ひげの概説

March 01 [Fri], 2013, 21:47
男性ホルモンによって発毛が促されるため、思春期以降、男性で陰毛の成長がTannerの分類で第4段階に達した頃から腋毛よりやや遅れて髭が生え始める[1]。しかし、人種、個人により濃さにかなりの差がある。また、女でも人種によりひげが比較的濃い場合がある。体毛と比べると大変硬く、同じ太さの銅線に匹敵すると言われる。そのため髭を剃るときには蒸しタオルや湯で髭を柔らかくしておいた方が良い。一人当たり6,000から25,000本程度の髭があり、平均すると一日当たり0.4mm程度伸びるとされている。新モンゴロイドは髭が薄く、これは寒冷気候(冬期は髭を延ばしていると、吐息で凍結して顔が凍傷になる)への適応と考えられている。

髭の有無やその容態はその人の印象に大きな影響を与える。そのため近代以降のヨーロッパやその文化的影響を強く受けた文化を持つほとんどの成人男性はカミソリ、電気カミソリ等を用いて、髭の手入れを日常的に行う。アレクサンドロス3世(大王)が若く見られたいという理由から史上初めて髭をそったとする伝説もあるが、実際にはそれ以前から人間は貝殻等を用いて髭の手入れをしていたとされる。 紀元前3000年頃には銅製のカミソリを用いていたともされている。

参照元:ウィキペディア「

[PR]自家用脱毛器

ヒト以外に使われる例

March 01 [Fri], 2013, 21:46
髭はヒトにおいて顔面の体毛が退化した後に、二次的に発達したものと考えられる。思春期以降に発達が始まることもこれを裏付ける。したがって、これにあたるものは他の動物にはない。しかし、顔に生える目立つ毛状のものをこう呼ぶ例はある。

逆にイヌやネコなどでは口を中心とする頭部に特に長く突き出したまばらな毛が発達しており、鋭敏な触覚器として機能すると言われる。これを洞毛というが、ヒトにはこれは全くないものである。この洞毛のことをヒゲと言うことも多い。

毛でないヒゲの例としては、脊椎動物において、頭部近くに生える毛状のあるいは細長い突起物を指してヒゲということもある。この場合のヒゲは感覚器として役立っている場合が多い(ナマズ、ドジョウ、ライギョなど)。オジサンは髭の生えた魚である。ヒゲクジラの場合、先端がすだれ状になった歯を鬚と呼んでいる。

節足動物では、バッタなどの昆虫の触角を髭ということがある。クシヒゲムシ・ヒゲナガゾウムシ・ヒゲナガカワトビケラ・ヒゲナガガ・ジュズヒゲムシ・ヒゲナガハナノミ・ヒゲコメツキなど、いずれも触角の特徴で名付けられたものである。触手を髭という例もある。以前は有鬚動物と呼ばれた環形動物シボグリヌム科内には、和名をヒゲムシという一群がある。

また、植物のごく細い根などもヒゲ(ひげ根)と呼ばれることがある。

ヒゲガラやアカヒゲの場合は鬚は口元の模様である。

参照元:ウィキペディア「
P R
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる