かつて産業の繁華街に住みやすい聖地

September 17 [Tue], 2013, 11:23
後加リットルは紹介して、今年4月、316国道10バラガンから厉山段避走工事施工時に発見する文化財の兆候は、随州市考古学研究所とともに駆けつけ探査観測隊、登録文化財調査時21か所があって、その中の新石器時代遺跡2か所、東週のものを含ん3時期遺跡で、墓に1東週のものを含んで、他各時代の遺跡、墓地18所。経の掘削を確認して报省文物局の許可を得て、その先に6古い遺跡と2所墓地実施緊急発掘、魯家灣遺跡はそのうちの1か所の。

調査によると、随州200ヵ所の歴史遺跡を楚文化遺跡で、これを随州初春秋文化遺跡発掘。「文化断層」推論、魯家灣遺跡の歴史の時期には春秋戦国時代に2500国は、今も。

後加リットル、出土したセラミック製品と銅片皆生活用品、探偵坑でも発見された鹿の足跡と獣の牙、特に複合红陶弇口瓶(古随国独自の典型的な陶器)出土した地域は、随国統制が届く場所と呼ばれた古代随国のしるし。ここから判断する現地は春秋時代に、農業、牧畜業と陶業が発達し、1か所の産業、環境が優美で住みやすい聖地の繁華。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pwei331
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pw331/index1_0.rdf