野末だけど木根尚登

July 31 [Sun], 2016, 14:27
看護師の職は特殊な仕事と認識されることが多いですが、やっぱり、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければちゃんとした雇用条件で働けず、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、雇用する側の人達がちゃんと考えてくれることが重要であるということに疑いの余地はありません。かつての看護師は大多数が女性でした。しかし最近の傾向は、看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男女共に働く職業となってきました。現場で求められる看護師の能力を考えた場合、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。女性の持つ優しさだけではなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタル面にもつらい部分があると言えます。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を知っているかどうかということは、この先も長く続けたい場合は重要視した方が良いようです。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で書いてみるとこうして二種の字で表せます。昔は男性のことを表すのは看護士、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。法の改正があった2001年をきっかけとして、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の表記に一本化されました。一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの事が悩みのタネになっているようです。あるいは、単純に休みが取れないということも珍しくありません。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、病院などの医療の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。なので、現時点で看護師不足の状態なのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一つの理由といえるでしょう。みなさんご存知のように、看護師の休日については勤めている現場で異なっていますから、一概には言えません。特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトに沿っての仕事になりますから、休日や出勤日が変則的なことも一般的です。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなところもある一方、人事を担当する人の考えによって決定に至ることもあります。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、充分に考えられた配属であることが殆どです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると地位が高くなっていきます。例えば、婦長という階級は比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、また別に主任などの役職があるのです。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも珍しくありませんので、資格を持った正看護師という地位も階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院に限りません。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも看護師の働けるところは十分にあります。こういったグループホームに入所している方は、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。介護方面に興味のある看護師はグループホームへ勤務することも考えてみると良いでしょう。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。でも、注意しておかなくてはならない点として、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が少なくなることがほとんどです。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろとその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。とは言え、メインで働いている職場の規定で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、大病を患ってしまって看護師を辞めました。ですが、身体の調子が治ったら、早めに復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。多少のブランクでも、資格を持っていたらそこまで苦労なく復帰できますね。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。一般的に見るとキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、途中で休憩を挟みはしますが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。こういった長時間勤務の実態も看護師として勤務することが大変だと思われる一因だと思います。あまりイメージに無いかもしれませんが、看護師が働ける職場として保育園もあるのです。保育園を職場にするのは、子供好きの看護師には、適任の職場だと言えます。保育園での具体的な仕事の内容は、病院とは異なり子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする必要不可欠な仕事なのです。看護師の勉強をするための学校には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。大学の場合のいい面は最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。他方、専門学校に関しては、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについてもなんと大学の学費の十分の一程度です。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、考慮され、それを活かせる職場配置となるはずです。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。24時間交代の勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、まだ経験が浅ければ、必然的にシフト勤務になると思います。妻の話ですが、看護師としてシフトに入っていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変でした。全国的に看護師が不足している現状は社会問題に繋がっています。その原因として代表的なものは、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師一人にかかる仕事量が増加し、勤務時間も長時間になって、休みも簡単には取れません。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、看護師の職を離れる人も珍しくないのです。結婚相手として人気が高いと思われる看護師ですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると早婚と晩婚の差が開いている事が言えるようです。晩婚の理由として多いものは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、地位を上げるために婚期が遅れるようです。私が看護師になった理由はまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、体験先の介護施設の看護師の方に感銘を受けたのが事の始まりでした。将来は、あんな職業をしたいと思ったことをきっかけに看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。確かにつらいこともあります。しかし、看護師になってよかったです。社会に出たばかりの新卒看護師や、別の医療機関から転職してきたばかりの看護師に多いのですが、病院によりますが、残業代が出ないという職場があるといいます。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働基準法に反した行為です。残業も完全に仕事のうちですから、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、この何年か特に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。ということは、看護師に関しても現場では切実に求められているのに、実際には、人手不足が深刻です。しかし、人材が不足している、ということはつまり、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという利点を挙げることができます。病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職の年収とはいえ大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは約750万円と推測できます。一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接しなければいけないので、髪形にも注意しておきましょう。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが良いでしょう。勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると忘れないでください。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療従事者として手助けしたいという考えを持った看護師の方が増えています。実際に、海外において日本の看護師を求める声も増えていて、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。当然ですが、海外では医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語を話せることが絶対条件になります。海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いのチャンスがなくて、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。けれども、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、上手くいくケースばかりではないのが現実です。看護師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割と定められています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。そうはいっても、急変時や、差し迫った状態になったときは、経験豊富な看護師であれば、若干の医療的行為は許可されてもいいのではないかと考えています。昔から、看護師は比較的高給のイメージがあります。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など辛いことも多いですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて安定して高給だということが分かっています。また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。このような高給で安定した職場という面では看護師を選ばない理由はないでしょう。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、小さな子供がいる人でも無理のない働き方が可能である、と思えるようです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miu
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/py6entagm34nra/index1_0.rdf