます。



親って、良いね。



いや、心から言ってますよ、決して財布的な意味では無いです。ええ、まったくもって。

んでクリスマスのケーキってケーキの上にサンタの人形とか乗ってます。

親が買ってきたケーキにももれなく付いていましたが、親的には邪魔くさいので隣でハァハァ言ってる変態さんのような犬にご奉仕。

親「…あ。」

自分「どないしくさりました?」

親「ねぇねぇ、今あげたサンタって、



ロウソクだった?」



存じねぇよ。



存じねぇけどもうそこの茶色いお犬様は完全にペロリと食べて尻尾を振って次の餌を心待ちにしていることだけは確かだよ。


親「あら、全部食べた。


じゃあいっか。」




いくないです。




適当さ加減抜群です。

メリークリスマス、四日遅れ。

けどここでこれを書くことによってすべてがばれているわけで、一体全体あの時の努力はなんだったんだろうって思うね。

December 26 [Sun], 2010, 22:41
油断すると更新の滞り方が半端じゃない、なう。


なう?


だいぶ前からの出来事、しかも状態をなうで表現するのは無理があるような気がしてならない自分です。こんにちわ。否、こんばんわ。

M-1グランプリがついに終わってしまいましたね。

次の日にはその優勝者が一躍スターになっているというとても貴重な番組でしたが、いい区切りに終わったのは勇断だったのではないでしょうか。


そんなわけで今日のお昼スパゲティでした。



苦情は一切受け付けぬ。



結構薄い味のスパゲティでして、おじいちゃんには優しい味でしたが、濃い味ラブの高血圧上等の自分からするとパンチのきいていない味です。

娘は別段食べれるよー、とむしゃむしゃ食べております。

しかし、これは濃い味連合副総裁の自分としては解せぬわけですよ。


プリーズ、濃厚。


もう、めんどくさい。


医者のお友達の渋い顔が目に見えますが、まぁあいつならいいや、うん。

そんなわけで味塩コショウをとりだしてふりかけます。

フリフリフリ。


ボフッ。


…。




てへ、過剰。




明らかに今塊が落ちたよね、うん、自分的には見なかったことにしているんですが、いかがなものでしょうか。

しかし、ここで幸運は一つ、娘にはばれていない。

薄い薄いといって味塩コショウかけすぎて今度は濃い濃い、辛い辛いといってる自分を見たら娘はどう思うでしょう。


1.キモイ
2.うざい
3.めんどくさい



答えは全部です。



それっていつもの扱いぢゃんとか心無いことを思っているビッチがいるなら机の角に小指をぶつけて苦しんじゃえばいいと思うんだよ。(ただし娘は除く)

そんなわけで辛いことを必死で耐え、黙々と食べ続けてその場を乗り切りました。


薄味、ラブ。

これってカップラーメンだったら悲劇以外の何物でもなかったので、これならまだラッキーというポジティブシンキング

December 20 [Mon], 2010, 19:23
ぬるーーーーーーーい。



あたしの人生のことでは無い。



そんな切なさ宣言をしているわけではございません。

娘が悪さをしております。

具体的に言いますと

沸騰する前にお湯の加熱を止めて、ポット内のお湯をぬるいままにしておいた。



こうかはばつぐんだ。



一口目を口にする前にコーヒーにフーフーした自分の行動を返してください。

そんなわけでぬるいコーヒーを飲んでおりました。

まぁ別にぬるかろうと、熱かろうと別にコーヒー好きの自分としてはかまいません。


コーヒー好きはそのまま突進するのみ。


飲み進むにつれて明らかになります。




溶け残りのコーヒー豆さん、こんにちわ。




ザ、苦味。




コーヒーを飲むのが好きなんであって、コーヒー豆を食すような習慣はございませんのです。

粋な体験をしました。


もう、おちゃめさん。

ちなみにどちらかだけ3次会に参加しようかと言う話が出ましたが、リスクが大きくやめました。

December 11 [Sat], 2010, 22:10
音楽聞きながら文章書くとまったくもって浮かばないのでイラっとする、なう。


消せよ。


耳から入ってくる情報と頭で考えている情報と目で見ている情報が違うというこの状況を続けることができれば聖徳太子も夢じゃねぇじゃねぇかな、と思いつつ全てが中途半端になって集中力の散乱さが半端ない自分です、こんばんわ。



ああ、君は実にバカだな。



上の言葉が誰の名言か知っていればあなたもマニアックの仲間入りです。


そんなわけで友達の結婚式の二次会に行ってきました。


はい、そこ、前置きいらないんじゃない?とか言わない。


本人だって若干気づいているんですが、いまさら止めるわけにもいかないかなぁと。

とにもかくにも行ったわけですよ。

お友達は大学の同級生のm君。
よさこい踊りをこよなく愛し、海外留学まで果たし、日本文化と外国文化の両方に精通するナイスガイです。

まずはおめでとう、m君。

そしてm君ごめんなさい。


…4年前くらいの会話。

m君「俺、実はよさこい踊ってるんだよね」

自分「マジ?すげえじゃん。なんか大会出てるの?」

m君「うん、名古屋のどまんなか祭りとかいろいろ。」

自分「うわぁ尊敬するわ。よさこいなんてすげえじゃん。」

m君「いやぁ、それほどでもないよ。」




で、結局、よさこいって何?




いまだに言えずにいる禁断の一言です。


ついにここまで来てしまったのでまぁいいんじゃないかな。
けどいまさらググるのもなんか男気に欠けるので分からないままさも分かったように突き進んでいる自分に賞賛の拍手を送るといいと思うよ。


そんな彼の結婚式の二次会、大学友達のh君と行きました。

会場に到着です。


受付「すみません、こちらで名前の確認をお願いします。」

自分「はいはい、えーっと、あれ?」

受付「あ、ごめんなさい。よさこい関係ではないですか?」

自分「ええ、友人ですけど。」

受付「ではこちらの名簿にあるはずです。」



少なっ。



となりのよさこい関係の名簿A4用紙で5,6枚あるんですけど。

すぐにその中から自分の名前が見つかったので、そこにサインして会場の中へ。




うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃ。




見ろ!まるで人がゴミのようだ。




自分もその一部ですが。

なんですか、この人ごみは?

二次会って感じではなく、なんでしょう、この会社総出の忘年会みたいな雰囲気は。

その中でほどなくh君と合流。

二人して色んな人が会話しているところを聞いて自分たちの立ち位置を分析しました。



圧倒的アウェー。



なんかね、みんなね、熱くね、よさこいのことを語ってるわけですよ。

あの大会ではどうだった、やら、あのお祭りではああだった、やら。

そもそも論としてよさこいとは何か?の定義付けから分かっていないヒヨっこな自分がなにができるであろうか、いやない(反語)


仕方なくお友達と2人でヌルヌルと楽しんでいたんですが、こういう2次会では恒例の商品を差し上げる型のゲーム。

商品を差し上げる方を新郎、新婦がランダムにあてて、その人を前に連れて行き、おめでとうを言うやつですよ。

次々と名前を呼ばれて前に出ていっては、喜びと一言と、周りの仲間からのひやかしがあったりと、実にアットホームな感じ。


h君「ねぇ、yよ。」

自分「ん、どうしました?」

h君「このゲーム、俺ら当たると空気おかしくならねえ?」



気づいたか、同胞よ。



知っている人が隣のイカツイこいつしかいないという事実のため、前に出ていくと今のところ「わーー」とか「おい、あいつかよーー」とかの歓声が上がるわけですが、うちらの場合おそらく歓声はあがらない。

そして檀上に上がった時の「あれ、あいつ誰?」的な空気が流れるわけですよ。



もれなく事故がついてきます。



そんなわけで全員、「ほしいーー」とか「次俺の名前ねーー」とか言ってる中、



外れることを祈る2人。



人生で初めてプレゼントに対して切にいらないと思った瞬間でした。


m君、まぁとにかくおめでとう。

ちなみに横にいた係長の苦笑いっぷりがたまらなくいい味出してました。

December 08 [Wed], 2010, 22:07
愛だろ、愛。



大丈夫、まだ正気。



ハードルが異様に高い課題を出されてげんなり気味の自分です。こんばんわ。

事の内容を説明しますと、自分がブログをまったく書く気がなかったわけです。


これはいくない。


ということで、娘にお題をなんでもいいからせがりました。



そんなわけで12月1日は何の日かおわかりですね。

モンスターハンターの発売日です。



飛ぶねぇ。



自分でもびっくりな三段跳びです。

いろいろ評判のあるあのゲームです。
なにやらニュースでもやってましたね、秋葉原のゲーム売り場にオジサンたちが並んで買いにきてたって。



働け。



そんなモンハンがうちの職場でも若干の盛り上がりを見せております。

昼間に運動もせずに、倉庫にこもってモンハンクラブと題してせこせこ励んでいる方々のことを指します。



おいたわしや。



ちなみにそこのクラブに入りたくて仕方ないオジサンはここのコイツです。

そのクラブ会員であるkさんが来たる12/1に休暇を取っていました。

ただ単に休むと言っていただけですが、誰もが理解していました。



アイツは今、旅に出ている。



彼の壮大な旅を邪魔するのは無粋です。

男にはいつか旅立たなければならないトキがあり、それは今である。

そう思っていたら、なんと午後からkさん参上。


自分「あれ?なんでいるんですか?狩りに出かけたのでは?」

kさん「いや、今日午後から会議でさ。仕方なく出てきたんだけど…」

自分「会議のためだけにわざわざ来たんですか?」

kさん「うん、ちょっと外せない会議でね。」





自分「見損ないましたよ。」





自分「kさんがその程度の人間だとは思わなかった。もっと誠実で真面目な方だと思っていたのに。そんなあなたは私は許しません。」


kさん「…ごめんよ、やっぱり俺、間違ってたよ。」


自分「わかってもらえたなら良かった。また明日から大いに羽ばたいてください。」

kさん「サンキュー。」




こうやって男たちは友情を深めていくわけですね。


愛をこめた自分の激励が身に染みたようです。


めでたしめでたし。

赤から鍋って意外に辛いし、なにより腹が若干くだるところがポイントだよね。

November 29 [Mon], 2010, 20:37
もうすぐ年末、なう。


まさかの二度目です。


使ったネタを惜しげもなく使うところに芸のなさが垣間見える26歳の冬です。北風が冷たいぜ。

冬と言ったらあれですよ。



ゲーム。




ですよね。




納得した人、納得してない人、というかあんたそろそろ逝っとく?と言わんばかりの娘、その怒りを日々の仕事に活かせれたら良いのに、と思うのは自分のエゴでしょうか。

まぁそんなわけでゲームをしてるわけですが、相変わらずキャバクラのオーナーを務めあげるという異質なゲームを繰り返しております。

うん、ほんとはもっと硬派なゲームなんですが、自分が実況するとこうまでゲームをダメにするのかと、ある意味感激です。

そんなゲームで今度は何をしているかといえば



ショーパブを見てます。




痛っ。




理解していない可愛らしい迷える子羊ちゃんたちに説明をします。

ざっくりいうと、キワドイ恰好したお姉さまがイヤラシイ格好をして踊るのを見て野郎どもが楽しむ施設です。



ざっくり過ぎて、見てらんない。



PTAがさぞ憤怒していることでしょう。



まぁそんな施設に入ったりするゲームなわけですね。

そのショーパブに入る主人公を操作する自分



と、横に新婚の娘。





壮絶な違和感。





新婚生活の一年以内に、奥さんと一緒にゲーム内のショーパブ現場を一緒に見る経験ができるとは思ってませんでしたよ。



全くうれしくないですが。



このまっすぐ進まない感じが何とも良いね。ねぇ、お願い、良いと言って。

となりの娘の笑い声が気になりつつ頑張って書いたよ、ほめて。

November 24 [Wed], 2010, 20:57
もうすぐ年末、なう。


たぶん明日もそうです。


どうでもいいことを言うことには定評のあるあたしです、こんばんわ。

今日も見事なほどネタが無くて娘に泣き付いておりました。



無いわぁ。



自分で自分を下げる人はうつ病の傾向があるから気を付けてね。


そんなことで年末が近づいてきました。

去年の年末を思い出します。


ゲーム
ゲーム
ゲーム
ゲーム



ザ、健全。



いつも通りといえばいつも通りなんですが、去年と同じことやったら娘に刺すような目、というか何かでリアルに刺される気がします。


気のせいだと信じ切って年末を迎えようとしてますが、いかがなものでしょうか?あー、何?聞こえない、電波悪いのかな?


そんなわけで今ゲームやってます。



日本の日常の風景ですな。



そこに趣を感じるところに病が進行していってる気がしてなりませんが、ネバマイ。

自分の尊敬、崇拝する先輩より貸してもらったゲームです。

今のところどんなゲームかといいますと



キャバクラで盛り上がるゲーム。




誤解だ。




聞いてほしい、これはビジネスだ。決して遊んでるわけではない。

自分はキャバクラのオーナーとしての義務を果たしているだけだ。



バーチャルで。



おじさん、末期かもしれません。



けどお話的には面白いんですってば。


ちなみにうちの大先輩はこのゲームを


6歳の娘の前でやってたそうです。





無茶しやがって。




惜しみない拍手と罵声を。

今現在むちゃ眠いんですが必死耐えて書き終えました。

November 23 [Tue], 2010, 14:52
スリッパの先っぽから規格外のにおいがする、なう。


内容、からみづらすぎ。


この前あまりに尋常じゃない香りいたたまれなくなって洗濯したんですよ、このスリッパ。

洗剤入りの水に一日放置して、そのあと水洗いして、乾燥させて洗濯完了。

臭いを嗅いでみます。


くんくん。



もし犬だったら逝ってるぜ。



多少の改善はありますが、まだまだ兵器レベルを下回っていない気がしてなりません。



ま、それを今履いてるわけですが。



娘にばれない様にと願うばかりです。



そんなこんだで朝ごはんを作ってたんですね。


因果関係崩壊、なう。


休みの日に早起きして娘のごはん作りです。

主夫の鉄則ですね。

そいで作っている時に甘辛煮にするために砂糖を用意

グツグツ煮えているお鍋の中にパラパラと入れていきます。


こぼします。



この至近距離で的を外すことはある意味奇跡に近いんですけど。



とにかく鍋から外れて下に落ちてしまったわけですね。

仕方ない、拭くか、と思いティッシュを箸で挟み、鍋の下あたりに落ちた砂糖をふき取ります。


フキフキ。


拭けた。


紙をしたから取り出します。




紙が燃えてます。




ファイアー。




なんていってる場合ではございません。




取り出した紙がオレンジ色の炎を出して燃えております。

考えてみれば、グツグツ煮ている鍋のしたのコンロに落ちた砂糖を紙でふき取ったわけです。



至極当然の結果ぢゃん。



どうする、炎は燃えている。

簡単だ、消せばいい。


けど焦ってると冷静な判断ができなくなるんですよね。

そんなわけで火が結構燃えている紙に向かって


息を吹きかける自分。



ろうそくか。



消えることはなくより燃えておりました。

まあすぐに流しの水をぶっかけたので大事にはいたりませんでしたが。

火を使うときは気を付けないとね。


娘にばれない様にと願うばかりです。

くしゃみが出すぎたから鼻をかみまくってたら今度は鼻が痛くなっちゃったってことよ。

November 22 [Mon], 2010, 20:48
書くことない、なう。


最近ネタがございません。



どうしよう。



そんなわけで今現在を実況中継するという試みをしてみます。

えーと、今は



ブログ書いてます。




完。




企画倒れにもほどがある。

この企画は新しすぎてまだ人類には早すぎたってことにしておきます。決して自分の無能のせいではございません、はい。



そんな感じでこの前フットサルの練習してきました。

突然フットサルって何この人、キモイとか思ってる隣にいがちな娘の気配を察しつつ、受け流しつつ話を進めます。

なぜか今度フットサルの試合がありまして、それの練習をすることになったわけですね。

やっぱり試合前には少し練習をして慣れておかないといけないです。




自分試合でませんが。




虚無感さんこんにちわ。




うん、出もしませんがとりあえず出席する人たちのためにいっしょに練習です。

しかし、突然誘われた話のため、こちらは何の用意もしておりません。

とりあえずある装備で出撃。


周りを見るとみなさん、フットサルに適した格好をしております。


そんな中で一人だけ足元が



安全靴。




重っ。




職場でドラゴンボール体験ができるとは思いませんでした。



したくもありませんでしが。



ちなみに皆さんには「ふっ、ハンデだ」と言っておきました。


ごめんなさい。お願いだからその失笑をやめてください。


疲れました。
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像娘のp.p
» 後編 (2009年12月25日)
アイコン画像えんむ
» 後編 (2009年12月25日)
アイコン画像娘のp.p
» 才能 (2009年12月15日)
アイコン画像ユキ娘
» 才能 (2009年12月14日)
アイコン画像娘のp.p
» お詫び (2009年12月09日)
アイコン画像ユキ娘
» お詫び (2009年12月07日)
アイコン画像娘のp.p
» あと三日。。 (2009年11月20日)
アイコン画像ユキ娘
» あと三日。。 (2009年11月19日)
アイコン画像娘のp.p
» 出オチ。 (2009年10月02日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p,p
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・コスメ-X君について
    ・ネイル-セイセイセイ
読者になる
ウルトラソウル
Yapme!一覧
読者になる
P R
メロメロパーク
http://yaplog.jp/pyaupkei/index1_0.rdf