【 更新情報 】

スポンサード リンク

いびき防止に有効なアイテム情報

いびきを防止するアイテムが今注目を集めています。いびきは疲れやストレス、肥満、
鼻やのどの気管の異常などが原因として考えられており、これらの原因によって空気の
通り道である上気道が塞がれていびきが起こるのです。

しかし、自分のいびきの原因が何であるのかが判明したところで、疲れやストレスを解消したり、
ダイエットしたりといった改善方法は成果が現れるまでには時間がかかります。

女性でもいびきをかいている人は多く、「いびきが恥ずかしくて人前では寝られない!」
「早くいびきを治したい!」と悩んでいるのではないでしょうか。

そんないびきに悩んでいる人は、いびき防止アイテムを使用してみると良いでしょう。

いびき防止アイテムには様々な種類のものがあり、ネットショッピングなどで販売されています。

鼻の穴に差し込んで鼻呼吸を促進させることでいびきを防止できるというクリップ。
小指のツボを刺激して神経を和ませることでいびきを防止できるリング。
顎の筋肉を鍛え、上気道の圧迫を抑えていびきを防止できるフェイスフォーマーなど。

この他にも様々なアイデアで開発されたいびき防止アイテムがたくさんあります。

色んないびき防止アイテムを試してみて、自分が使いやすいアイテムで、いびきの悩みを解消しましょう!

いびきの原因と治療法

いびきの原因として考えられることはいくつかあります。よく言われているいびきの原因は「疲れ」です。

いびきをかいている人を見たら「ああ、疲れてるんだね…」と、思ったりしませんか?

しかし、いびきの原因として考えられることは「疲れ」だけではありません。

他にも、「ストレス」、「肥満」、「飲酒や老化による筋弛緩」、「鼻やのどの気管の異常」などが
いびきの原因として考えられます。

このようにいびきの原因は様々ですが、そもそもいびとは上気道が塞がれることで発生するのです。

睡眠時に呼吸をする時、鼻から空気を吸い込み、吸い込んだ空気は鼻腔、のど、肺へと行き来します。

この空気が通る道を上気道というのですが、上気道が先に挙げたいくつかの原因によって
塞がれてしまうと空気抵抗が大きくなります。

空気抵抗が大きくなると空気が上気道を出入りするときに起こる抵抗音と粘膜の振動音が高まり、
それがいびきとなるのです。

疲れやストレスが溜まっている場合、自然と口からたくさんの酸素を取り込もうとするため
いびきが起こります。

肥満の場合、脂肪によって上気道が狭くなりいびきが起こります。

飲酒や老化による筋弛緩の場合、呼吸に関わる筋肉が緩むことで上気道が狭くなりいびきが起こります。

鼻やのどの気管の異常に関しては、扁桃腺肥大、小顎下症、鼻中隔湾曲症などが原因で
上気道が狭くなりいびきが起こります。

なお、いびきだけでなく呼吸が停止状態、いわゆる「無呼吸症候群」が起こっている場合、
昼間に眠たくなったり、集中力不足になったりと大変危険な状態であるので、早めに専門医の
治療を受けるようにしましょう。

いびきの原因

まず、「いびき」とは、水門時に発生する粘膜の振動音だそうです。

主な原因としては、肥満、アルコール、薬物、アデノイド、咽頭部の異常、鼻疾患などがあげられます。

まず、肥満型のいびきは、体重の増加と共に、顎の周囲や首周り、喉や舌も太くなり、結果、気道が
上下左右から圧迫され、気道が狭くなり、いびきの発生につながるそうです。次にアルコール型のいびき。

体内にアルコールが入ると気道内が充血し粘膜が傍聴します。

鼻が詰まった感じになり、舌や咽頭の筋肉の緊張がなくなり、気道が狭くなりいびきの
発生につながるそうです。

また、アレルギー性鼻炎や、のどちんこの炎症による肥大などによって気道が狭くなりいびきが
発生するそうです。

これはちょっと変わった例かもしれませんが、私の家族では、生まれた時から、鼻の骨が曲がっており、
その為にいびきをかいていました。

生活するのにも鼻で息をするのが少し困難だった為、小学生の頃に鼻の骨をなおす手術をしました。

ただ、気道が狭くなることによって起こりやすいいびき、一歩間違えれば呼吸ができなくなる
可能性はなきにしもあらず・・では?

いびきだからといって安易に考えられることではなさそうですね。

いびきの治療と対策

毎朝、「いびきがうるさかった」などと言われて、カチンとくることはありませんか?

無意識のうちにかいているいびき。これは、実はとても重大な事なのです。

いびきをかいている人の半数が、「睡眠時無呼吸症候群」といわれているそうです。

これは、いびきの原因、喉の中の粘膜の肥大からとも言われており、メタボリック症候群の方に
多いそうです。このまま睡眠時の無呼吸が続くと大きな病気になりかねません。

では、どうやったらいびきがとまるのか?

調べてみたところ、「スリーププリント」と呼ばれる歯科装置で鼻マスクを通して陽圧空気を
持続的に送ることや、扁桃腺や軟口蓋の肥大した部分を外科的に切除する方法などがあるそうです。

いびき防止に一番、手っ取り早い方法は横向きになって寝ることだそうです。

寝ているときに舌の付け根が下に落ちないように喉の通りをよくするために横向きに寝てみましょう。
こうすることで喉の通りが良くなって、いびき防止が出来るケースもあるそうです。

しかし、メタボリック症候群などで、すでに喉の中が肥大してしまっているかたは、
外科的手術など、検討してみてはいかがでしょうか。

いびき防止グッズ

いびき防止グッズを調べてみるとたくさん出てきます。

まずは、いびき対策として横向きに寝る様の「横向き専用枕」や、鼻の通りを促進させるクリップの様な物。
たくさんありすぎて何がいいのかわかりませんが、ここでは楽天さんのURLを紹介しておきます。

こちらであれば、感想などなども読めるのでどんなものか少しは想像できるんではないでしょうか?
www.rakuten.co.jp

私が興味があったのが、マウスピース型のいびき防止グッズです。
こちらは、装着することによって、舌の根が下に落ちないように設計されていました。

以前、私は顎関節症になり、歯医者さんで「歯ぎしり」が原因と言われ、マウスピースを
作ってもらったことがあります。

この、マウスピース型いびき防止グッズ、歯ぎしりの防止にも効くんではないかと思ってみたり・・・。
私こそぜひこちらの商品を買ってみたいと思います。
P R
カテゴリアーカイブ