頚椎症の治療と有効度

April 18 [Thu], 2013, 20:47
頚椎症は、頚椎の正常な並びに狂いが生じることによって、痛みやしびれが表れる症状の事を言います。頭部の重みをバランス良く支えるために、頚部は7個の頚椎骨が配列されており、その周りを筋肉で固めて守られている状態となっています。これが加齢や生活習慣によって、徐々に崩れてしまう事が、頚椎症が発症する原因となっています。頚椎症の治療は、頚椎の並びを正常に戻す事が目的となっています。

整骨院や整体で行われている首にタオルを引っ掛けて徐々に引っ張るという牽引という治療が、最も簡略化された治療法です。痛みやしびれの強さに応じて行われる治療方法には違いがあり、それぞれの治療法には適性があう人とあわない人がいます。整形外科などでは、牽引の他に注射や薬物による治療も行われています。

これらの方法のメリットは、痛みを和らげる即効性があるという事ですが、根本的な解決とはならないので、薬物の効果が切れた時点で、痛みやしびれが表れてしまう事になります。痛みやしびれがひどい場合に応急処置的な治療として、有効な効果があります。器具を装着して頚椎の並びを正常化する治療も行われています。生活環境によって頸部に無理な負担がかかる事を防ぎ、長期的に少しずつ良化される事が目的となっています。

装着器具によっては非常に目立つので、職業によっては仕事中に装備できないケースも考えられるのがデメリットと言えます。医療機関に通わずに行なう治療方法としては、頚椎を支えている周りの筋肉を鍛えてしまうという方法もあります。実際に長期間首の筋肉を鍛えていた人の場合には、頸骨の並びに異常が生じていても痛みやしびれを感じないというケースもあります。

これはかなり極端なケースですが、頸骨の並びを筋肉によって支えているのは間違いではないので、首の筋肉を鍛えておく事が頚椎症の予防になるというのは間違いではありません。加齢によって、様々な部分に痛みが出るのは仕方がない事です。早いうちから予防を行っておく事は有効であり、今始めた事が10年後や20年後に有効な効果を発揮する場合があります。

頚椎症の治療と手術について
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pvdyorcb
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pvdyorcb/index1_0.rdf