アップル、Core i5/i7搭載の新型「MacBook Pro」を発表 / 2010年04月14日(水)
 アップルは4月13日、アルミユニボディのノート型Mac「MacBook Pro」を一新した。

【拡大画像や各モデルの紹介画像】

 15/17型のラインで、CPUに32ナノプロセスルールを用いたArrandale(開発コード名)世代のCore i5/i7を採用したのが最大の見どころ。また、これにあわせてグラフィックス機能も従来のGeForce 9400M/GeForce 9600M GTから、NVIDIA GeForce 320M/330Mに変更されている。さらにガラス製のマルチタッチトラックパッドがiPhone/iPod touchでおなじみの慣性スクロールに対応したのも目を引く。ラインアップは13.3型ワイド液晶を搭載する「MC374J/A」と「MC375J/A」、15.4型ワイドの「MC371J/A」「MC372J/A」および「MC373J/A」、17型ワイド「MC024J/A」の全6モデルだ。

 2製品を用意する13.3型ワイドモデル(1280×800ドット)では、MC374J/AがCPUに2.4GHz駆動のCore 2 Duoを採用し、従来の2.26GHz Core 2 Duoからスペックアップした。また、メモリ容量は2Gバイトから4Gバイト(1066MHz DDR3 SDRAM)に、HDD容量も160Gバイトから250Gバイトに増量されている。一方、MC375J/AはCPUが2.53GHzから2.66GHzのCore 2 Duoに、HDD容量が250Gバイトから320Gバイトに強化された。いずれも統合型GPUのNVIDIA GeForce 320Mを採用し、8倍速SuperDriveを備える。このほか、バッテリー駆動時間が従来の約7時間から約10時間へと大幅に延びているのもポイントだ。

 インタフェースに変更はなく、USB 2.0×2、SDメモリーカードスロット、FireWire 800、Mini DisplayPort、音声入出力端子を備えるほか、液晶上部に内蔵されたiSightカメラや、ギガビットLAN、AirMac Extreme(11n準拠)、Bluetooth 2.1+EDRといったネットワーク機能も従来通りだ。価格はMC374J/Aが11万4800円、MC375J/Aが13万8800円で、15/17型モデルに比べると基本アーキテクチャを踏襲したマイナーバージョンアップだが、コストパフォーマンスはより高くなった。

 一方、15.4型ワイド(1440×900ドット)/17型ワイドモデル(1920×1200ドット)は基本システムが大幅に変更され、CPUにArrandale世代のCore i5/i7を搭載している。いずれも物理コアは2つだが、Hyper-Threading Technologyに対応し、4スレッドを同時処理できるほか、CPU負荷に応じて動作クロックを引き上げるTurbo Boost Technologyをサポートしている。また、グラフィックスは、CPU内蔵のIntel HD GraphicsとディスクリートのNVIDIA GeForce GT 330Mをアプリケーションに応じて使い分ける自動切り替え機能を搭載し、バッテリー駆動時間も最長約8〜9時間と1〜2時間延びている。

 主なスペックは、MC371J/Aが2.4GHz Core i5、4Gバイトメモリ、320GバイトHDD、MC372J/Aが2.53GHz Core i5、4Gバイトメモリ、500GバイトHDD、MC373J/Aが2.66GHz Core i7、4Gバイトメモリ、500GバイトHDDで、光学ドライブは全モデル8倍速SuperDriveを搭載する。17型ワイドのMC024J/Aは、2.53GHz Core i5、4Gバイトメモリ、500GバイトHDD、8倍速SuperDriveで、15型ワイドの上位モデルよりも基本スペックが劣るが、BTOオプションで2.66GHz Intel Core i7を選択可能だ。なお、こちらもボディデザインは従来モデルを踏襲しており、インタフェースに変更はない。ただし、15型ワイドモデルの重量が2.49キロから2.54キロへ微増している。価格は15型ワイドモデルが下から16万8800円、18万8900円、20万8800円、17型ワイドモデルが21万8800円だ。

 このほか、BTOメニューには、15.4型モデルで選択できる1680×1050ドット表示の高解像度液晶ディスプレイ(光沢または非光沢)や、全モデルで選択可能なSSD(128Gバイト/256Gバイト/512Gバイト)も用意された。Apple Storeでの出荷予定日は、13.3型ワイドモデルが4営業日、15.4型ワイド/17型ワイドモデルが24時間以内となっている。

【4月14日0時18分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000001-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 17:23/ この記事のURL
日本HP、10万円でデジタル3波チューナー搭載の一体型デスクトップ発表 / 2010年04月14日(水)
 日本ヒューレット・パッカードは2010年4月12日、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵した一体型デスクトップ「HP All-in-One PC 200」を4月20日に発売すると発表した。フルハイビジョン解像度の21.5型ワイド液晶を備えながら、直販モデルは10万円を切る安さが特徴だ。

【詳細画像または表】

 同社の液晶ディスプレイと同じ「HPエアロスタンド」機構を採用し、マイナス5度からプラス30度まで画面の角度が調整できる。本体の厚さは約6.5cm、奥行き約22cmとスリムだ。ディスプレイは1920×1080ドット表示対応の21.5型ワイド。長時間テレビを視聴しても疲れにくい非光沢タイプを採用した。

 テレビ機能は、「Windows Media Center Edition」を使ったもので、「ダビング10」などに対応する。リモコンも付く。動作音は26.8dB(都内の第3者機関で測定)。

 直販モデルの仕様は、CPUがPentium E5400(2.70GHz)、2GBのメモリー、HDDが500GBとなる。価格は9万9800円。店頭販売モデルの方が高性能となり、CPUがCore 2 Duo E7500(2.93GHz)、4GBのメモリー、HDDが750GB。予想実売価格は11万9800円前後。光学ドライブはどちらもDVDスーパーマルチ、OSはWindows 7 Home Premiumを採用する。IEEE802.11b/g/n対応の無線LANなども内蔵する。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

【4月13日4時23分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000003-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 16:47/ この記事のURL
ミニストップ、クリーニングの24時間受付店拡大 / 2010年04月14日(水)
 ミニストップは13日、クリーニングを24時間受け付ける店舗を5倍に増やすと発表した。昨年6月から東京都内の5店舗で試験導入したが、好評なため4月下旬から24店舗に拡大する。同社では、来年4月までに累計100店舗を目指している。

 クリーニングサービスは、家事代行や宅配クリーニングを手がけるカジタク(東京都江東区)と提携して提供している。 通常のクリーニング店の営業時間はおおむね午前9時から午後9時までが多いが、一人暮らしの社会人などが営業時間内に取りに行けないとの課題があった。これに対し、コンビニは24時間受付が可能で、気軽に利用できるのがメリット。仕上がり納期は午前0時までに受け付けた品物に対し、翌々日の午前9時に仕上がるという。

 試験導入したところ、クリーニングに受け付けに訪れる人の“ついで買い”などで店舗全体の売上高が上昇したという。

 価格はワイシャツが230円、紳士用スーツ上下で1160円。

【4月14日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000025-fsi-bus_all
 
   
Posted at 15:34/ この記事のURL
中国、政府調達規則を修正−外国製品に門戸広げる / 2010年04月14日(水)
【北京】中国は、年間数十億ドルに上る政府調達市場への外国企業の参加を制限していると不評の規則を緩和しようとしているようだ。

 中国科学技術省は週末、新しい政府調達規則の草案を発表した。この草案では従来の草案で最も論議を呼んでいた条項が削除されていた。

 昨年発表されたが公式には実施されていない規則では、納入業者はその製品が調達リストに加えられる前に認定を受けなければならないとされていた。また、製品は「中国の知的財産と商標」を有しており、その知的財産は「海外の組織あるいは個人とは完全に無関係」なものでなければならないとされていたのだ。

 新規則はこれらの文言を削除し、政府調達リストに掲載する製品は国内法令に沿ったものであること、また申請者は当該製品の中国内での知的財産を有しているか、中国内で使える権利を有していることだけを求めている。

 外国企業はこれまで中国の知的財産と商標がない製品はリストに載せられないと解釈していた。世界の主要企業の大半を代表する北米や欧州、アジアの30以上の業界団体は、この規則は保護主義的だとする書簡を中国当局に送っていた。

 これが実施されていたら、適格とされない企業のパソコンやアプリケーションデバイス、通信機器、オフィス機器、ソフトウェア、それにエネルギー効率化製品などが、数十億ドル規模の中国政府の調達市場から閉め出されてしまっていたところだ。

 ただ、米国の通商担当者は、今回の修正は中国が国内企業助成の努力を放棄したことを意味するものではない警告する。

 シスコシステムズやデルなど多くの米テクノロジー企業を代表する団体、米国情報技術工業協議会のジョン・ニューファー副会長は「彼らが批判にこたえたことは明らかであり、評価したいが、これがわれわれのすべての懸念に対処したというわけではない」とし、「よく吟味しなければならない。文言は依然あいまいだ」と述べた。また、これまでの問題の文言の一部が除去されたとしても、政府調達に際して、国内で開発された知的財産に基づく製品を優先する独自のリストを使うのであれば、依然として「非常に問題だ」と話した。

 中国の米国大使館は、その影響の度合いを測るために規則を引き続き検討しているところだとしている。

 この修正は、中国の外国企業の間に対中投資する不満が強まっているときに発表された。米国商工会議所が3月に発表した調査結果では、ここ数カ月ネガティブな空気が急速に広まっており、政府調達規則が最も大きな問題の一つに挙げられていた。

 203社を対象にしたこの調査では、中国市場への進出や、競争において歓迎されていないと感じている企業は38%で、2008年の23%を上回り、調査を開始して以来4年間での最高を記録した。

記者: Loretta Chao

【4月13日12時25分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000308-wsj-bus_all
 
   
Posted at 14:56/ この記事のURL
平野綾薬指に銀色指輪 「結婚か」とネット騒然 / 2010年04月14日(水)
 「涼宮ハルヒの憂鬱」のハルヒ役で知られる人気声優の平野綾さん(22)が「結婚した」という噂が流れ、ショックを受けたファンが平野さんの「殺害予告」を掲示板「2ちゃんねる」に書き込むといった騒動になっている。ブログに、平野さんの左手薬指にリングが光っている写真が掲載されたのが、噂を呼んだらしい。

 問題のブログは2010年4月11日付け。「めしめし」というタイトルが付いている。声優のささきのぞみさんと初めてご飯にいった、というもので「結婚」に関する記述はなかったが、ささきさんとのツーショット写真をみると、ピースサインをしている平野さんの左手薬指に、銀色の指輪が光っていた。

■「俺の人生つまんね。俺の人生つまんね。俺の人生つまんね」

 ネットでは「平野綾、結婚キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ !!!!! 」と騒然、悲痛な書き込みがあふれた。

  「裏切ったな よくも俺たちを裏切ったな」「泣いた、泣いたよ俺は パソコンの液晶殴りつけて壊したから今携帯だ」「俺の人生つまんね。俺の人生つまんね。俺の人生つまんね」「指輪じゃない指輪じゃない指輪じゃない指輪じゃない指輪じゃない」

 「2ちゃんねる」では多数のスレッドが立つ大きな「祭り」に発展した。そして10年4月12日 18時23分に「平野綾レイプして殺す」という「殺害予告」も出た。

 一方、指輪をしているからといって結婚に結びつけるのは安直すぎる、という意見や、指輪に見えるけれども実は爪が光っていて指輪のように見えているだけ、という書き込みも多数あった。指輪か爪かを調べるため写真を拡大・検証する人も現れ、指輪に間違いない、という結論になった。

■「結婚はありません」と所属事務所

 平野さんといえば今年に入って、体調を崩して入退院を繰り返した。胃炎や不眠症、円形脱毛症などに悩まされたのだが、人間ドックを受けたところ身体に異常はなく「精神的な問題だと医師に指摘された」と10年3月28日付けのブログに綴っている。ネットではこうした体調不良を今回の指輪と関連付け、マリッジブルーだったのではないか、などという憶測も生まれている。

 所属事務所のスペースクラフト・エンタテインメントに問い合わせてみたところ、

  「そういったことはありません」

と結婚説を否定。指輪を左手薬指にはめる習慣はあるのかと訊いてみたが、「わかりません」という答えだった。ちなみに、平野さんは現在、体調が回復し、通常通りの仕事に戻っているそうだ。


■4月13日19時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000001-jct-ent
 
   
Posted at 14:20/ この記事のURL
『鉄男 THE BULLET MAN』にパリコレブランドがラブコール! / 2010年04月14日(水)
塚本晋也監督の最新作『鉄男 THE BULLET MAN』(5月22日公開)の前売り特典を、デビッド・リンチやヴィム・ヴェンダースとのコラボで話題を集めた気鋭のパリコレブランド_JULIUS(ユリウス)が手がけることが分かった。

【写真】コラボTシャツ(12600円/税込)は5/22(土)に発売

これは、かねてから『鉄男』シリーズの大ファンでもあった_JULIUS(ユリウス)のデザイナー堀川達郎氏が、新作の世界観に共鳴したことから実現。“TETSUO THE BULLET MAN”と刻印したボルトに、贅沢な加工を施した漆黒のネックレスは映画の世界観をほうふつとさせる一品に仕上がっている。

本作は、塚本監督自身の代表作『鉄男』(89)の21世紀版となる野心作。最愛の息子を殺された怒りから、肉体を変容させた男の戦いを全編英語のセリフで描いたサイバーアクションだ。

このネックレスは数量限定。4月24日(土)より、特別鑑賞券とセットで2000円(税込)で発売される。『鉄男』ファンならずとも、欲しくなるクールな一品。東京のシネマライズ、大阪の梅田ブルク7、シネマート心斎橋、京都の京都シネマの4劇場のみで販売されるというレアアイテムなので、欲しい人は迷わず劇場へGOだ!【MovieWalker/大西愛】

【作品情報】
鉄男 TETSUO THE BULLET MAN

【4月13日18時32分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000027-mvwalk-movi
 
   
Posted at 13:45/ この記事のURL
プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! / 2010年04月14日(水)
5月1日(土)から3日(月・祝)に新横浜スケートセンターで開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』の追加公演が決定した。追加公演は4日(火・祝)と5日(水・祝)。ゲストに先日の世界フィギュアで2年ぶりに優勝した浅田真央の出演が決定した。浅田のほかにも荒川静香や本田武史、八木沼純子らが出演する。チケットは4月4日(日)より一般発売開始。

浅田真央以外の出演者の写真

また、1日から3日に開催される本公演には、高橋大輔に加え鈴木明子の出演も新たに決定した。本公演のチケットは現在発売中。

出演者は以下のとおり

<5月1日〜3日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔、鈴木明子
<5月4日・5日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、浅田真央


【4月1日15時16分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 13:09/ この記事のURL
デジカメ人気メーカーは「キヤノン」、この1年で「パナソニック」「富士フイルム」の人気が上昇 / 2010年04月14日(水)
インターネットコムと goo リサーチは「デジタルカメラに関する調査」を実施し、デジタルカメラの人気メーカーなどを探った。

【画像が掲載された記事】

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,084人。男女比は男性53.2%、女性46.8%、年齢別は10代16.6%、20代18.1%、30代21.9%、40代15.3%、50代15.6%、60代以上12.5%。

まずは、コンパクトデジタルカメラ所有者873人(全体の77.2%)に所有している製品のメーカーを複数回答で聞いた。

最も回答を集めたのは「キヤノン」で23.7%(198人)、これに「カシオ」18.0%(151人)が続いている。

ここまでの順位は昨年の調査と同じとなっているが、今回は「パナソニック」(14.5%、121人)、「富士フイルム」(13.4%、112人)がそれぞれ2つ順位を上げ、「ソニー」(12.8%、107人)が1つ、「オリンパス」(12.7%、106人)が3つ順位を落としており、この1年で「パナソニック」と「富士フイルム」の人気が上昇しているようだ。

同様にデジタル一眼レフカメラ(デジタル一眼含む)所有者125人(全体の11.5%)に所有している製品のメーカーを複数回答で聞いてみると、コンパクトデジタルカメラと同様に「キヤノン」が最も多く49.6%(62人)で、半数近くの回答を集めた。

これに「ニコン」28.8%(36人)、「オリンパス」9.6%(12人)、「ソニー」8.8%(11人)が続いている。

コンパクト、一眼ともに「キヤノン」の人気が高く、特に一眼では2位以下に大差をつけて1位となっている。

では、ユーザーは現在使用している製品についてどんな不満を持っているだろう。コンパクトデジタルカメラ所有者873人に不満点を複数回答で聞いたところ、最も回答を集めたのは「不満点はない」で25.2%(211人)。4人に1人ほどは不満はないとの結果だ。

これ以外では、「暗いところでキレイに撮れない」24.6%(206人)、「シャッターを押してから撮影できるまでが遅い」21.1%(177人)、「ズーム倍率が低い」17.8%(149人)との回答が多く、こういった点に不満を感じているユーザーが多いようだ。

(調査協力:goo リサーチ)

【関連キーワード】
昨年の調査 | 4,000万画素大型 CCD 搭載の中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」を発表 | 富士フイルム、光学式30倍のマニュアルズームレンズを搭載した「FinePix HS10」を発表
【4月13日17時21分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000030-inet-inet
 
   
Posted at 12:34/ この記事のURL
アップル、Core i5/i7搭載の新型「MacBook Pro」を発表 / 2010年04月14日(水)
 アップルは4月13日、アルミユニボディのノート型Mac「MacBook Pro」を一新した。

【拡大画像や各モデルの紹介画像】

 15/17型のラインで、CPUに32ナノプロセスルールを用いたArrandale(開発コード名)世代のCore i5/i7を採用したのが最大の見どころ。また、これにあわせてグラフィックス機能も従来のGeForce 9400M/GeForce 9600M GTから、NVIDIA GeForce 320M/330Mに変更されている。さらにガラス製のマルチタッチトラックパッドがiPhone/iPod touchでおなじみの慣性スクロールに対応したのも目を引く。ラインアップは13.3型ワイド液晶を搭載する「MC374J/A」と「MC375J/A」、15.4型ワイドの「MC371J/A」「MC372J/A」および「MC373J/A」、17型ワイド「MC024J/A」の全6モデルだ。

 2製品を用意する13.3型ワイドモデル(1280×800ドット)では、MC374J/AがCPUに2.4GHz駆動のCore 2 Duoを採用し、従来の2.26GHz Core 2 Duoからスペックアップした。また、メモリ容量は2Gバイトから4Gバイト(1066MHz DDR3 SDRAM)に、HDD容量も160Gバイトから250Gバイトに増量されている。一方、MC375J/AはCPUが2.53GHzから2.66GHzのCore 2 Duoに、HDD容量が250Gバイトから320Gバイトに強化された。いずれも統合型GPUのNVIDIA GeForce 320Mを採用し、8倍速SuperDriveを備える。このほか、バッテリー駆動時間が従来の約7時間から約10時間へと大幅に延びているのもポイントだ。

 インタフェースに変更はなく、USB 2.0×2、SDメモリーカードスロット、FireWire 800、Mini DisplayPort、音声入出力端子を備えるほか、液晶上部に内蔵されたiSightカメラや、ギガビットLAN、AirMac Extreme(11n準拠)、Bluetooth 2.1+EDRといったネットワーク機能も従来通りだ。価格はMC374J/Aが11万4800円、MC375J/Aが13万8800円で、15/17型モデルに比べると基本アーキテクチャを踏襲したマイナーバージョンアップだが、コストパフォーマンスはより高くなった。

 一方、15.4型ワイド(1440×900ドット)/17型ワイドモデル(1920×1200ドット)は基本システムが大幅に変更され、CPUにArrandale世代のCore i5/i7を搭載している。いずれも物理コアは2つだが、Hyper-Threading Technologyに対応し、4スレッドを同時処理できるほか、CPU負荷に応じて動作クロックを引き上げるTurbo Boost Technologyをサポートしている。また、グラフィックスは、CPU内蔵のIntel HD GraphicsとディスクリートのNVIDIA GeForce GT 330Mをアプリケーションに応じて使い分ける自動切り替え機能を搭載し、バッテリー駆動時間も最長約8〜9時間と1〜2時間延びている。

 主なスペックは、MC371J/Aが2.4GHz Core i5、4Gバイトメモリ、320GバイトHDD、MC372J/Aが2.53GHz Core i5、4Gバイトメモリ、500GバイトHDD、MC373J/Aが2.66GHz Core i7、4Gバイトメモリ、500GバイトHDDで、光学ドライブは全モデル8倍速SuperDriveを搭載する。17型ワイドのMC024J/Aは、2.53GHz Core i5、4Gバイトメモリ、500GバイトHDD、8倍速SuperDriveで、15型ワイドの上位モデルよりも基本スペックが劣るが、BTOオプションで2.66GHz Intel Core i7を選択可能だ。なお、こちらもボディデザインは従来モデルを踏襲しており、インタフェースに変更はない。ただし、15型ワイドモデルの重量が2.49キロから2.54キロへ微増している。価格は15型ワイドモデルが下から16万8800円、18万8900円、20万8800円、17型ワイドモデルが21万8800円だ。

 このほか、BTOメニューには、15.4型モデルで選択できる1680×1050ドット表示の高解像度液晶ディスプレイ(光沢または非光沢)や、全モデルで選択可能なSSD(128Gバイト/256Gバイト/512Gバイト)も用意された。Apple Storeでの出荷予定日は、13.3型ワイドモデルが4営業日、15.4型ワイド/17型ワイドモデルが24時間以内となっている。

【4月14日0時18分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000001-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 12:00/ この記事のURL
日本HP、10万円でデジタル3波チューナー搭載の一体型デスクトップ発表 / 2010年04月14日(水)
 日本ヒューレット・パッカードは2010年4月12日、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵した一体型デスクトップ「HP All-in-One PC 200」を4月20日に発売すると発表した。フルハイビジョン解像度の21.5型ワイド液晶を備えながら、直販モデルは10万円を切る安さが特徴だ。

【詳細画像または表】

 同社の液晶ディスプレイと同じ「HPエアロスタンド」機構を採用し、マイナス5度からプラス30度まで画面の角度が調整できる。本体の厚さは約6.5cm、奥行き約22cmとスリムだ。ディスプレイは1920×1080ドット表示対応の21.5型ワイド。長時間テレビを視聴しても疲れにくい非光沢タイプを採用した。

 テレビ機能は、「Windows Media Center Edition」を使ったもので、「ダビング10」などに対応する。リモコンも付く。動作音は26.8dB(都内の第3者機関で測定)。

 直販モデルの仕様は、CPUがPentium E5400(2.70GHz)、2GBのメモリー、HDDが500GBとなる。価格は9万9800円。店頭販売モデルの方が高性能となり、CPUがCore 2 Duo E7500(2.93GHz)、4GBのメモリー、HDDが750GB。予想実売価格は11万9800円前後。光学ドライブはどちらもDVDスーパーマルチ、OSはWindows 7 Home Premiumを採用する。IEEE802.11b/g/n対応の無線LANなども内蔵する。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

【4月13日4時23分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000003-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 11:27/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!