事故車のケースでは高額な修理代を支払っても事故をする前と

May 02 [Mon], 2016, 22:47

事故車のケースでは、高額な修理代を支払っても、事故をする前と同じ状態には戻せないことも多々あります。事故で車に負う衝撃によって、フレームに歪みが発生してしまうと、完璧には修理できないこともあります。


事故車の修理代としてお金を消費しても、事故車を専門に買ってくれる業者に売却して、新車を買う方が安全面ではいいかもしれません。車の買取査定は出張を依頼しても、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、たまに有料という場合があります。


その時は査定料として請求されるのではなく、出張費として請求されるケースが多いです。料金が発生するところが違法な買取業者という訳ではないのですが、余計な出費を抑えるためにも、可能であれば無料査定のところを利用してください。





買取を利用する際に、WEB査定の利用が一般的と思われます。




業者まで出向くのが面倒な人でも、一括査定ならその場で何社かの査定額がすぐにわかります。



ただし、ウェブ査定は実際の査定とは異なるので、現実の査定ではより低い額になってしまうのは覚悟しておきましょう。



それと、WEB査定の時点では敢えて高い買取額を見せておいて、現実の査定では安値を付け、その額で売るまで帰らないという悪徳業者があるので注意が必要です。インターネットで検索をしてみると、下取りの相場がわかるサイトが見つかります。


そのサイトを使えば、意外と容易に愛車の相場のチェックができます。




車両メーカーの公式サイトによっても、相場確認できるでしょう。



車査定を使うことで、相場を知るという方法もあります。





ただ、あくまで相場なので、多少、金額は変動するものです。買取にはいくつか書類が必要ですが、その一つが印鑑証明です。



実印登録をしている市役所、それか各所の出先機関で2通の発行を受けなければなりません。近頃では証明書の発行がコンビニなどでも受けられるようになっていますし、役所によっては自動の機械ですぐに発行できる場合もあります。




気を付けなければならないのは、証明書は必ず一か月以内の発行したものであることです。古いものは使えないので気を付けましょう。