寄る年の波には逆らえず・・・。 

2006年11月21日(火) 5時48分
 最近、どうも疲れやすい!そして子供達を寝かせた後に再び起きれない!!のであります。

 こう思い始めたのは夏休みが終わってからぐらい・・・。それまでは子供達を夜8時ぐらいに寝かせた後、9時か10時に再び起きて(自然とね) お風呂に入ったり、ケーキを焼いたり、勉強したり・・・。そして再び1時か2時過ぎに寝るという生活だったのに・・・。完璧深夜型人間だったのに、最近はもっぱら超朝型に!!

 実はすごくいやなんだな、これが。 夜だと落ち着いていろんなことができるのに、朝はまず空腹のため、ご飯!! 珈琲をいれたり、アイロンをかけたりしてるとあっという間に家族が起きてしまう・・・。 朝ほど家族がバタバタする時間がないので私も人格がなくなり、そのまま送迎&学校へ・・・。(予習もまともにできてないのに・・・)

 さらにはなーぜか雑務が多く、(当然といえば当然。連絡もすべて日本語じゃないので) 車もないのでとーっても時間がかかる!! 年末は世界共通慌しく、こちらも同様で・・・忙しく。 冬時間になってしまって日本とも連絡がとりにくくなり、完璧、陸の孤島・・・

 これは寒くなってしまったために布団からぬけにくくなったのか、単なる年のせいなのか?(多分、年だと思う。) 弟夫婦にも子供が生まれたし、名実ともに「おばさん」になって (もうとっくの昔? ほんとはもっと頻繁に電話したいんだけど・・・、時差が。) 腹回りもふやけきって・・・。 これからは自覚&鍛錬なのかな?

音楽教室。 

2006年11月07日(火) 7時19分
 長男が9月から音楽教室に行ってます。 週に1回、近くの学校であるので幼稚園の後、直行してます。 日本でも年長さんといえば「お稽古事」に皆が通いはじめる年頃。 ドイツでもボチボチと始まります。

 基本的にドイツは音楽、バレエ、サッカー、水泳と芸術&スポーツ系が主流です。最近は英語やヨガも人気です。 長男の音楽教室はミュンヘン州立なんですねー。 何がいいかといえば、やはり、1)「安い!」(1年間で128オイロ) 2)途中でやめてもまたやめた時の段階から再開できる。 3)近くの学校なので送り迎えが楽。(冬が厳しいので結構、高ポイント!車も持ってないし)

 今はまだギターを演るとか、ピアノを弾くとかのレベルじゃないのですが、言葉を歌にかえていくというか、ト音記号を体の中にいれていくというか、、「楽譜は言葉なんだ。音楽は生活の、体の一部なんだ、」って感じです。

 でも、この音楽教室に事件がありました!! 9月から始まったばかりなのに、先生が急に時間変更を言い出したのです!! 「現行2時から3時を5時から6時にしてほしい。」と。 これには12人の親(これで全人数)が猛反対! すぐさま授業時間1時間の間に「話が違う! 署名運動だ! 教育委員会に提出しなければ!!」となりました。

 そしてすぐにリーダーが決まり、署名が集められ、翌日には提出! 結局、次の授業までに時間変更はお流れとなり、全ては元通りに進められ・・・。 (先生はちょっとかわいそうだったかも・・・)  でも、2時から3時だからやらせてるのに、5時から6時もイヤだし、遠くなってもいやだし、私としては一安心。 

 それにしてもドイツ人の行動力の速さと決断力の速さと、率直な意見や抗議を躊躇なく表に出せる潔さに驚かされました。

お、お、お誕生会!! 

2006年11月07日(火) 6時53分
 なんと、我が息子が6歳になりました!!{キャンドル} 去年は闇に流したお誕生会も今年は流すことができず、なんと!!やってしまいましたよー。

 うちの子も含めて総勢8名。始める前はいろいろと緊張していたのですが、思ったよりもスムーズに事が進み、無事終了! 招待状を書くことから始まって、ケーキも焼いて(ブラウニー。それも混ぜて焼くだけで味もグッド!) これでもか!という程の派手な飾りつけ!(昨日、子供と3人でやりました!!)

 思えば長男を産んでから、一人の時間なんてナカナカ持てず、「やれ、他の子とケンカしないか。」 「ほら、あー、また兄弟ケンカしちゃってる・・・。」 なんて小さな事でも全て心配の種で、気の休まることなんてないまま突っ走ってきましたが・・・。

 彼も大人になったんですねー。 ドイツ語もいつのまにか一人前。誰と遊んでも大きなケンカもケガもなく、いっちょ前にリーダーシップを発揮して、しっかり仕切ってくれました。 私だけではドイツ語もイマイチだし、どことなく頼りなくて、子供達も困っただろうけど、すっかり親ばかですが、彼のおかげでみんな楽しんでくれたみたいです。

 これも全て今まで私達を支えてくれた友達みなさん、親戚みなさん、先生たちのおかげ。この場をかりてお礼もうしあげます。日本にすんでる皆もみんなみんな、どうもありがとう!! 忘れないでね!!これからも謙虚さと感謝を忘れず、がんばっていきます!!

スイスでの出来事。 

2006年08月20日(日) 6時18分
 ミュンヘンが異常な暑さだったためか、パソコンの調子が本当にイマイチでした・・・。8月に入ってからは随分と涼しくなりましたが・・・。 そして約1週間、スイスに行って来ました・・・。

 今回の大きな出来事は
1)ホテルの客&スタッフが全部ドイツ人、もしくはドイツ語オンリー。 その上コミュニケーションが豊富すぎることがモットーだった為、かなーりドイツ語三昧のつらい日々・・・。 それなのに毎日何かしらイベント&ダンスパーティーがあり、こんなにハイテンションなホテル&ドイツ人を初めて見ました・・・。 すごすぎ!!

2)ドイツ人しかいないので文化も生活も全てドイツ人向け。そのため、サウナも混浴かつスッパダカ!  みなさん、前も隠さずスッパダカだったので日本人&タオルを体に巻いていた私って・・・。男13人に女2人(内、ドイツ人女性ももちろんスッパダカ) これもかなーりキツカッタです・・・。 老若男女問わず一室に入れるドイツ人って????

3)全身海草パック&マッサージとお顔のエステを受けてきました・・・。 おかげさまで全身ツルツル&ピカピカ。 顔の歪み&くすみもとれて、足のむくみもとれて超ハッピーです。

4)そして一応、スイスらしく電車にもケーブルカーにも乗りました・・・。  

 が、泊まったホテルの強烈な個性がすごすぎて、ノックダウンです! 子供は一日中、お姉さんが面倒を見てくれるので長男は朝から晩まで超ハイテンションな1週間。 (ご飯も食べさせてくれるのでとってもありがたかったです・・・。) ドイツって本当にこういうホテルが多いので助かります。

 どうやら私達が泊まったホテルはドイツ国内で有名なイベント&コミュニケーション&家族向けホテルのグループだったみたいで、リピーターもとても多いようです。 ちなみに話した人達はみなリピーターさんでした。(15年来ている人も!!)

 子供がとても喜んでたので、我が家もリピーターの道を歩いてしまうのか?と半分びくびくしています。(でもとってもいいホテルでした!!)

蜂にやられた・・・。 

2006年07月27日(木) 7時05分
 この10日間の間に2回も蜂にさされてしまいました・・・。 一度目は10日前、瞼に。2度目は昨日、太ももに・・・。

 一度目はさすがに病院に行きました。瞼だったので目に何かあったら恐いので。 幸いにして腫れだけで済んだのですが、翌日はドイツ人の誕生パーティーに呼ばれていたのに眼帯姿で行ったのが残念でした・・・。 さらに金曜の夕方に刺されたので、救急しか空いてなく&夕立にも直撃されてまさにノックアウトされてしまいました・・・。

 昨日は太ももだったので病院にも行かず、薬局に行って薬を買いました。でも、ただでさえ太い太ももが2倍ぐらいに腫れてまるで象の足状態です。

 一度目の瞼の時は夕立が来そうだったので、慌てて外に出て自転車をしまおうとした所、蜂とぶつかってしまうという不運・・・。 2度目は子供達が幼稚園を出たところで遊びはじめて「ああ、早く帰りたいなあ・・・。」とボーっとしていたら、ちくっと・・・。 黒いTシャツを着ていたのですが それがまた不運を呼んでしまい・・・。(もう夏に黒は着ない!と思っています・・・。)

 今年はドイツ観測史上初の記録的な暑さらしいです。街の木々も暑さを水不足で枯れてきてしまってます。そのためか蜂も動きが活発になってるのか、まさに「何故ゆえに?」の世界です。 

 さらにこの間は階段を下りるために友達の子供のベビーカーを一緒に持ち上げていたら、落ちてしまうし・・・・。 不運というか、年のせい? これでしばらく厄からおさらばさ!と自己満足に走ろうと思っています。

ある日のおママゴト。 

2006年07月18日(火) 6時04分
 昨日は息子はパパと一緒にスイミング、娘と私はお留守番・・・。
娘 「ママー、おままごとしようよ。」
私 「そうだねえ。」
娘 「ママー、何が食べたい?」
私 「うーん、果物かなあ。」
娘 「レモン焼いてあげようか?」
私 「えっ?!レモンを焼くの?」
そういって見たらスイカを焼いていました・・・。

息子の友達〜その2〜。コソボ人の男の子 

2006年07月14日(金) 4時19分
 ドイツは7月が別れの季節です夏休みを境に新学年が始まるからです。 去年の10月から今の幼稚園に通い、先生にもお友達にもとても恵まれました。なのでまた息子の友達について・・・。(内輪ネタですみません。)

 ドイツは憲法で難民を拒否してはいけないため、本当にいろんな国の人がいます。約10年ぐらい前にあった東ヨーロッパ内の戦争によっていろんな国の人がドイツにやってきました。 そして自分の国が落ち着いても帰らず、ドイツで生活してる人もたくさんいます。

 息子の友達の一人であるAD君もその一人。 お母さんも本当にすごいいい人で頭がさがります。彼らは大きな1LDKに家族4人で住んでるのです。 部屋数は少ないですが、すごく綺麗にされてます。 一部屋を子供部屋兼、寝室にしています。お姉ちゃんが一人部屋を欲しがってるのでそろそろ引っ越したいらしいのですが・・・。 「でも学校は変わりたくないし、どうしよう??」とのこと。

 

息子の友達〜その1〜 L&B 

2006年07月14日(金) 3時50分
 息子の友達はいい子ばかりです。今までにA君(イタリア人とトルコ人のハーフの子)、M君(悩んでいたら大きくなれないと言ったトルコ人の子)のことは書きましたが、今日は純粋ドイツ人の双子ちゃんについて・・・。

 彼らは男の子と女の子の双子なんです。特に男の子(B君)が息子と超!仲良しなのでほぼ毎週どちらかの家で遊んでいます。 私は車を持ってないのでいつも向こうのお母さんに申し訳ないな、と思いつつ甘えさせてもらっているのですが・・・。

 うちで遊ぶ時は必ず双子の女の子(Lちゃん)も一緒で、その時は娘が一緒に遊んでもらってます。 もちろん、双子ちゃんも兄弟ケンカをします。 さらに力では男の子が勝っちゃうので、Lちゃんは体に生傷が絶えません・・・。

 でもおもしろいことがひとつ! 今日はB君が興奮しすぎて調子にのって、Lちゃんにプロレス技をかけてしまい・・・(どこでも全く男の子は・・・) 一方的にLちゃんがやられてしまい・・・泣いてしまいました。 するとB君は自分の腕を出し 「噛んで!」、Lチャンも素直に 「ガブ!ガブ!ガブ!」 

 うちの子も爆笑! みんなも爆笑!! 「ああ、いつもこうやってケンカを回避してるんだなあ。」と微笑ましくなりました。 双子って見てるだけだととってもかわいいけど、ケンカにしても何をするにしても、お母さんはとても大変だと思います。 でもこうやって上手にコントロールしてるなんて見事!

 ちなみにB君は大きくなったら超ハンサムになりそうな顔立ち。 その上、すぐさま自分の非を認めて「噛んで!」なんて言えるなんて将来有望!!!」  

 9月から学校に行ってしまうのがとても残念ですが、未来あふれる子供達の前途を祝福したいと思います。

ためいきばかり・・・。 

2006年07月05日(水) 7時44分
 ついにドイツが負けてしまいました〜。 大、大、大ショックですー。 優勝を夢見ていたのに〜。 それだけにショックが大きいです・・・。

 予選が終わってからは毎回ギリギリの勝ち方をしていたので、ハラハラしていましたが勝利のあとの爽快感がたまらなかったのに・・・。 優勝を目指していただけに3位決定戦なんてやる気も失せます。(多分選手たちもそうだろうなあ・・・。) バラック(ドイツのキャプテン、実は大ファンだった。ついでにレーマン、ボォロウスキも好きだった・・・)も大泣き。 涙をポロポロ流して泣いていました・・・・。{ごめんなさい} (それだけ全てを賭けていたんだね。まさに男の美学!) 

 3児の父でもあるバラックがあれだけ泣くなんて、やはりワールドカップは特別なんですねえ・・・。8月からはイギリスに移籍が決まっているし、ミュンヘンも淋しくなります。 それにしてもイタリア人!せこいぞ。服とか姑息にひっぱってんじゃない! すぐ自らこけるな! 審判もちゃんとイエローを出せ! 大ブーイングだったじゃないか! (アナウンスによるとメキシコ出身の主審だったみたい・・・。) 街も打って変わって死んだように静まり返っています・・・。

 TOKIO HOTELも最近はヨーロッパでのプロモーションがメインで本国ドイツでの露出は少ないし(でも8月に新曲を出すみたいです)、ドイツも負けるしで・・・。ああ、私の楽しみが・・・。

 最後に独断を偏見で決めていた「イケメンW杯」を発表します。
1.ウクライナ(意外や意外。雑誌等持ってる方はチェックしてみてください)
2.スイス (まあ妥当かな。)
3.イタリア (妥当だけど、くやしいからスペインに変更!)
特別賞はドイツ! 試合中にぶつかった相手にも声をかけたり、本当に紳士的でよかったです。その優しいところが仇となってしまったのでしょうか?

ミニミニW杯観戦!! 

2006年07月04日(火) 17時23分
 土曜日の夕方、ご近所さんの庭でバーベキューパーティーがありました。 普段からパーティーが大好きなご夫婦なので、総計15家族ぐらいが集まりました!! 子供達も隣家の庭で遊べたりで毎年大好評みたいです。(クリスマスもあるんです。)

 我が家の近所はとても国際的です。 ドイツ、フランス、スペイン、イギリス、ルーマニア、トルコそして日本です。そしてみなさんサッカーが大好き! その日はフランス対ブラジル、イングランド対ポルトガルの試合があったので、急遽テレビを持ってきてみんなで大歓声!! イギリスは負けてしまったのでとても残念がっていました・・・。

 そして忘れてはならないものが料理!です。 自然とみなさん、お国自慢の料理を持ってきます。我が家もおはぎとカルピスを持っていきました。 カルピスは評判がいいと聞いていたのですが、あまり人気がなかったです・・・。 「夏はやっぱりビールだよ! 」だからでしょうか? でもおはぎは人気がありました! (私にとって意外でした・・・) きな粉おはぎを作っていったのですが、「なんでも試してみないとね。」などといいながらほおばってくれて、「いけるわ!」とか言ってくれてよかったです。 ドイツ語ばかり(もしくは英語)の世界なので多少、疲れはしますがとっても楽しかったです・・・。
P R
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:puunya
読者になる
Yapme!一覧
読者になる