相談件数が圧倒的に多い甘え鳴き&アマガミ

July 27 [Fri], 2012, 11:04
相談件数が圧倒的に多い甘え鳴き&アマガミにスポットを当てたいと思います。

「甘えてキャンキャンと鳴くので家事ができないんです・・・どうすればいいでしょうか・・・」
「うちの子は始終サークルから出して!と鳴いています。育犬ノイローゼになりそうです。。」
「私の姿が見えなくなるだけで吠えて吠えてもう止まりません。トイレにも行けません・・。」
「甘え鳴きがひどくてまいっています。家族全員フラフラです。」
「興奮して噛み付いてきます。痛くて子供は泣いてしまいます」
「アマガミがひどくて、どのようにしたらいいでしょうか?」
「おもちゃを与えても手に向かって噛み付いてきます」


何千頭とご縁を持たせて頂き、何千回このようなご質問にお答えしてきたでしょう・・・・
つまり、子育てに置いて必ずみなさんがぶつかる壁と言えるでしょう


鳴くということには理由があります。子犬はは何かしてほしい事ががあって鳴いているのでしょうね・・・
鳴き続けると精神的にストレスがずっとかかりっぱなしになりますし、
喉が枯れて声帯に炎症を起こす子もいます。
精神的ストレスが続けば極端に抵抗力が下がり、感染症に掛かりやすくもなりますし、
腸内環境も変わり、軟便、下痢便するようになります。

犬は鳴くものとわかっていても、鳴き声に一日中向き合う飼い主様は、ほとほと疲れてしまうこともあるものですね!
そもそも子犬はなぜ鳴くのでしょう?
 その意味を理解していると、対処もうまくできるようになります。

言葉を持たない犬にとって鳴くことは唯一のコミュニケーション手段です。
空腹や生理的不快感(暑い、寒い)などを鳴き声で知らせています。
中には、体の不調を鳴く事で知らせる子犬もいます。排便前に騒ぐ(鳴く)のはそのためです。

もうひとつ、鳴く要因の一番の原因が心理的要求です。

子犬が鳴いて騒ぐ理由として挙げられるのをいくつかご紹介します。
○お腹がすいた
○体調が悪い
○ストレス発散したい
○暑い、寒い、うるさい、まぶしいなど不快に感じている事がある
○甘えたい、かまってほしい、遊んで欲しい

では、鳴いている時はどうすればいいでしょう?
まずは生理的な不快感を取り除く事が大切です。
暑くないか、寒くないか、お腹がすいていないか、喉が乾いていないか、
ベットが濡れていないか、トイレが汚れていないか・・・

子犬の不快に思う要因は無いと判断したら、これは心理的要求と言う事になります。
鳴かせ続けると子犬は体調を崩します。疲れてしますのです。
中にはもう声がかすれて出なくなっても鳴く子がいます。
喉が痛いでしょう・・・苦しいでしょう・・・・
それでも、ぬくもりが欲しくてたまらないのです。

子犬の寂しい気持ちをなんとかしてあげたいと切に願います。

では、心理的要求にどのように答えてあげればよいのでしょうか?

答えは抱っこする、お散歩する、遊んであげるなど子犬の要求を満たしてあげる事です。
そのためにせひ、当店の抱っこバックをご利用ください。


子犬はまだ危険がわからないため、そのまま抱くと、急に暴れて腕からすり抜け落下する危険があります。
鳴いたからといって、抱き上げながら何か作業をするのは大変危険です。
実際に不注意から子犬を落下させて骨折させた方を何人も見てきています。
抱く場合は必ず床に座りしっかりだくとこが大切なのです。
しかし、他にしなければならないことが山積み、子犬を抱くばかりに時間を使えない・・・
鳴く子・甘える子・子犬を落ち着かせたい時、安全に素早く鳴き止ませたいとき
抱っこバックは、とっても効果的です

抱っこバックは精神安定剤の役目を果たします。
子育て疲れのママの精神状態を安定させ、不安や悩みを一気に解消します。
また、子犬にとっても夢のゆりかごです。ママを近くに感じながら、愛情いっぱい受け止めて
ぐっすり眠りに付きます。



今までは、子犬が鳴いてもずっと構ってあげれられない場合今まではどうしていたでしょう?

その1、家事をせずに落ち着くまで抱っこしておく
その2、泣かしたまま家事をする

こんな無理のある選択肢かありませんでしたよね?

これらも躾のためには重要であるため仕方ないと考えておりましたが
当店では、子犬の感情育成をもう一度見直し、子犬専用の抱っこバックの作成に取り掛かりました。

安全性を重視し、危険がないように工夫しながら、子犬用の当店オリジナル抱っこバックがやっと完成しました。
まずは抱っこバックの中が一番落ち着くという事を、子犬に教えてあげるんです。
抱っこバックの中が大好きな子に育てるとお互いに精神的にとても安定した状態で子育てする事ができます。
乳児期の親子間の強い絆が赤ちゃんの健全な発育にとって不可欠であるという研究結果が、近年増えてきているのです。その絆を築き、深める最も容易な方法の一つが「抱っこ」です。
抱っこは、子犬の肉体、知能、精神、心理、犬格に大きな影響を及ぼし、触れ合いが性格の安定しない性質を生むという事をおっしゃる方もいます。子犬同士のふれあい同様、大切な事と言う考え方も出てきています。



 ・ 身体、精神、運動神経、平衡感覚、などの健全な成長
 ・ 子犬に自信を植え付け、自立心を芽生えさせる
 ・ 環境(ストレス)への適応能力を高める
 ・ 社会への適応能力の高い性質を形成
 ・ 幸福な犬格の形成
 ・ 知能を高める
 ・ 鳴く時間が減少する
 ・ 飼い主様との絆を深める

子犬を長時間抱っこするには、次のことを考慮して選ぶことが大切です。

 ・ 子犬と装着者にとって心地よい
 ・ なるべく大きい面積に体重を均等に分散し、特定の場所に負担をかけない
 ・ 手が自由になって動き回れる
 ・ 子犬の成長や状態(活発または寝ているなど)に合わせて使用方法を変えられるもの


人間の赤ちゃんが生まれたら必ずどこのご家庭で
おんぶ紐は用意しますよね?子犬だって同じです。産んでなくったって、大切な家族の一員です。


「鳴くので出してあげると噛み付いてくるんです・・・・」
アマガミと甘えなきの関連性について聞かれる事のあります。

鳴くことが直接アマガミと関連するかは分かりませんが
鳴くから出してあげるという飼い主の行動を理解していて
出して欲しくて(遊んでほしくて)要求で鳴いていると思いますよ・・・

出してもらったので遊んでいる内に
興奮状態になり、本気で噛んでしまうのかもしれません。

また、犬のアマガミは人間の赤ちゃんがおもちゃを噛む行動とは少し違って
カミカミするという程度ではありません。

力が付いてくると噛み付いて激しく振ったりします。
アマガミ自体は好意を示す行動で、甘えたいとき構って欲しい時にします。

また、犬の噛む行動には沢山の意味があり、甘えたいときだけでなく、
犬が遊ぶ時は口を使い、噛んで遊びます。
犬の口は人間の手の役目もあり、口を使って様々な行動をします。

ひどく噛み付いたり、必要以上に追い回したり、噛み付いたところを振り回したりしてくる時は 本能が呼び覚まされてそのまま興奮状態に以降していると考えられます。
プードルやダックス系は元々は猟犬でした。獲物を捉える際にトドメを刺す時、獲物を振り回したりします。
犬が本来持っている性質なので仕方ありません。

子犬ははまだ小さな子供です、 気持ちをコントロールするのが難しいはずなんです。

出してもらった事にしゃぎすぎてしまって興奮しているのだと思います。
興奮状態だと様々なモノに噛み付いたり、振り回したりする事がありますが子犬の成長過程で当たり前の行動なので心配ありません。

では、「要求に答えず無視するのが一番いいでしょうか?」という結論に至る方がおりますが
答えはNOです。

サークルから出さないこと=要求を押さえつける訳ですからそれが良いとは言い切れませんね・・・


無視する事は要求を増やさない事ではあると思いましが
子犬の気持ちを無視して心を殺す事でもあります。


ブリーダーであり、ショップという立場でなく一人の愛犬家、飼育の先輩としてのアドバイスします。

躾するためには、それ以上要求させないように無視をしたりする事も必要です。
でも、子犬の気持ちを考えたとき、果たして無視が出来るでしょうか・・・?
犬は言葉を持ちませんが感情のある動物であり愛情深い動物です。

鳴くと出してくれる遊んでくれると学習した子犬ですが、
出してもらうと当然遊びモードになりますよね?
遊び始めるとアマガミが始まります。
噛む行動は犬にとっては遊びなので、アマガミをしたからと言ってケージに戻す罰を与えていると
「遊んでいるのにどうしてすぐまだもどるの?まだ足りないよ〜出してよ〜」とまた鳴く繰り返しです。
その気持ちが激しい要求吠えになり、子犬にとってフラストレーションが積もっていきますので
癇癪を起こしたように鳴き続ける結果になります。

ケージが「お仕置き部屋」になってしまうと、さらにケージ内に居る事を嫌い、出して欲しいと訴えます。

要求に応じて出してあげたのであれば、しっかり遊んで子犬の気持ちを満たしてあげる事が大切かと思います。
心地よく遊び疲れるとケージに戻しても鳴いたりせず、眠ると思います。入れたらまた吠えるを繰り返す場合は、満たされていない状態です。

満たされてない状態でケージに戻しても、さらに吠えると思いますから、心が満足した状態で戻してあげるとそこはお仕置き部屋でなく、心地のスペースに変わります。
ケージの中は子犬にとって心地よく安心できる場所でなければなりません。


犬の遊びエネルギーはかなり使いますので、遊び過ぎに気がつかず、
低血糖を引き起こす事もありますから、遊びすぎは禁物です。
ある程度満足する程度に遊んであげたら、最後は抱いて落ち着かせてからケージに戻すのがいいです。

遊んで抱いてあげて満足したら激しく鳴く行動は無くなると思います。

人間に置き換えてみると子育てした事があるお母さんは経験があるのではないでしょうか?


赤ちゃんが泣き続けて、何をしても泣き止まなかったとき、おんぶしてお散歩にでた経験がありませんか?
また、助手席に載せて眠りに着くまでどこまでもドライブした経験もあるのではないでしょうか?
なぜ、泣き止んでくれないの!と怒ったり恨んだり、そんな自分を責めたりしながらみんな悩みながら子育てしてきたのではないでしょうか?

覚悟を決めて、夜泣きに朝まで付き合う覚悟を持った時、初めて赤ちゃんの気持ちに寄り添うことができましたよね?この子の個性を認めよう、この子の気持ちに向き合おう、この子は私の子だもの、どんな事があっても
私がこの子の安心できる場所になろうと覚悟が出来たとき、とてもよい関係を築くことが出来た経験がお有りですよね?

犬は言葉をもたないので、小さな赤ちゃんと同じだという事を理解してくださいね!
子犬も人間の赤ちゃんも同じです。言葉をもたないのでうまく表現できずに鳴く(泣く)事で
感情を伝えているのです。



子犬が鳴いた時は、満足させてあげてください。まだワクチンの終わっていない子は
抱っこバックに入れて、近所をお散歩してあげてください。
気分転換にもなり、カンガルーの袋のなかのような心地よさにリラクゼーション効果もあります。
さらに、お散歩に慣れる(外の音、風を感じる)練習としても効果が高く、
幼い頃から、抱っこバック利用する方が増えています。

当店ではこのような子犬の情緒の発育も考えて、抱っこバックを推奨しています。







お迎えしてから1〜2週間目でのお悩みとは?

July 03 [Tue], 2012, 14:16
子犬をお迎えして1〜2週間でこのようなお悩みメールを沢山頂きます。

それはみなさん同じ行動に悩まされるということであり、マニュアルどうりの当たり前の成長をしている
つまり、保育検診で考えれば合格という事なんです


それは、過度のあまがみや興奮行動、
今まで出来ていたおトイレがうまく行かない等です。・・・・でもそれも立派な成長のあかしなんです。

「とにかく見るものすべてかみつき、手はもちろん、歩くとついて回りズボンのすそまでかみつきながら追い回します。」

「狂ったように部屋中をぐるぐる走り回り止まらないんです・・・ストレスがたまりすぎているのですか?」

「部屋中の物を噛むので怒ると唸って噛もうとします」

「今まで出来ていたのにおトイレが出来なくなりました」

「朝早く目覚めて鳴くようになりました」


このようなメールをよく頂戴します。
こんな場合は当店ではこんなアドバイスをします。子犬を迎えた方はみなさん大体同じような事で悩まれます。

同じような事という事は子犬はみんなそのような行動をするという事なのです


でも、これらの行動は順調に成長している証拠です!環境に慣れてきたので(環境ストレスが軽減したため)他のなんにでも興味を持っているんですね・・・

甘えな気が過剰になることも、正常です。朝鳴くようになるのは、明るくなると起きてきてくれると学んだ結果、まだなの?どうして来てくれないの?と鳴いているのでしょう・・・

また、一度、鳴いて来てもらった経験から鳴いたら来てくれると思っているのだと思います。寂しくて鳴いてしまうのはまだ幼いため感情のコントロールが難しいためです。

人間も同じです!小さい子はママを呼んで泣きますよね(#^.^#)
ママと認識した証拠ですよ

トイレができなくなるのもちょうど時期です。(みなさん同じ、お迎え後1〜2週間です)
これも環境に慣れたため、とにかく他に興味が次々移り、集中しない為です。

放すとぐるぐる走り回る行動も環境に慣れて危険がない事を学んだので走るのがとにかく楽しくてうれしくてしょうがないのです。

これもよく見られる正常な行動です。この頃からよく見られるようになります。

アマガミが加速して興奮状態で近くに手があれば牙をむいてかみつく事がありますが、威嚇しているのではなくまだうまく感情のコントロールができないのです。

手に必要以上にかみつく場合はだまっておもちゃを差し出しておもちゃに関心をむけてください。痛い!と騒ぎ立てるとますます興奮しますのでだまっておもちゃを渡すのです。

音の出るおもちゃなどが最適ですね! 対象物を手からおもちゃに移す事で甘噛みに悩む事はなくなり、犬も満足するだけおもちゃを噛めるのでその方法が一番いいです。

音を鳴らして気を引いたりひっぱりっこして本能を刺激したりしておもちゃで遊ぶことを覚えさせます。

そうすると自然とおもちゃで遊ぶ事でストレス解消してお留守番もおもちゃを入れてあげるだけでずいぶんおりこうさんに遊んで待っててくれるようになりますよ!

洋服やスリッパなど物質的なものは犬にとってはすべておもちゃです。しかし、現実のおもちゃとそうでないものの区別を教えないとならないです。

何か噛んではいけないものを噛んだら、音の出るおもちゃで気を引いてそのまま興味をおもちゃに移します。そしてダメなものは子犬の前から消してください。人が歩くだけでも興奮してしまうそんな時期です。

そのため、足元に絡みつき、ジーンズなどを噛んだりとにかく動くものすべてを追います。犬の本能です。危険なもの、ダメなものはとにかく見せない事です。

噛んだりしているときは興奮状態ですので無理に引っ張ると噛んだり唸って威嚇したりします。まだ幼いため感情のコントロールが難しいためこのような行動をします。

トイレもちょうどできなくなる時期です。これも環境に慣れたため、とにかく他に興味が次々移り、集中しない為です。

すべて大人になれば収まってきます。

今はとにかくなんにでも興味があり、すべて上の空、感情の赴くままに行動する時期です。

成長過程で当たり前の事で順調に成長している証拠ですよ。 飼い主さんは危険が無いようにだけ配慮してあげてください。 なんの心配もないです。
子犬の成長を楽しんでください^^

夏場に特に集中する質問が「おトイレで寝てしまって急にトイレが出来なくなりました」です

暑いと思ってひんやりマットを敷いてあげてもひんやりマットの感触が苦手でが嫌いな子もいます。なので、おトイレで寝てしまうこともあります。ひんやりマットより、麻や綿の涼しいサラっとした布やタオルを敷いてあげてみてください。

また、今の時期は暑いので80%の子がトイレで寝ています。毎日数件「トイレで寝れしまいます・・・」と連絡がきます(夏のご質問の定番です^^;)
答えはただ単純に暑くて、ベットより涼しいトイレを好んでいるのだと思います。
人間だってあまり暑いとベットでなく、畳の上で大の字で眠りたいですよね(#^.^#)

気温が下がるとちゃんとベットで寝るようになりますので時期を待ちましょう・・・

子犬はウンチ、おしっこはトイレにするとは分かっていますが、トイレで遊んではい
けないと区別する位の認知はまだないです。
遊んだ場所や、餌を食べた場所がたまたまトイレだったとしても
犬はそれがダメとはわかりません。

トイレに寝たりトイレにおもちゃを持ってきて遊んだりする事がよくあり
ます。
単純に今の自分がそこが心地いいと感じているからだと思います。
温度が上がるとひやっとした感じが心地いいのでトイレで寝たり遊んだりする子が急
増します。夏場はとほとんどの子がトイレでくた〜っと伸びて寝ています。

寒いとちゃんとあったかくてふかふかな所に行きます。
犬の行動学として当然の事なのですが
トイレを遊び場にするのは衛生上よくないでしょうから、トイレで寝ていたり遊んでいたりしたら、
おもちゃななどでベットに誘導してみてください。

トイレで寝るようになると当然ベットで排泄するようになりますから、困りますよね
叱るのではなく、根気良くベットに誘導してあげてくださいね!



疑問、質問、お困り事

July 02 [Mon], 2012, 12:29
当店では、生涯に渡り長期にフォローしていきます。ご安心ください

当店では子犬をお引度しする前に、トイレトレーニングのやり方、トイレに関する便利グッズのご紹介、フードの与え方、アマガミの対処の仕方、その他細かい事まで、時間をかけて丁寧にご説明させていただいてます。
でも、お家に迎えてからの疑問や、わからない事が出てくるのは、当然だと思います

特に初めてわんちゃんを迎えた人は、心配事もでて来ますよね!
当店では誠意をもってアフターフォローさせていただいてます。

当店でお迎えされた飼い主様からの疑問、質問など誠意を持って丁寧にお答えしております。
相談メールは24時間体制でお受けしております。

下記はお客様の不安、疑問の一例にアドバイスさせて頂いた内容です


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(飼い主様の疑問、不安  咳、くしゃみについて)
注意するように言われていたのですが、
チョコアが夜中から咳やくしゃみをします!!(> <)
良ければアドバイスいただけますか(> <)とっても心配です


(当店の回答)
お知らせ頂いた咳ですが、元気、食欲があるなら少し様子を見ていただけますか?
空輸直後は咳する子が多いので(飛行機の気圧と関係あるのかな?)2〜5日で落ち着く場合が多いです。
ただ、日増しに増える場合は抗生剤の注射してもらうといいと思います。

送り出すとき、咳をしている状態で送る事はないのですが、
たまに到着後、咳してると言う方がいるのです・・・・
普段は完全管理の犬舎にいるのですが、準備でトリミングルームに行ったり、お店で待機したり、空港貨物室での待機があったりで
環境変化によるストレス性軟便と同様、一時的に抵抗力が下がるのかもしれないです。

行く前もルンルン尻尾フリフリすこぶる元気だったけれど、内心はストレスがかかってたかもしれないですね・・・
誰だって知らない場所は不安ですもんね・・・

お手数お掛けしますが少し様子を見てあげてくださいね!
当店ではワクチンも咳(犬パラインフルエンザ)もきちんと接種して抗体をあげていますし、
完全な管理で徹底して消毒、除菌などしているのですが、ウィルスは目に見えない事と
感染は抵抗力に大きく関係しているので、環境が変わった直後に起こりやすいんですね^^;

環境に慣れると自然と咳も落ち着くと思うのですが、軽い咳は1ヶ月続く子もいますので
様子を見て、次回ワクチンまで状態が軽く続いているようなら
先生にお話してみてくださいね!

軽い咳(食欲、元気があり咳だけ続く場合)はウィルス急いでなく乾燥した空気などに反応するアレルギー性の事もあり、
抗生剤を1ヶ月の飲ませても良くならないけれど、季節が変わる頃自然としなくなったりする子もいます。
その場合は毎年その時期になると咳がでるようです。

いずれ、チョコアちゃんの体調をチェックして悪化する前に診察してあげてくださいね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(飼い主様の疑問、不安  軟便、排便前の行動について)
昨日はありがとうございました。
昨夜は夜泣き?のような事はありましたが、少し撫でると寝入ってくれました。
今朝6時頃様子伺いをするとうんちをしていました。
その後約1時間の間に3回便をして最後は軟便でした。
食欲はあるので様子をみたいと思います。

1.我が家についてからくしゃみをします。家がほこりっぽいからでしょうか。
2.トイレをやけにひっかきます。その後うんちをするのでそのサインでしょうか。
3.玩具をトイレに持ち込み遊びます。それは良しとしてていいのでしょうか。
お時間がありましたらアドバイスお願いします。


(当店の回答)
こんにちは

環境が変化しているので軟便になるので少し様子を見てあげてくださいね!
ご質問お答えしていきます。


1.我が家についてからくしゃみをします。家がほこりっぽいからでしょうか。
犬は緊張したときや、飼い主の指示を待つ間などくしゃみをすることがあります。
緊張を和らげる行為と言われています。どのような行動をしたらいいのか色々考えて緊張気味なのだと思います。

2.トイレをやけにひっかきます。その後うんちをするのでそのサインでしょうか。
ウンチのサインではなく、ひっかくと音がするので遊んでいるのだと思います。


3.玩具をトイレに持ち込み遊びます。それは良しとしてていいのでしょうか。
はい、仕方のない事なので今はOK  いずれ教えて行ってください。


軟便ついて
元気があり、食欲があり軟便がでる場合は環境変化によるものか
または水分が多い場合です。食事が多くても軟便になります。

軟便の場合、フードをふやかすお湯も少なくして、フードはいつもより固く、少しウェットであれ
ば 完全にふやかさなくてもOKです。
食事を3回から2回に減らしてして様子を見てください。

それでも続く場合は検便をオススメします。当店ではすべて駆除しておりますが子犬の為強い薬が使えないので
駆除しきれない場合があり、駆除しきれず残った回虫が環境ストレスにより活性化し腸内に悪さをしているのかもしれません。

下痢便が続くと腸壁が傷ついて剥がれて、セリー状の物に血が混じるようになりま
す。

軟便の後は残便感があり、何度も力む体制をしますので便が緩い間はゆっくり落ち着い
て自分のペースで排泄できるようにサークルから出さずに
休ませてあげてください。


トイレを遊び場にする行動
子犬はウンチ、おしっこはトイレにするとは分かっていますが、トイレで遊んではい
けないと区別する位の認知はまだないです。
遊んだ場所や、餌を食べた場所がたまたまトイレだったとしても
犬はそれがダメとはわかりません。

成犬になってもトイレに寝たりトイレにおもちゃを持ってきて遊んだりする事があり
ます。
単純に今の自分がそこが心地いいと感じているからだと思います。
温度が上がるとひやっとした感じが心地いいのでトイレで寝たり遊んだりする子が急
増します。

寒いとちゃんとあったかくてふかふかな所に行きます。
犬の行動学として当然なのですが
トイレを遊び場にするのは衛生上よくないでしょうから、トイレで寝ていたり遊んでいたりしたら、
おもちゃななどでベットに誘導してみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(飼い主様の疑問、不安  アマガミについて)
引き取って1ヶ月が経ちますが噛みグセが直りません。何かよい対処方法はありますでしょうか?

(当店の回答)
こんばんは
アマガミは必ずある事で正常な行動ですので心配ありません。
あまりにひどいときはダメ!と大きな声で叱ってください(体罰はNG、声だけ) ナナちゃんが理解している事が最も重要です。
子犬がこれは遊びでは無いと思わなければ意味がありませんので・・・・ ひどく噛み付いてくる時は アマガミが悪いと分からずそのまま興奮状態に以降していると考えられます。
教えた事は出来て当たり前でなく出来なくて当たり前なんです。 子犬ははまだ小さな子供です、 寂しい気持ちをコントロールするのが難しいはずなんです。 まだいろんな事
に興味がありすぎてはしゃぎすぎてしまっているのです。
そんな入り混じった感情が興奮に繋がったりする事もあります。

興奮状態だと様々なモノに噛み付いていく事があります。

興奮してアマガミしてくる場合は、アマガミのターゲットをナナちゃんから離し、例えば手ならば、手を噛めない場所まで挙げて口から離します。
すかさず、おもちゃの音を鳴らして興味をおもちゃに向け、おもちゃを噛ませます。
この行為の目的はターゲットを人間がコントロールする事にあります。
おもちゃで遊ぶ楽しさを学べば他の物は自然に噛まなくなります。
アマガミの度、これを繰り返していくと、手は噛んではいけない、おもちゃはいいと学びます。

しかし、噛むターゲットが靴下だったり、ナナちゃんのおもちゃ以外のぬいぐるみだったりする場合は
まだ、自分の物と他人の物の区別は当然つきませんので、洗濯物に噛み付くといった場合にはナナちゃんの届く位置に置かないなど
基本的な対策が必要です。【噛んではいけない物はナナちゃんの届くところに置かない】これは鉄則です。

今は色々な物を噛みながら、噛んではいけないものを理解していく時期です。
アマガミは生後8ヶ月過ぎる頃(成熟期)には自然と消滅します。
今は時期だと覚悟して付き合ってください。

ただ、鉄則をご家族みんなで守らないと成熟期になっれも噛んではいけない物を学べないままの子がいますので
【噛んではいけない物はナナちゃんの届くところに置かない】こちらはお守りください。
よろしくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(飼い主様の疑問、不安  食事、歯磨き、食糞、成長による行動の変化)
こんにちは、ごま&こつぶママです。
多頭飼いライフ、とっても幸せな毎日で癒されています。
今日はご相談と質問があり、ご連絡いたしました。


@
最近、2匹ともドッグフードを食べなくなりました。
最近はドッグフードを半分以上残すようになりました。
やはり原因はおやつでしょうか?

A
サークルの中のトイレで眠っています。
何かいい躾方法はありますでしょうか。

B
こつぶは必ずトイレで眠ります。自分のトイレで排泄したことがほぼありません。

B
こつぶは自分のやごまの排泄物を食べようする時があります。
これはなぜでしょうか?

C
散歩のときに人に遭遇すると、誰にでも寄って行って、
人懐っこいね〜と言われていたごまですが
最近は人にも(極まれに)犬には100%吠えるようになりました。


D
歯磨きはいつごろからするべきでしょうか?


(当店の回答)
こんにちは
ご質問に添いながら返答しますね!

●ドッグフードを食べなくなりましたやはり原因はおやつでしょうか?

月齢的にも丁度自我が芽生えて要求を通そうとする時期におやつの味を覚えたので
フードでなくおやつを好んで食べていて、頑固にもらえるまで反抗していると思います。
お腹が空けば仕方なく、手で与えられても仕方なく食べるけれども、できることならおやつが食べたいのだとおもいます。
食べなくて心配だから仕方なくおやつをあげると思い通りになりますので
おやつはしばらく与えないでください。
置き餌はOKです。お腹が空けば食べますし、どうしても心配なら手であげてください。
手であげて食べてくれても自分から食べても同じく摂取出来ていると言うことなのでどちらも問題なしです。

●A、Bトイレについて・・・・うまくできない場合は初心に戻ってしつけ直しが一番です。
月齢的に考えても、知恵がついてきて、わざとの可能性もあります。つまんない!おもしろくないな〜という気持ちだと
分かっていてわざと違うところでしたりします。自分にもっと関心をもってほしい合図と考えてください。
トイレに寝たりトイレにおもちゃを持ってきて遊んだりする場合
単純に今の自分がそこが心地いいと感じているからだと思います。
温度が上がるとひやっとした感じが心地いいのでトイレで寝たり遊んだりする子が急
増します。

寒いとちゃんとあったかくてふかふかな所に行きます。
犬の行動学として当然なのですが
トイレを遊び場にするのは衛生上よくないでしょうから、トイレで寝ていたり遊んでいたりしたら、
おもちゃななどでベットに誘導してみてください。

食糞について考えられることは、おやつの臭いが糞に残っているからだと思います。おやつを与えると食糞する割合がとても多くなります。

Cこの現象は多頭飼いが原因ではなく、成長が原因です。子供でなくオス成長してきている証拠でとても自然な行動です。
自分以外のトイレを使いたがる行動もマーキング行為が見られてきたためだと思います。こちらも成長の証です。

D今は口の中に手を入れても嫌がらないように慣らす、犬用はぶらしを噛ませるなどでOKです。今歯磨きしても乳歯は抜けるので意味がないので
今はあくまで練習、歯磨きは嫌な事でなく、楽しいことと覚えさせる時期です。
乳歯が抜けて新しい歯が生え始めたら、生涯使う歯なので、歯磨きしてあげてください。

よろしくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(飼い主様の疑問、不安  おトイレの失敗)
4ヶ月になり、体の色も変わり、体もおっきくなりました☆
毎日元気です☆
相談なんですが、トイレの事です。。。。
ゲージ内ではトイレは100パーセントの確率で出来るのですが、
家の中に離してしまうと、失敗します。。。。。

(当店の回答)
おトイレの失敗の原因は放す時間が長いのだと思いますよ^^
おしっこしてから出してあげるというのは正解です。
ただ、そこからが長いんじゃないかな?
排泄後でも1時間放したら戻したほうがいいです。
まだ膀胱は未熟ですから、おもらしは当たり前で、きちんと我慢してしたくなったら
サークルに戻れるようになるのは大人になってからです(1歳前後)
体が決まる頃には、膀胱も発達し、貯めれるようになるので我慢ができるようになります。
その頃になれば5時間放していてももらさず、サークルに戻ってするはずです。
今、排泄をするタイミングをみてサークルに戻すようにしているなら
入れられるのが嫌で、サークルに近づかないと思います。
したくても戻れない状況を作ってしまっていると思われます。
そわそわしたら慌てて戻す、失敗したら戻す事はやめて、徹底して排泄後時間を決めて出すようにしてください。
つまり、出来ないことに対しても罰ではなく、排泄をサークル内でしたことに対してのご褒美でなくてはなりません。
今のやり方だと、リッキー君にとって、我慢して漏らしてしまうか、隠れてするかの選択しか出来ないとおもいます。
遊ぶたい気持ちを我慢できる月齢ではありません。
遊びが優先ですので、戻される事を嫌います。それが普通の行動なので
飼い主様がやり方を変えてあげなければならないです。

基本トレーニングは、
排泄後1時間放してゲージに戻してあげて、
ゲージで出来たらまた出してあげるをくり返します。
少しつづ時間を長くして放す時間1時間を2時間して戻すをまた繰り返します。
2時間で失敗したら、1時間に戻す。2時間で成功していたらばらく続けて
様子を見ながら3時間にしてみる。このように伸ばしていきます。

叱ったりすると、逃げ場を失って、膀胱炎や膀胱膜が破れ入院する子もいます。
飼い主様が追い詰めた結果です・・・悲しいですが・・・
今はできなくて当たりまえの時期です。気長に接してあげてくださいね〜

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(飼い主様の疑問、不安  涙やけ)

涙やけが目立ってきてしまいました。どうやってケアすればいいでしょうか?

(当店の回答)
涙やけは1日3回程、ほう酸水で拭いてあげるだけでもだいぶ改善されます。
1包を500CCの解いてペットボトルに入れて冷蔵庫で保管すると2日位は持ちます。


その液を朝、昼、晩、コットンに染みらせて拭いてあげてください。
強くこすらずやさしく

ポイントはチョコ君がいい気持ちで行える事です。
無理にすると絶対やらせなくなり、逃げ回り、抱っこも出来ない子になってしまいます。


おやつを与え抱いてリラックスしている時のマッサージしてあげてそのついでに目もやってあげます。
一瞬でささっと終わらせてください。
コットン含んだほう酸水は冷たいとびっくりするので人肌に温めてください。

目を触るときは声をかけながらやさしく・・・
嫌がったら無理しないでください。

基本、気持ち良いと思ってもらわなければ続ける事は困難です。

ホームセンターでも涙やけ除去剤は売っていますが漂白剤が入っているので
プロは絶対に使いません^^;

ネットで調べるとサプリメントも売ってます。(数があるので選択が必要ですが・・・)


病院に行くと手術などという医者もいるので気をつけてください。(利益を得るためなんでもメスをいれたがる医者は多いです)
手術をすすめられた場合でも、きちんとリスクを考えて判断してくださいね!
私個人の考えでは絶対反対です。

涙やけは流涙症とも言います。
目と鼻と口に繋がっている涙小管や鼻涙管が屈曲していたり、管が狭くなっていると、目からしか涙が排出されなくなるため、一日中涙が出たり目ヤニが多くなる病気です。
酷い時には、朝起きた直後は目ヤニが多すぎて目が開けられないという場合もあります。


このように生活に支障するほどひどい場合には病院で手当してもらう必要があると思いますが、子犬の時は目の筋肉がまだ未熟で涙は出やすいのが普通です。
お手入れだけで十分だと思いますよ。
よろしくお願いします^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(飼い主様の疑問、不安  排泄について)

何か良いお考えがないかお聞かせねがえないでしょうか。

1.おしっこをトイレトレーの端でするようになり、毎回ケージの床に溢れてしまっています。
  癖になりつつあるようです。

2.ごくたまにベッドのほうでうんちをしています。どうやら、はじめはトイレで始めるものの
  すぐにベッドに移動しているようです。

3.主人にはおとなしいのですが私が抱いたりブラッシングしようとするとキッと目を向いたり
  噛み付いてきたりする時があります。

当たり前の成長ですのでご安心ください。ご質問にお答えしていきますね!


(当店の回答)
@おしっこを端でするようになったのは体が成長したので
アトム君はちゃんとしているつもりだと思いますので叱らないでくださいね!
ダックスは胴が長いのでこのような失敗がよくありますよ(#^.^#)

対策としては、トイレを大きいサイズに変えると改善されると思います。

Aに関しては、トイレでしているけれども、終わる前に戻ってしまうんですね・・・
こちらもアトム君はちゃんとしているつもりだと思います。
早く遊びたいとか、ウンチをしている所を見られたくないとか、理由は色々ですが
このような子も沢山いますよ
まだまだ落ち着きの無い時期ですから、この行動に関しては大人になれば収まると思います。

Bに関しては、パパは自分より上、ママは自分より下と順番を決めつつあるのかもしれません。
ブラッシングの際に叱ったり抑え付けると逆効果なので、ブラッシングはパパに任せたらいかがでしょうか?





このように当店では飼い主様の不安が解消されるまで何度でもアドバイスさせて頂いております。










お迎え後、数日でご質問頂くので、これからお迎えされる方も参考にしてください。

May 03 [Thu], 2012, 20:10
お迎えしてから、数日すると、「来た時はおとなしかったのに後追いして鳴き止まない」と
ご相談お受けする事があります。

皆様同じように感じてらっしゃるようなので、この場でアドバイスさせて頂きます

お迎えいただいた2〜4ヶ月齢の子犬は月齢的にも丁度自我が芽生えて要求を通そうとする時期なので
その時期と重なって、環境が変わったので、甘えられる、希望が叶うかもしれないと感じているのかもしれないです

どの子も当店に居たときは、
要求行動もないです。
ケージの近くに行くと寄ってきて尻尾フリフリしますが、過度な後追いはしません。

当店では沢山の子犬がいるため、きちんと距離をとって子犬に接しています。
当方はしつけも飼育もプロですから適度な距離の保ち方のさじ加減を熟知しています。
つまり過度な甘やかしはせずともきちんと愛情はかけて育てています。

子犬は過度に甘えていい人(要求が通りそうな人)と適度を保って甘える人(自分より上の立場と理解している人)ときちんと理解して分けて接しているという事なんですね
そう考えれば、ものすごく頭がいい子なんですね!
きちんと状況を理解して態度を人に寄って変えているのですからね^^;
数日で新しい家族を理解して、環境に適応しているのであれば、すごい事です
(犬の理解力の高さに感心します)

でも、この位の月齢の子は前日抱いたりすると、たった1回でそれを覚えて要求するようになる事があります。
急激に知能が発達してきた証拠です。

お迎えのお客様には必ず1週間はサークル内で、健康状態をチェックする期間を設けて
抱いたりしないようお願いしていますが、かわいい子犬がやってきたら
触りたくもなりますし、やはり抱っこしたくなっちゃいますよね・・・

でもこの1週間の過ごし方で子犬の態度はずいぶん変わってくるんです
1週間の間は、この人は餌をくれる、排泄を取り替えてくれる、自分にとって見方だと理解してもらえればいいんです。そして環境に慣れてから、この人は遊んでくれるし満たしてくれると覚えて貰えればうまく家族の一番下の位置に子犬が入ります。
しかし、迎えてすぐに抱っこや甘えの要求に答えてしまったら、
子犬はもっともっと要求を強め、従わせようとします。
つまり自分が上の位置に立とうとするのです。
それが犬の本能ですので自我を通そうとすることは当たり前の行動で
その行動を人間がうまくコントロールできるかによって子犬の態度が変わってきます。

小さな子供に対しては乱暴だったり、いい付けを無視するなども犬の本能である序列がそうさせています。


鳴いたり吠えたりの要求は学習による物ですから、
鳴いても吠えても要求をのんでくれないと学ばせなくてはななりません。
一度学んだ事を変えさせるためには、時間も手間も掛かりますが頑張ってください。


可哀想ですが、キャリーケースのような狭い場所の方が落ち着くのでそこに入れて
暗い静かな部屋で休ませてください。

吠えている内は絶対に出さない事を徹底して、
ぐっすり眠っている時に、起こしてかまってあげてください。

可哀想ですが、吠えると構ってもらえず、お利口に寝ていると遊んでもらえるんだと学習させる事が目的なので
理解するまでは続けてくださいね!

環境が変わって、ものすごく不安で神経質になっているため
鳴いているのかもしれませんね!ある程度の無視は学習の為、仕方ないですが叱る事はやめてくださいね

また、一人にさせるときは沢山のおもちゃを入れてあげる事で解決する場合もあります。
おもちゃは寂しさを紛らわす効果と夢中になる効果もあります。
代わる代わる入れてあげると飽きずに遊びますし、そのうち、お気に入りのおもちゃができて
そのおもちゃに執着するようになります。
いざというとき、そのおもちゃを与えてあげると夢中で遊びだし、鳴いたり後追いしたりしなくなります。

子犬を迎えてから、生後1歳になるまでは子育て期間です。せっかくなら楽しんで子育てしましょう
人間の子育てと同じで甘やかすだけでもダメでメリハリが大事です。



「お留守番だよ」って言って出かけますか?

January 17 [Tue], 2012, 15:27
お留守番の時、困った行動をする子も多いので
お留守番時に役立つ情報をお一つ・・・

毎日同時刻に出かける訳ですから、学習して出勤時間がわかるようになり、
時間が近くなるとそわそわしたり、鳴くようになる事もあります。
迎えた直後はまだ時間的な流れがどのようになっているか把握できてませんから大丈夫と思いますが
、1週間位で大体時間を学習します
過度に声をかけたりぜず、トイレにいくようにさりげなく、
なるべく出かけることがわからないように行った方がいいですね。
その方が興奮させません。出かける前に声をかけたり、構ったりすると出かけることより、
その前の行動(構ってくれる、注目してくれる)を求めて騒ぐようになります。

お留守番しててね!行ってくるね!などの声かけは十分理解出来るようになって
興奮感情をコントロールできる1歳過ぎ頃
から始めてもいいかと思います。
ある程度成長すれば理解も出来るようになり、飼い主様が居ない時はゆっくりと落ち着いて
自分の時間を過ごせるようになってきます。
今はそっと出かけたほうがいいかと思います。
幼い内は「行ってくるね!」「お留守番だよ」などの言葉はまだ覚えさせないで、
一緒に出かける時、「お出かけだよ!」とかを教えたほうがいいです。
そうすれば、お出かけ以外のこの時間は何もない時間だと学習すると思いますので・・・

帰ってきたときもすぐに声かけや触ったりすると興奮するので、まずは荷物を片付けたりして5分位してから
構うようにしたほうがいいです。ママ、パパは帰ってきたらすぐに構ってくれると学習すれば触ってくれるまで騒ぎますので、なるべく同じ行動をしないように、帰ったらますは自分の事を終わらせて、
余裕ができてから遊んであげた方がいいです

お留守番して偉くて褒めてあげたい気持ちだと思いますが
声をかける程度にして、抱いたり遊んだりするのは後回し(可哀想ですが)
あくまでも人間のペースを崩さないのが犬の育児のコツですよ〜

子犬は2頭一緒に迎えてもいいの?

January 16 [Mon], 2012, 23:08
このご質問もたまにあります!
わんちゃん飼いたいんだけど共働きで、お留守番される事が多いからかわいそうで・・・
とわんちゃんの飼育を迷っているいる方も沢山いらっしゃいますね!

でも、どうしても飼いたい気持ちが強くなったら、やはりわんちゃんと一緒に暮らしたいですよね?
だって、わんちゃんとの生活の中で得られる満足感や幸福感は何よりも代え難いですもの・・・・

そんな方には2頭同時飼育をお勧めしています

子犬から2頭飼育することは、逆に子犬にとって、とても良い影響を与えますので強くオススメします。
初めて犬を飼育すると、大抵の方は、ひとりぼっちでかわいそうと3ヶ月立たない位で2頭目がほしいとご来店されます。
なので、子犬購入時に最初から、お留守番だいじょうぶなか〜?寂しくないかな〜?と心配されてる方には
2頭飼いをオススメしています。
当店はお値段が通常の半額以下なので、ご予算内で2頭同時に購入される方多いですよ〜

2頭で居る事でお店で実施しているパピー教室の縮小版が実践できます。
つまり、子犬教室に通わなくても
社会性を身につける事ができるんです。

また、同じ月齢の子だと同じ行動を同時期にして同時に成長していきますので
成長の目安も付きやすく、扱いやすくなると思います。
人間の場合は双子は2倍の手間が掛かって大変といいますが、犬の場合は
2頭居ることで、性質も安定し、犬同士の関係、人間との関係をそれぞれ学ぶことができるので
いいことばかりです。
なので、数頭で飼育されているわんちゃんはとても賢くワガママがないのです

犬は元々群れで暮らしていた動物ですから、1頭になれば分離不安や依存などさまざまな問題行動が起こる場合があります。
2頭飼育する余裕が無いというご家庭では、しかたなく1頭だけお連れになります。
しかし、将来的に2頭目を考えているなら同時飼育を強くオススメしています。

一番いいのは、生まれた時から一緒の兄弟を同時飼育することです!

普通のペットショップなら市場から兄弟バラバラにして1頭だけ買ってきて、展示するので難しいですが
当店なら、1頭もバラバラにする事なく兄弟みんな一緒に飼育して、社会性を学ばせていますから、お客様も兄弟で暮らしている所を実際にご見学出来ます(店頭て公開してます)兄弟で居ると子犬たちもとてもリラックスしているので仲良く遊んでいる姿がご覧になれます。お客様は実際ご覧になってその中から、仲の良い2頭をお選び頂きお連れになる事が可能です

自分の家で生まれた子でないとナカナカ兄弟飼育は難しいですが当店なら実現できますので
ぜひ、贅沢な兄弟飼育を検討してみてくださいね〜

よく、インターネットで兄弟犬探しってしてますけど、結局はバラバラに業者が仕入れていくので兄弟犬ってカナカナ見つからないんですよね

ぷっちん出身のわんこはみんなぷっちんが責任をもってご家族に直接お譲りしているので
兄弟犬の成長がブログで確認出来ます。
みなさん、それを楽しみに成長をお知らせしてくれます

ブログをご覧の方で生年月日添えて画像頂ければ、ご案内させてもらいますので
兄弟犬がブログをご覧になっていれば、ブログ内で再開出来るかもしれませんね

餌を食べなくなった?

January 16 [Mon], 2012, 22:59
餌を食べてくれなくなったとご相談いただくことがよくあります。

実はワンちゃんのムラ食べ、遊び食べに悩んでいる人って多いんです。

フードを食べなくなったのは、フード以外の物をもらえると学習したのだと思います
頑固な子だと2週間以上もフード食べない子もいます。
飼い主さんは大体3日で根負けして何か与えてしまうので
犬も学習してもらえるまで餌を食べなかったりします。

中にはもう何年もおやつしか食べてないという子さえ居ます

でもそれでは、体に悪影響が出ますので、やはり栄養素の十分取れるフードを与えなければなりませんね。

方法としては、フードをふやかして与えてみる。
犬用の缶詰めを混ぜて与えてみる(この場合は舐めるだけで終わってしまう場合があります)

フードをふやかす際に、犬用ミルクや、鰹節でだしをとっただし汁などでふやかしてあげると
臭いがして美味しいので、食べてくれると思います

後は飼い主様と犬との頑固比べになりますので
あまり食べなくて、フラフラしているような場合は、獣医さんに相談してみてください。
低血統などの場合は、点滴などの処置などがあります。
(フラフラになっても餌じゃなくおやつをくれ〜と頑固に我を通す子もいますから^^;)

普段全然食べてくれないからと餌を調合して、じゃがいもをダシで煮込んだり丁寧に丁寧にしている方がいますが
ホテルなどで預かると普通に硬いままバリバリと食べたりしますので、犬も人を見てわがまましていい人と
そうでない人をちゃんと区別しているようですよ〜

犬は体調が本当に悪いと餌だけでなく美味しいもの(りんご、さつまいも)も食べなくなります。
美味しいものだけ選んでいるという事は元気な証拠です

食べるけれども量が減ったという場合は成長期が過ぎたということなのかもしれませんね

多頭飼いしている場合は競争心を煽るので慌てて食べる子が多く
悩む事はないのですが、1頭だけで飼育しているとよくありますので
そんな経験されている方、工夫して栄養が取れるように育ててあげてくださいね〜

おトイレ失敗の原因???

January 13 [Fri], 2012, 12:47
子犬をお迎えいただいたみなさまにお話している「迎えて2週間からの問題行動」についてですが、
まぁみごとぴったりの時期にみなさまから、「トイレができなくなった〜」、「アマガミがひどくなった〜」など
慌ててご連絡を頂きます。

そんな時、こうお話します

「迎えて2週間の難関を丁度迎えているのですね!
見事にピッタリですね^^
とっても順調ですよ〜
ものすごく順調に成長している証拠です」


今は成長期を沢山楽しんでください!
子育ての苦労があってこそ、一緒に居る楽しさや充実感、安らぎもより一層深く感じられることと思います。

時が経ち、成長すれば懐かしく思い出すことでしょう・・・・


一番やんちゃな時期ですのでしばらくは子育てに手を焼くかもしれませんが
これも子犬の成長と心得て、成長を楽しんでくださいね!

ペットシーツ破く場合は、網目が付いていて破りを防止するタイプのおトイレを使用すれば解消しますよ!
網まで見えるかな?全体に網目があるトイレです。かなり高い確率でシーツひっかきますので
最初から網タイプをご用意することをオススメします。



後みなさんが、迎えて2週間頃、必ず通る難関がトイレです

よくよく話を聞くと、トイレをしつけたいあまり、間違ったやり方をしている方が多いです
「そわそわし始めて トイレかな と思いそちらに移動させても我慢してしまうので・・・」と飼い主様

ちょっとまって〜、ウンチ頑張っている時に抱き上げちゃダメなんですよ〜
ちょっとしたコツ教えますね



おトイレのしつけはサークル内でトイレとベットを分けてサークル内で行うのが基本です

排泄時ゆっくり出来ないと膀胱炎になったり、排泄時に構うことで集中が出来ません。
我慢しているのではなくて、集中できないので排泄できないのだと思います。
自然界では動物は排泄時お襲われたらたら終わりですから、見られたり、声かけられたりすると排泄できなくなります。

そわそわしたときは声をかけず、抱き上げたりせず、見ないふりをしてください。
排泄が終わってから近づいて片付けをします。
間違ったときは、黙って片付け、出来た時が褒めるチャンスです。

おトイレでしたときは、排泄後すぐに「おトイレでおしっこできたね〜偉いね〜いい子だね〜」と褒めてください
「おトイレ」「おしっこ」「えらい」「いいこ」など単語を決めて同じ声かけをしてください。
特に「おトイレ」「おしっこ」「うんち」などが重要です

犬は関連つけで覚えますので
おトイレ→おしっこ→ママが褒めてくれると学びます。
そして「トイレ」という言葉とトイレが一致して初めて自分がした場所がトイレだと認識します。



絶対してはいけないのが間違ったとき、あ〜と声に出したり、だめだよ〜などと声かけしてはいけません
あくまで間違った場所にしたときは無視、無関心です。

排泄後少ししてから片付けるのがいいでしょう・・・
排泄後すぐ片付けてしまうと、正しい場所でなくても排泄=構ってくれると思ってしますいます。

正しい場所でした時だけ、すぐに褒めてくれて構ってもらえると思わせることがコツです

がんばってみてくださいね〜




同時期飼育のお勧め

November 16 [Wed], 2011, 16:07
わんちゃん好きな人は多頭飼いは夢ですよね!多頭とはいかなくても、1頭ではわんちゃんも寂しがってしまうので2頭飼育されている方がほとんどです。
もし、いつかは2頭目と考えているなら
思い切って、最初から2頭迎えてみるというのはいかがでしょうか?

通常ペットショップでは市から個体を1頭づつ仕入れして展示しますので親も兄妹もわかりません。当店はブリーダーショップのため、兄妹で紹介しています。兄妹は生まれた時から一緒に過ごしますのでとても仲が良く相性がよいのです。先住犬との相性を見たいから数日間、一緒に暮らしてみてからお迎えしたいと言っても無理ですし究極に相性の良い子を探すという事は不可能に近いですね!同時に生まれ育った兄妹に叶う訳がありません。

もし、いずれ迎えたいという気持ちで
初めての子犬を飼う方は同時飼育をぜひご検討ください。

当店はパピー教室という枠の中で子犬同士が常に接触しながら暮らしていますので兄妹でなくてもクラスメイトならとっても仲良くできます。

例えば、トイプードルかチワワで迷ったとき、クラスメイトなら2頭同時飼育が容易です。
また、トイプードルかチワワで迷ったとき、
ミックスと考えるとすれば、兄妹ならチワワ、プードルの気質、容姿を兼ね備えたミックス犬が何通りも楽しめますね!

当店で育った子犬で同時期飼育なら同じケージでも喧嘩もしませんので飼育用品も1頭分で済みますね!また当店ではパピー教室は大体生後2〜3ヶ月で卒業しますが、同時に迎える場合は、そのまま教室が延長されて行くので今後の飼育がとっても楽です。

特にわんちゃんは元々群れで暮らしていましたので
他にわんちゃんが居ると、とっても落ち着いて「人間対犬」、だけでなく「犬対犬」の関係も出来るので
とっても飼育しやすくなります。

同時飼育を検討されている方は相性のいいわんこなど、アドバイスしますので
お気軽にご相談くださいね!


おトイレちゃんとできてますか?アマガミ困っていませんか?

September 02 [Fri], 2011, 14:58
子犬をお譲りした直後は当店のパピー教室の成果もありおトイレバッチリなのですが
2〜3週間立って環境に慣れてくると失敗をしちゃう子結構多いんです・・・

そんな方はぜひお試しを!

放していればおトイレの失敗は当たり前なので
一度サークル内でトレーニングを徹底してみる事をお勧めします
(当店でしつけをして頃のように初心に戻ってもう一度やり直しをします)

(パピー教室の様子)

放す前にきちんと排泄が済んでいますか?排泄したら放すを徹底して、
放しで遊んだら30分ほどでサークルに戻して
もう一度排泄させて、排泄したらまた出してあげるを繰り返して
少しづつ放す時間を長くして調整してあげるといいです

放している時間を短かければ短いほどと排泄の失敗回数は減ると思います。
放している間はマナーベルト(パンツ)を着用するとおしっこはベルトに付くので
じゅうたん、マットなどが汚れる事は防ぐ事が出来ます。
また、犬は大抵マットめがけて排泄しますので放す時はマット等は寄せてください。

(おトイレセッティングの基本はこちら)

基本的に放していたら出来ないのは当たり前なので、大変だとは思いますが
十分時間を取ってトレーニング出来る状況で放してあげてください。
ウンチならそわそわしたらサークルに連れていくなど、完全に目の届く所で放し、トレーニングしてあげてください

(パピー教室の様子)

もうひとつは、過度のあまがみや興奮行動です。・・・・でもそれも立派な成長のあかしなんです。

「とにかく見るものすべてかみつき、手はもちろん、歩くとついて回りズボンのすそまでかみつきながら追い回します。」

「狂ったように部屋中をぐるぐる走り回り止まらないんです・・・ストレスがたまりすぎているのですか?」

「部屋中の物を噛むので怒ると唸って噛もうとします」

このようなメールを頂戴する事があります。こんな場合は当店ではこんなアドバイスをします。子犬を迎えた方はみなさん大体同じような事で悩まれます。

同じような事という事は子犬はみんなそのような行動をするという事なのです。

あなたも当店のアドバイスを参考にしてみてください!

これらの行動は順調に成長している証拠です!環境に慣れてきたので(環境ストレスが軽減したため)他のなんにでも興味を持っているんですね・・・

興奮状態で近くに手があれば牙をむいてかみつく事がありますが、威嚇しているのではなくまだうまく感情のコントロールができないのです。

手に必要以上にかみつく場合はだまっておもちゃを差し出しておもちゃに関心をむけてください。痛い!と騒ぎ立てるとますます興奮しますのでだまっておもちゃを渡すのです。

音の出るおもちゃなどが最適ですね! 対象物を手からおもちゃに移す事で甘噛みに悩む事はなくなり、犬も満足するだけおもちゃを噛めるのでその方法が一番いいです。

音を鳴らして気を引いたりひっぱりっこして本能を刺激したりしておもちゃで遊ぶことを覚えさせます。

そうすると自然とおもちゃで遊ぶ事でストレス解消してお留守番もおもちゃを入れてあげるだけでずいぶんおりこうさんに遊んで待っててくれるようになりますよ!

洋服やスリッパなど物質的なものは犬にとってはすべておもちゃです。しかし、現実のおもちゃとそうでないものの区別を教えないとならないです。

何か噛んではいけないものを噛んだら、音の出るおもちゃで気を引いてそのまま興味をおもちゃに移します。そしてダメなものは子犬の前から消してください。人が歩くだけでも興奮してしまうそんな時期です。

そのため、足元に絡みつき、ジーンズなどを噛んだりとにかく動くものすべてを追います。犬の本能です。危険なもの、ダメなものはとにかく見せない事です。

噛んだりしているときは興奮状態ですので無理に引っ張ると噛んだり唸って威嚇したりします。まだ幼いため感情のコントロールが難しいためこのような行動をします。

トイレもちょうどできなくなる時期です。これも環境に慣れたため、とにかく他に興味が次々移り、集中しない為です。

放すとぐるぐる走り回る行動も環境に慣れて危険がない事を学んだので走るのがとにかく楽しくてうれしくてしょうがないのです。これもよく見られる正常な行動です。この頃からよく見られるようになります。

すべて大人になれば収まってきます。

今はとにかくなんにでも興味があり、すべて上の空、感情の赴くままに行動する時期です。

成長過程で当たり前の事で順調に成長している証拠ですよ。 飼い主さんは危険が無いようにだけ配慮してあげてください。 なんの心配もないです。子犬の成長を楽しんでください^^