2015

January 01 [Thu], 2015, 22:18
あけましておめでとうございます。
サッカーがなくてひまです。とてもひま。ACLとか大変だけどやはり天皇杯決勝は元旦にやるべき。
暇なはずなのに、ついに年賀状を元旦、いや元日に書き終えるという今まで以上に年始を迎えるに相応しくない状態で年を越してしまいました。部屋の片付け?なにそれ?先に書いておきますが酔っています。

去年は初めて海外に行きました。9年間念願だったACLに。
この12年間で一番試合に行けたかもしれない。1月1日に始まって、メルボルンアウェイと鳥栖アウェイ以外は全部行ったね。

夏前からよーーーやくバグパイプ練習に本腰入り始めて、今さらながらずいぶん形になった感じ。まだまだですが。
スモールパイプ買ったのも去年だけど完全にオブジェ<(^o^)>
円安が進んでCDだとかの輸入がまるで進まなかった。CDはともかく、さすがにそろそろパイプのパーツを買わないと非常にヤバいので誰か何とかしてください。

あと年末に新しい家族が増えました。ヒョウモントカゲモドキ。
少食で悩んでいた彼(彼女?)も、おうちに迎えてちょうど2週間経ったところで1日4匹生活に。もりもり食べて今日ようやく10g。

そんな2014でございました。
お世話になったみなさんありがとうございました。
新しい年も突っ走っていくつもりなのでどうぞよろしくお願いします。
今年の目標はあれ、SuidAkrAのパイプパートを全部吹けるようになる\\\\٩( 'ω' )و ////

1週間経ったヒョウモンさん

December 21 [Sun], 2014, 11:46
ムクが家に来てから1週間。
ペットショップでは「1日平均4匹食べてますよ〜」と言われたものの、コオロギが育ってしまったからなのか未だ緊張気味なのかこの1週間1日1コオロギ。2匹目を差し出すと即顔そむけるし、置いておいても一緒に寝始めるしというのんびりっぷり。コーロギは育つ一方だし、余計に食べられなくなってもっと育っていくね・・・
どなたかハムスターにあげるコオロギが無くてお困りの飼い主さんはいらっしゃいませんか!!!

掃除のついでに体重計ったらまだ8gしかないし、ホントにベビーなのね。
それでも昨晩あたりから体が白くカサカサしてきて、脱皮の兆候ぽい雰囲気に。
日中も夜も外でぬくぬく(床暖エリアで)お昼寝マンだったのに、脱皮時期に加えて掃除で匂いが無くなったのも相まってシェルターに引きこもりday。

れおぱ

December 15 [Mon], 2014, 19:39
ヒョウモントカゲモドキが家族になりました。タンジェリン種。
ムクです。(性別はまだ不明)

捕まえてきたニホンヤモリを2匹ほど飼ったことがあるだけで、ちゃんとペットショップで買ってくるのも大きくなる子も初めて。
ちょっと大きなマックスノー種の子と目が合ってしまい、いやもうこれ買うしか…となっていたもののとりあえず店員さんに他の子も見せてもらうことに。
お休み中だった一角を起こしてもらおうと一体目を出してもらったら、振動で目が開いてね、うん、これがくっっっそかわいかったわけです。即お持ち帰りケテーイ。

店員さんとごはんの話をしていたら「カイコをあげても喜びますよ」って言われて、ウーン…となりました。
コオロギは手づかみ出来ても(ニホンヤモリちゃんたちのおかげで余裕になった)、カイコは見るのもちょっと…

お家に来て2日目、とりあえずピンセットコオロギで2匹ぺろり。
慣れるまではこんなペースかなー。
前は置き餌だったからコオロギをピンセットで掴んだことがなくてちょっと戸惑いましたね…

今日の

November 09 [Sun], 2014, 14:57
今日のバグパイプさん
・朝起きたらめっちゃ寒かったけど日が出て暖かくなったので久しぶりに公園に吹きに行きました
・日々の筋トレ成果が出てきて、リードがようやく一段階あがりました
・さすが雨予報Day!誰も居ないぜ!吹き放題だ!と思ってやっていたらどこからともなくおじさんが現れて、よかったよ〜みたいなことを言ってくれるイベントが3回くらい発生しました
・写真部みたいな5,6人の集団に突然写真撮っていいですか?と言われ被写体になりました(ものすごい困惑した)
・みんなバグパイプの名前は知らないのにスコットランド・イギリスの楽器ってことは知ってておもしろいなーと思いました
・足でリズム取るのになにかがよくなかったのか足首を痛めました

おしまい


ずっとなんとなく触っていただけだったバグパイプも、この1年くらいいろんなバンドに、人に、音に刺激を受けて、ようやくパイプと真っ向から向き合ってパートナーになれつつある気がする。
あまりの上達しなさに、最初からこの調子で頑張れていたら今頃どうだったのかなぁと思わない日はないけど、過去は戻らないしね。

早く円高回復してくれないとリードが買えなくてしぬううう。

MANOWAR 10/29@ZEPP DiverCity Tokyo

November 07 [Fri], 2014, 9:06
MAMOWAR行ってきた
熱い。熱すぎる。そして猛烈にカッコいい。偽メタルに死を!ってセリフを言うに相応しいFour Metal Kingsでありました。

開演前アナウンスで「大音量になりますので〜」って注意が入ったと思ったら、暗転と同時にステージから布が取り払われて、現れる巨大なスピーカー。
ライブ始まってみたらものすごい音圧で髪も服も揺れるばかりか体の奥まで振動が伝わってくるし、世界一うるさいバンドの照合も納得の音でした。
でも割れてるとか、音が悪いとかではない。ひたすら重低音の波動。
途中からカメラの映像がスクリーンに映し出されてたけどそれすらも音圧にやられて揺れてたね。あんなとこ初めて見ました。

MCも無くひたすら曲を演っ…殺っていくもんだから休む暇がないったらw
マノウォーサイン掲げたり腕振り上げ続けて、鍛えていないと耐えられないライブだった気すらします。
MCの代わりにスクリーンを多様していて、Kings of Metalの再録話とかジャケットアートの話とかなるほどね!と思うものばかりでした。
つべにいくらかあげているのを見るとKings of Metal用のやつだろうけど、あれをラウパでそのまま使うつもりだったとしたらちょっと微妙かなと思わなくもないくらいManowarrior向けだったかなと。
そしてThe Warrior Prayer、収録の様子交えながらのPVにはおじーちゃんと同じくらい大興奮でしたね。最後の掛け合いパートも会場全体でちゃんと出来たし。
劇中に多数現れたヴァイキングにはもちろんキャッキャしましt

コーラスも周り歌ってる人多かったけど如何せんSEの音が大きくて、大合唱になっている感じがしなくて少し残念だったかなとも。
ラプソの時までとはいかなくても、せめてコーラス部分だけは音小さくしてくれたらよかったのになー

私の一番好きな曲Heart of Steelは、最初にカールのメロディーなぞってのソロに乗せてスクリーンに"Fallen Brothers"として没命したManowarに関わった人とか黒澤明とか三船敏郎とかの写真が映し出されていってなかなか感動的で。Dio様とスコットが出た時は一際歓声が凄かったですね。
ちゃんとメロイックサインとマノウォーサイン使い分けるManowarriorたちさすがわかってる。
私はもうカールのギターで涙出そうだったのに、その後のHeart of Steel本編が3人が中央に座って静寂と共に始まる演出にこらえきれなくなってしまったよ。


一々ポーズ決めるディマイオは、格好とベースの長いネックも合わさってさながら北欧神話のフレイのようで。
日本語での長いMCもすげーカッコよかったです。内容が熱かったのは置いといてもよく覚えられたなっていうくらい長かった。すげーっす。

エリックは声も全く萎えてなかったし、腕振り上げポイントというかリズム取るシーンで両手首ぶつけあうのくっそカッコいいですね。
筋肉も素晴らしかった。あれが還暦の体つきだなんて信じられない。健康寿命を伸ばす秘訣は筋トレなのでは!?


ゴタゴタも手伝ったのか初日はZEPPがいっぱいにはならなかったし(来れなかった人もたくさんいたでしょうし)、真ん中あたりはあまりManowarriorぽくない人たちもいて、会場が一体になれていたかというと日本もっとやれんでしょ!?という具合だった。
今回なんとなくManowar来てみた人たちがマノウォーサインを惜しげ無く掲げるManowarriorになって、次回の来日は会場全員が兄弟なれたらいいなと思います。

日本まだまだこんなもんじゃねーからまた来てくれ!
Hail and Kill!!!!!

他のバンドは演る マノヲーはry

October 11 [Sat], 2014, 0:31
キタキタキター!!!!
-----------------------------------------
2014.10.10
MANOWAR出演キャンセルのお知らせ

10月18日(土)のラウドパークに出演を予定しておりましたMANOWARですが、9月22日に発生したLos Angels港の火災の影響による船便の遅れにより、バンドの機材の公演までの到着が困難な状況となり、やむを得ずラウドパークへの出演をキャンセル致しますことをお知らせ致します。
このような残念なお知らせをしなくてはならないのはアーティストおよび弊社ともに、大変に無念の思いでありますが、何よりMANOWARのラウドパーク出演を楽しみにしていただいていたお客様、ならびに告知ご協力いただいていた関係者の皆様には、ご迷惑をお掛けしますことを心よりお詫び申し上げます。
尚、出演キャンセルによるチケット払い戻しは致しませんので何卒ご了承ください。

アーティスト側とは代替機材の使用など協議を重ねましたが、
MANOWARがMANOWARたるライヴを行うためには自身の機材が不可欠ということを、双方理解のもと、ラウドパーク出演についてはキャンセルするという結論に至りました。

その上での協議の結果、別日程での単独公演というかたちで今回の来日公演を実現することとなりましたので、この旨併せてお知らせ致します。

MANOWAR単独公演日程
10/29(水)、30(木)Zepp Divercity Tokyo
公演詳細については、バンド側とLOUD PARKの18日公演および2日券のチケット購入者を対象とした優遇措置を協議検討しておりますので、この内容が決定次第、改めてお知らせ致します。
http://www.creativeman.co.jp/artist/2014/10manowar/

-----------------------------------------

私はMANOWARの出演が決まった時、今年もラウパに行こうと決めた。
だが去年同じように、「KING DIAMOND!?行く行く!!」
とチケットを買い、Mike Weadを見れるその日を楽しみにしていたら、前々日に突然のキャンセルというイベントが発生した。しかもKing様側とモメていた。
インギーのピロピロを見ながら、あぁなぜこの人が最後を飾っているのだろう…と涙したあの日を無駄にしてはならないと思い、いや別にそんなことまで思ってなかったけれどなんとなくチケットは買わず様子を見ていた。
案の定これである。

正直、単独は嬉しい。
嬉しいけど、せっかくならたまアリ規模の箱で見たかった。見るべきバンドだと思うから。

来年は三度目の正直かしら、それとも二度事三度かしら。
機材が届かないネタを繰り返すくらいなら、もうラウパ自体やらなくてもいいんじゃないかな
本当に機材が届かないんだったら船をクリマン側で手配するとかしたほうがいいんじゃないかな
そうだ船上でやれば怖くないぞ!70000TONS OF METAL in Japanだ!


久しぶりのブログ更新がマノヲーラウパキャンセルってどういうことじゃ…ライブ行ったりしてるんですけどあれ、勉強したりパイプ吹いたりゲームしたりパイプ吹いたりゲームしたりがなかなか…忙しくて…

人権研修会

September 06 [Sat], 2014, 12:23
崎戦でのバナナ振り上げ事件を受けて行われたマリノスさん主催の人権研修を受けてきました。

研修会は、今回のような人種差別に関わらず差別というものについて人権という目線からサッカーを通して考えようというのが本筋。
そして最後に、「FAIR PLAY, FAIR SUPPORT」の言葉のもとにマリノスサポーターとして何をしたらいいか何をするべきか何をしないほうがいいのか何をするべきではないのかと再発防止策を考えていくというもの。

しゃちょーが「禁止事項を増やしてもいたちごっこになるだけで根本的な解決にはならない」と言う話をしていたのと同じように、研修会の中でもあの行為はダメこれもダメっていう一方的な押し付けはなく(差別挑発ダメ絶対!ではありましたが)、なんのためにその行為をするのか?と自分が、自分たちがこれから取るべき行動について考えて意見交換できるスタイルでとてもわかりやすかったし、個々人が考えていくことで今後にも繋がりやすそうでいい方法だなと思いました。
今回の一件、差別意識はまるで無くて挑発行為が一線を越えてしまったという経緯がおそらく挑発NGの流れを作り出したのでしょう。

研修会の中でちょいちょい出てきた「ブーイング」についてが一番意見の別れるところであり難しいポイントかなと。
汚いプレーやミスジャッジ(と思われるもの)に対してのブーイングから、味方選手への叱咤の意味でのブーイング、ピッチの空気を引き締めるためのブーイング、そして挑発に繋がるような・むしろ挑発のためのブーイング。ブーイングと言ってもいろいろあるね。
個々人が一番やりやすい挑発行為としておそらくブーイングが上げられたのだろうし、今年初めのハマトラ紙特集にあったブーイング論についてもう一度しっかり考える時なのかも。この問題に関してがきっと一番意見を交わしやすいとも思いますし。
実際にこっち側がほとんどブーイングしない一方で執拗なブーイングタイムを繰り広げていた柏さんは、私にはちょっと滑稽に見えたりもして、あぁこういう風に見えてんだなぁってわかってある意味ありがたかったです。


みんなが危機感持って声を出して手拍子をしていた仙台とは打って変わって、音が伝達されずにコアエリアが孤立する形になって応援がズレズレになった三ツ沢柏戦。
自粛の中でも試合は行われていく。どうしたら応援がまとまるのか、と悩んでいる人もいるし、それよりも今回の一件について考えるべきなのでは、と言う人もいる。
相手がどうこうじゃなく、純粋にマリノスへの応援のことを考えているこの時間が、自然とFAIR SUPPORTへの一歩になっているのかも、そうだったらいいなとぼんやり思ったり。

Bagpipes Expo2014

August 12 [Tue], 2014, 16:53

浜松楽器博物館のバグパイプ博覧会に行ってきますた。
Redpipe奏者のパイパーさんが朝一で演奏すると言うので合わせて行ったら結果的に台風に全く遭遇せずというありがたさ。
ミニコンサートと展示とで、世界各国のフォークメタルバンドが使ってて聴いたことあるようなものから初めて見るバグパイプまで、たくさん見れて聴けて吹かせてもらえて非常に楽しかったし勉強になりましたね。
ハイランドの吹き込み強すぎでハイランドとガイタあたりにしか通用しないことにちょっとびっくりしたり、空気漏れまくりのパイプに全く歯が立たずにきちんと作られてるバグパイプっていいもんだなぁ…としみじみ思ったり、なんて発見も。

あとUillien PipesとGaita Galligaの生音素敵すぎて正直浮気したくなりましたよ…!
イリアンに関しては、ダクラに出会う前にIn ExtremoのLiamを聴いていたらイリアンやってただろうか…なんて妄想をよくするのです。それでもやっぱり手にしたのはハイランドなんだろうけどー。
吹き込み式のハイランドも最初はよくわからなかったしまぁ慣れなんだろうけど、イリアンに限らずふいご式のやつは現物見たら思っていた以上にとても難しそうでありました。リズム取れなさそうだ…

ミニコン最後のハイランド演奏もそれはそれは刺激的なもので。
実はパイプバンドの演奏を生で見るのは初めてで、動画とかはよく見るしどんなもんかわかってはいるつもりだったけど、実際に目の前で見たらもう緊張感と迫力がハンパなかったです。
もちろん音出しのタイミングは寸分違わずだし、演奏終了時もちょっとでもズレるとすぐわかってしまうほどの統一感に感動しました。
あそこまでストイックにやらないとハイランダーとは言えないよね、とは思うものの自分に甘い私にはむりd…頑張ります。


楽器博物館自体もとても興味深い展示が多くて、なんじゃこりゃ…考えた人の頭どうなっとんじゃ…っていう楽器がたくさんあって面白かったです。夏休みの自由研究にはぴったり!
私もバグパイプのことをもっと色々勉強したくなった。腕も磨かねば。

8月

August 02 [Sat], 2014, 6:40
こういうことを文字にしていいものか毎年悩むところではありますが、まぁ毎年恒例のことなのでご勘弁を。
8月になるとどうしてもいろいろ思い出してしまってちょっと苦しくなる。
ましてやここでアウェイG大阪戦という忌々しい記憶がばっちり蘇るところなのが憎い。

広島大阪名古屋大阪徳島仙台と遠方アウェイ多数の夏ではありますが、仲間や家族のおかげで全試合行かれそうだし、いつも以上にみんなへの感謝の気持ちを忘れずに過ごす3日間にしたいね。

きっと見に来てくれてるだろうから、今日こそは不甲斐ない試合なんて困りますよ。無失点こそ全てだ。
そんなわけで大阪行ってきます(´ω`)ノ"

Best 16

July 04 [Fri], 2014, 18:15
ベスト16の試合まで全部終わってしまいました。あと8試合しかないとか寂しすぎる…

リアルタイムで見た試合
ブラジル - チリ
コロンビア - ウルグアイ
ドイツ - アルジェリア
オランダ - メキシコ
クロアチア - ギリシャ(延長から)
アルゼンチン - スイス
ベルギー - アメリカ

結構見たっていうか1.5試合以外見ました。ちょっと延長多すぎではないですか(真顔)

大体どのカードも、左側(1位)が猛攻して右側(2位)が引き気味/ドン引きで守りまくってカウンターという試合だった感じ。(CRC-GREは延長戦だけだと逆だったみたいだけど)
私はサッカーと言えばやっぱり守備に注目しちゃうタイプなのでドン引き側のサッカーが面白くて仕方なかった。
自陣に8〜9人とかいてディフェンスラインが2列出来ていたり、何人もが重なるよう突っ込んで跳ね返すあたりにこれ守れるのか!とコーフンしたものです。
だって30本近く打たれて1失点とか尋常じゃないですよ…どれも声あげちゃうようなシュートばかりだったし。
そして僅かに生まれた隙の後ろで神セーブ連発するGK。もはやみんなスゴすぎて神セーブの基準がよくわからなくなってきましたね。
オチョアしかり、ナバスしかり、ノイアーしかり、ハワードしかり。なんなんですかゴールを難攻不落の城にしてしまうこの武将たちは。
ベスト16に関しては間違いなくキーパーたちの大会でしたね。ノイアー以外が脱落したのが残念でならないし16位まで決めてください。

結局全カードでGL1位抜けしたチームが順当にベスト8進出したあたりを見ると、きちんとGLで振るい分けされてるということなのかなと。勝ち点も得点も、あと1点を取れるチームが先に進んだということなんでしょう。
日本の言う「自分たちのサッカー」が何かわからんけど、守備は二の次だ、取られたら取り返す、と言うのなら少なくとも今大会でグループリーグ勝ち上がれなかったのは当たり前だったんじゃないですか。守備も疎かでシュートも打てないチームなんて決勝トーナメントはお呼びじゃない。
それじゃなくても決定力が無いと言われている日本人が、取られたら取り返せるほどベスト16のゴールは広くないね。GLのゴールも広くなかったみたいだけど。

(結局推してた)ウルグアイはまぁあれですね、スアレス劇が大きすぎたのと、フォルランに関して言えば4歳年をとるというのはこういうことなんだなぁってしみじみ。
4年前と2/3が同じ選手って、ここまで先を見据えたチーム作りはすごいことだし、そりゃあ連携とか無問題なんだろうとは思うけど、みんなが同じように動けるわけではなく、ちょうど脂が乗ってる時期になった選手もいれば老いてしまった選手もいる。なんでフォルランほどの選手がセレッソになんか…って思ってたけど、ストライカー不在の穴を埋められるほどの動きは見られなかった。迫力はウルグアイ一だったけれど。
カバーニは相変わらず守備的FWを貫いていた(貫かざるを得なかった)けど、後ろに下がると前線にボールの受け手がいないし、クロスも合わなくて孤立していくばかりで、ゴール前でのカバーニらしさが見られず残念でした。
守備の面ではルガーノがいなかったのも精神的な部分で大きかったのかもね…


推してたチームが次々と敗退していってしまったので残りどこに注目しようかなーと考えたりするだけでわくわくが止まらないね。
コロンビアがブラジル相手にどこまでやってくれるかとても面白そうですよね。いや残りの試合全部面白いに決まってる。





ロッベンのダイブだけは認めないぞおれは!ヽ(`Д´)ノ
P R
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Y.A
  • アイコン画像 誕生日:10月13日
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-マリノス
    ・音楽-HR/HM
    ・楽器-バグパイプ
読者になる
管理人はこんなヤツです。
プロフィール代わりに50の質問
└前半戦、自分についてと好き嫌い編
└後半戦、パソコンと自分について編

last.fm
twitter
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/puyu3/index1_0.rdf