【 更新情報 】

スポンサード リンク

コラーゲン食材が食べれるお店を探そう!

コラーゲン食材に含まれるコラーゲンは、みずみずしい弾力性のある肌を保つ効果があり、
美容に関心のある女性が注目する栄養素です。

最近肌の老化が気になるという女性の中には、若々しい肌を取り戻そうと、
コラーゲン食材やサプリメントで積極的にコラーゲンを摂取しようと努力している人も多いでしょう。

また、最近ではコラーゲン食材をメニューに取り入れて女性客を増やそうとしている
飲食店も増えています。

コラーゲン食材として有名なものは、フカヒレ、すっぽん、豚足、鶏皮、軟骨、牛筋、
手羽先などがあります。

鶏皮や手羽先などのコラーゲン食材はどこでも買えますし、調理もし易いので、
いつでも自宅で食べることができます。

しかし、フカヒレやすっぽん、豚足などのコラーゲン食材は、スーパーでは販売していないことが
多く入手が困難なので、なかなか自宅で食べることはありません。

そもそもフカヒレやすっぽんといったコラーゲン食材は、高級食材としても有名なので、
おいしく調理してくれるお店で食べたいですよね。

フカヒレ料理は中華料理店でよく見かけます。すっぽんはすっぽん鍋の専門店が有名ですね。
また、豚足を使ったメニューだけを出している専門店もあります。

この他にもコラーゲン食材が食べれる飲食店はたくさんありますので、ネット等で探してみると良いでしょう!

コラーゲン食材を使った簡単レシピ

コラーゲン食材というと、豚足、鶏皮、手羽先、牛筋、ゼラチンなどが有名です。

コラーゲン食材に含まれるコラーゲンには、みずみずしい肌を保つ効果があり、
美容に関心のある女性にとっては必要不可欠な栄養素です。

最近は、市販のサプリメントからコラーゲンを摂取している人が多いと思いますが、できれば
コラーゲン食材を使ったおいしい料理の中からコラーゲンを摂取するほうが望ましいですよね。

そこで、コラーゲン食材を使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。

使用するコラーゲン食材は手羽先です。まず、手羽先をフライパンで両面がきつね色になるまで焼きます。

次に焼いた手羽先をフライパンから取り出し、それを鍋に入れます。

そして、手羽先がかぶるくらいにだし汁を入れ、砂糖、みりん、酒、醤油、塩を入れて味を調え、
30分程煮込みます。

この時、大根や人参、ネギなどの野菜を入れて一緒に煮込んでもいいですね。

これでおいしい手羽先の煮物の完成です。簡単なので是非作ってみてください。

また、手羽先は比較的安く手に入りますし、塩コショウをして焼くだけの調理方法でも
おいしく食べられます。

簡単なレシピで時間をかけずにコラーゲン食材を取り入れて、若々しい肌を持続していきましょう。

コラーゲンの多い食材

最近、肌がガサガサに乾燥したり、シミやしわが気になったりしませんか?
夜、化粧水や保湿液をつけて寝ても起きたら乾燥していたなんてこともありませんか?

それはこの冬の季節のせいじゃなくて、皮膚にあるコラーゲンが減少してしまっている
からかもしれません。

コラーゲンは内部に随分を保つことで、肌の潤いや弾力が維持できるんです。
でもこのコラーゲンが、夏の強い紫外線やストレス、加齢などによって減少してしまうんですね。

じゃあどうすればいいのか? 簡単です!コラーゲンを摂取すればいいんです。

効率的に摂取するには、コラーゲンの多い食材を料理して食べる!これに尽きるでしょう!!

コラーゲンの多い食材として誰もが知ってるのがフカヒレ。
フカヒレ料理を毎日食べられるくらいお金持ちならいいですが、庶民だとなかなかそうはいきません。

だからそんな人には、鶏の手羽先や軟骨、牛スジや牛テール、豚足や豚の耳、
豚バラ肉なんかがあります。

お肉を食べるのが太りそうで心配ならグツグツ煮込んでスープにしてしまえばいいんです。
そしてビタミンCを含む食材と一緒に食べること。ビタミンCはコラーゲンの吸収を高めてくれるんです!!

だからから揚げや焼き鳥なんかにはレモンをかけて食べるのか〜。納得!!
人間って割りと知らず知らずのうちに身体にいいことしちゃってるんですね〜。
これでこの冬も美肌がキープ出来ますね!!

コラーゲンを含む食材

冬のこの季節ってスゴイ乾燥しますよね〜。

気をつけていてもお肌の乾燥ってなかなか防げません。
化粧品で一生懸命保湿してみても朝にはまたカサカサ・・・。

だからこの季節は外からの保湿だけではなくて、身体の内側からも保湿出来るように
働きかけないとダメなんです。

乾燥に一番効果的なのはやっぱりコラーゲンの摂取。

皮膚の90%がコラーゲンで出来ているので、摂取することで潤いや弾力となって現れてくれます。

真皮細胞間にたっぷりと充填されたコラーゲンが構造体となることで細胞を整列させお肌を
しっかり支えてくれるんです。

コラーゲンは肌に潤いを与え、老化の原因ともなる張りや弾力を蘇らせ、シミやしわを
防いでくれる有り難い食材なんです。

じゃあコラーゲンを含む食材には何があるのか?

魚系では、フカヒレ・スッポン・うなぎ・なまこ・タイ・あんこう・どじょう・えび・くらげなどが
よく知られるところでしょうか。

この時期には鍋なんかにして食べると身体も温まって一石二鳥ですね。
肉系なら、牛スジ・牛テール・豚足・豚の耳・鶏の皮・軟骨・手羽先なんかですね。

こちらもよく煮込んでスープなどで食べると効率よく摂取できそうです。
デザートとして、プリン・ゼリー・ムース・ババロア・杏仁豆腐などにもコラーゲンが含まれているので
コラーゲンを含む食材でフルコースを楽しむのもいいかもしれませんね。

コラーゲンを含む食材2

お腹もいっぱいになって、お肌も艶々になるとしたらこれほどいい事ってありませんよね?

特に冬のこの季節、乾燥でお肌がガサガサになってませんが?
肌荒れはシミやしわなどの老化現象の原因となります。

じゃあどうすれば乾燥したお肌に潤いを与えられるのか?もちろん化粧水などでの保湿も大切ですが、
身体の内側からも潤えるように改善しなければいけません。

肌の90%はコラーゲンで出来ているといいますから、肌に潤いを与え、張りや弾力を取り戻すには
効率よくコラーゲンを摂取すればいいんです。

幸いなことに、コラーゲンを含む食材っていっぱいあるんですよ。

冬の季節に鍋やスープとして食すなら、スッポン・タイ・あんこう・牛スジ・牛テールなどが
いいかもしれません。

後は中華食材によくコラーゲンを含んでいる食材を使用しますから、ちょっとぴりから四川料理だと
身体が温まりますね。

なまこ・えび・エイ・くらげ・カレイ・豚ばら肉・豚足・豚の耳・鳥の皮・軟骨・手羽先なんかを
使用している料理をセレクトしたらいいんじゃないでしょうか?

あと、女性には嬉しいのが、甘いデザートにもコラーゲンが含まれています。
プリン・ゼリー・むーす・ババロア・杏仁豆腐なんかがそうです。

でもコラーゲンが含まれてるからって、無茶食べはしないでくださいね。あくまで適量ですよ!
でないと今度は甘いものの取りすぎで、肥満や大人にきびに悩まないといけなくなるかもしれません。
P R
カテゴリアーカイブ