羽山が鈴木渉

April 05 [Tue], 2016, 10:41
当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、部署が違えば、看護師として必要になる技術や処置の方法も異なります。

配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人看護師の意欲も湧いてきます。世の中看護師への求人は多くありますが、希望する条件に合った求人が見つかるという保証はありません。
看護師資格を持っている方で就職さえできれば良いと考えている方は多くはないでしょう。


なるべくならば給料が高くて職場環境も良く、夜勤がなくラクな職場で働きたいと考えている方が多いものです。お望みしているところに転職するには、情報収集を行うことが大切になってきます。

看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。



本来、職業としての看護師が長期にわたって務められる職業として高い人気がありますが、さらに公務員の待遇が付加することで一層安定した職業になることは確実です。

手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは最大のメリットだと言えるでしょう。



看護師は、寝返りを打つのも難しいような患者の体の位置を変えることや、食事がとれない方の食事の介助、下のお世話といった体力仕事も多いものです。
その間にも、他の患者さんからナースコールがあれば、速やかに応対しなければなりません。


入院患者が少しでも素晴らしい入院生活が送れるように考えることも看護師の仕事のひとつといえるのです。看護師が上手に転職をやり遂げるには、将来の思い描いて早めに行動することが大事です。さらに、何が重要かを考えておいた方がいいでしょう。将来どんな風になりたいのかを明らかにして、今後の動向に合った転職先の情報を多少なりとも集めておいてください。


年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲歩できない強権も考慮しておきましょう。看護師が外科に勤務する時の良い部分と、悪い部分について知っておきましょう。



手術を受ける前の患者や術後の患者の看護を実践することで、看護師としての技術が学べることです。短所は何かというと、担当患者が短いスパンで変わっていくため、長期に渡って落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。看護師とは病院等の様々な医療機関で重要な役目を担当しています。

ですが、多くの病院や医療機関ではそんな看護師が不足していることに悩んでいるのが現在の状況です。残念ながら、医療の場では、看護師の不足した問題を解決できていません。



これからは、少しでも早くこういった問題を解決していかなくてはなりません。
言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのうちに体調を崩すこともあるのです。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、腰痛や頭痛に苦しむことになり、ようやく「少し無理をしているのかも」などと感じる事になってしまうでしょう。

現場では、看護師の業務は大事な職務です。


常日頃、厳しい現場で看護の業務を行っている中では、様々な精神的な負担に陥る場合もあるのです。看護師は常日頃、命に影響を与える仕事をしていますから、緊張感に晒されることもたくさんあり、ストレスを上手に解消する工夫をすることも大切だといえるのです。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。
とはいえ、出戻りがしやすいかどうかというのは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。実際に、こうして働いている看護師は多いです。



子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻り就職をする人も少なくありません。

看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。
看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立や公立の医療機関の場合は、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。
個人病院はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。



看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。
その時、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。
けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、転職することを決めたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと理解できて、いい勉強になったと思っています。働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。



よく聞くのは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。


折角休みになっても友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする辛さがあるようです。あるいは、単純に休みが取れないということも珍しくありません。
規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。看護師になろうとする人が受ける資格の国家試験は、1年に1度行われます。
看護師が足りないことが問題となっている我が国にとっては喜ばしいことにここ数年、看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保った状態です。

看護師の国家試験は、大学のような選抜するための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格が可能な試験です。
看護師の仕事内容には、どのような業務があるのでしょうか。

朝の間に、昨日の夜勤の担当者より、患者さんの様子を聞いて、引き継ぎを行います。
この業務は、夜勤や日勤の交代において絶対に行われる「申し送り」という業務です。
それが済むと、入院中の患者さんのバイタルを測定して、必要により、清拭、入浴の介助を実行します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pwir0axporddtu/index1_0.rdf