ぷっちんママの思い

April 09 [Tue], 2013, 11:12
ぷっちんママが様々な方々とふれあった中で印象に残った事や、思いを書いてみました

ご縁を信じますか?
本日ご来店された老夫婦のお話 長年可愛がってきたわんちゃんが亡くなってしまって、
とても寂しい思いをされていたようで、新しく家族を探す決意をされて一生懸命さがしていたらしいのです
ペットショップ、ブリーダーを廻られたようですがなかなか運命の子に出会え無かったらしく、
本日も能代まで探しに行く予定だったそうです・・・
偶然通ったと入ってらっしゃって、運命の子に出会えました ずっとこだわり探し回ったポメラニアンの男の子
 以前亡くされた子にそっくりだと・・・
驚く事になんと奥様のお誕生日と同じ日産まれの子でした
みんなご縁があり迎えられていきます わんこと飼い主様のご縁を結ぶお手伝いをさせて頂いている事、
神様に感謝しています 本当に幸せなお仕事させて頂いてありがとうございます



亡くなってしまったわんちゃん達のご供養
先日、ペットロスのお話しましたが、みなさんご供養はどうされていますか
写真を飾ったり、中にはお墓を立てる人もいるのかな
ブリーダーは命の戦場です産まれる命もあれば亡くなる命もあります
産まれた子がみんな育てばいいのですが動物はそうは行きません
どんなに手を尽くしても残念ながら必ず亡くなる命が出てしまいます
みなさんにお届けしているわんちゃんは戦場の戦士です
生存競争に勝ち抜き命を手に入れた奇跡のわんちゃんなのです
目の前に存在するわんこの傍で存在できなかった命がある事を忘れないであげてください
ママは毎日自分でも手を合わせていますがお寺に子犬達のご供養のために祈祷をお願いしています。
毎月お酒とお布施を収めて和尚様にお願いしてきます。
和尚様は亡くなった命のために供養のお経を毎日欠かさずあげてくださいます。
だから、ぷっちんで亡くなった命はまた新しく生を受け誕生しているんだと信じています
そうして今、産まれてきた命を懸命に見守り戦場と向き合いながらも
目の前に存在する新しい命のお世話をさせて頂いている事に感謝しています



ペットロス
ペットロストイプードルのマフィンちゃんママよりお手紙頂きました
内容はこの子に出会えた事を心より感謝しますという事と元気に成長していますと成長のお知らせです
さらにもっとママにとって嬉しかったのは『この子がいるおかげで家中がいつも笑顔でいっぱいです』といって頂けた事です
マフィンちゃんママは以前、飼っていたわんちゃんを亡くされて落ち込んでいたんです・・・
でも今はマフィンちゃんが居るお陰で前のわんこの悲しい話題も笑顔で家族で話せるようになったとお知らせ頂きました
ペットロスは飼い主様にとってはとても辛く苦しいです
ぷっちんママはいつも話すのですが、前のわんこに縛られていつまでも悲しい思いを引きずっていたら亡くなったわんこも心配してしまいます
大好きなママが元気で明るく居てくれる事がわんこにとって一番望んでいる事なんです!
いつまでもママが暗い気持ちでいたら亡くなったわんちゃんも辛くて成仏できないとママは思っています
きっと新しい命をもらってすぐにまた飼い主様の前に現れるはずです
ママは職業柄、亡くなる命を沢山弔ってきましたが毎日する日課があります。
それは亡くなった命に手を合わせ『新しく命をもらって早く会いにおいで』という事です
飼い主さんの中には死んでしまったわんこを忘れてしまうのが怖くて申し訳なく思ってしまう人もいるのですが、思い出の引き出しはいつでも開ける事が出来るし、新しい子犬はその子の引き出しではなく、新たな思い出をこれから作るため別の引き出しに入るんです
だからその子の思い出と新しい子とは引き出しが違うんです亡くなった子が新しい子に出会わせてくれるなんて事もよくあるんですよ〜
命日が誕生日だったりそんな偶然があったりするんですよ


ハート犬の存在って
今のママはすごくショックです・・・でも皆さんに伝えたくてパソコンに向かいました。
何気に見ていたサイトでハート犬が販売されていました。
しかも、堂々と100万円からの販売でした・・・・何が悲しいかって・・・可愛がってくださいの一言もなくハートマニアや会社の販促用にって・・・もう、信じられません・・・
動物を扱う者として、人として・・・しちゃいけない事私はそう思いますハート君に会いに来てくれる人が沢山いますが逆に看板犬にはしたくないという想いからお店にはハート君は居ません。
たとえば、お店の人気者に・・・とかの表現ならまだしも、販促とはなんなのでしょう・・・
色んな考えの方もいますし、販促用に買う人もいるかもしれません。
でもそれは『飼う』ではなく、『買う』です。商品です。
子犬には命があるのです。こんなに悲しい事があるでしょうか・・・
ハート模様を持って生まれたばかりに『販促商品』として販売される子がいるなんて・・・
ハート犬はみなさんに幸せを与え続ける特別な存在でなければならな いと思います。
みんなを笑顔で満たし幸せを運ぶ使命があって誕生していると思うんです。
ぷっちんのハート犬の周りは笑顔と幸せで溢れています。
ボランティア活動もみんなの笑顔があるから続けています。
ハート犬を販促と考える販売側、販促用に買う消費者がいる限りこの子犬は可愛そうな生活をする事でしょう・・・
画像は載せませんが怯えきった子犬の表情が焼きついて離れません・・・
どうか、この子が幸せでありますように・・・


ママの独り言
今日は久々に凹む話です ママの独り言と思って読んでもらえたら幸いです
今日来店されたお客様が『言う事を聞く犬は居ないか?』と尋ねました
一瞬耳を疑ってしまいました
『噛み付くし、ボールも持ってこないし、どこかにやろうと思って居るけど息子がナカナカ連れて行かなくて・・・』
穏やかにお話しようと思ってもあまりに身勝手な言い分にママも怒りがこみ上げてきて
『お客様にお譲りする犬は居ません』『お客様のしつけが間違っている』とはっきり言ってやりました
犬が自然と指示を覚えて従うとでも思っていたのなら問答無用とんでもない話です
お客様にも愕然としましたが、無知のお客様に犬を飼育する為の知識を教えずに販売したショップに怒りを抑える事が出来ません
販売する側はただ営利目的に子犬を売買してはいけないのです
お互いが幸せになる為の架け橋をするのが本当の役目なはず・・・
そのためには説明は不可欠です。
犬種のいいところも悪いところも飼い主様には話してお譲りするべきなんです
飼育とはどうゆう事なのかを理解し飼い主が変わらなければ無知な人間の知識のために殺処分される犬が増えてしまうんですなんて悲しい事なのでしょう・・・
私のできる事として今までもしつけ指導のボランティアをしてきたり飼い方の指導をしてきましたが、
指導に参加してくれる方、飼い方を聞きにくる方は真剣に飼育しようという意欲のある方です中には耳を傾けようともせず、しつけのせいにはせず、犬の気質のせいにしてしまう人がいるんです・・・
無関心が一番最悪です
お店をしていると色々なお話を聞きます数日に1度しかご飯を与えてもらえない子やハウスを与えられていない子などなど・・・
たまにはお客様と一緒にお店で泣く事もあります助けてあげたくてもどうする事も出来ない現実に沢山ぶつかってきました
せめて自分のお店から送り出した子だけでも私が守ってあげたいそう思い、お客様には親犬の事や性格などもお話します。
常にお譲りが終わりではなく始まりと思ってお客様と向き合っています
最後に今日ご来店されたお家のわんちゃんがどうか最後まで幸せに暮らせますようにお祈り致します


ハート君の存在
ハート君の存在ハート君がこの世に誕生してから、私自身、また回りの方々、ハート君に関わる多くの方に奇跡を起こしてきたハート君ですが何故こんなにも皆さんを幸せにする力があるのかハート君ママには心あたりがあります。それは癌でなくなった叔母の存在・・・
叔母はとても穏やかで、馬鹿が付くほど正直者で、いつもニコニコ笑ってばかり居る人でした。
両親が共働きの家庭だったので、私たち姉妹の面倒は叔母が見てくれていて母同然の人でした。
叔母は自分で子供をもうけなかった為、よその子供もとても可愛がり、保育園などの遊戯会に行っては園児の演技にいつも涙していました。
犬が大好きで始めたDOGショップですが、経営知識も持たない素人の私達は、犬の飼育費用だけで手いっぱいで利益などとても追いつくような生活ではありません・・・
ただ犬が好き、犬と暮らす生活をもっと沢山の方に知ってもらいたいと始めたボランティア活動がきっかけで、回りのみなさまからの要望もあり自分達のお店を持つ決心をしました。
叔母は私達姉妹の事もとても心配して毎日手伝いに来てくれていました。
そんな叔母はとても慈悲深い人でした。 入院中はどんなに忙しくても毎日お見舞いに行きました。
末期の癌に侵されながらも亡くなるまで一言も痛いと言いませんでした。
そんな祖母が亡くなってから不思議な位何かに動かされるように事が運んでお店の移転などさまざまな転機が訪れました。そんな中で生まれてきたのがハート君です。ある方から『ハート君のハートマークは『心』叔母さんの慈悲の気持ちが形になって現れたのだよ』と教えて頂きました。
私達もその言葉を強く確信しました。それと同時にハート君の産まれてきた意味を多くの方に伝えようと決心しました。
おかげさまで沢山の方々にハート君を知って頂き愛して頂きさまざまなボランティア活動もさせて頂きました。
今こうして心の充実した日々を送らせてもらっています。
叔母が生きていたらきっとすべての方々の幸せを強く望んだ事でしょう・・・
今ハート君がみなさんに幸せを子供達に愛を届けているのは叔母の夢であったのかも知れません
その夢を叔母に代わって届けて行きたいと強い思いがありました
この子は私にとって奇跡の宝物です・・・
ハート君には目に見える『ハートマーク』があります。この子が存在するからこそがんばって来られました
ハートマークはファツションではありません。
今回お譲りしたハート模様の子もそれぞれの飼い主様の心の中心でいつでも輝いていくのだと思います。
ハート模様の子犬だけが特別ではありませんがハートが見える事で目に見えにくい物が見えてくる奇跡があると思います。
ハート・LOVE・こころすべて目には見えないけれど見えないからこそ一番大切なんだと思います
ハート犬の運ぶ果てしない幸せをこれからも当店から届けて行きたいと思っています


深夜眠れない子犬
深夜眠れない子犬この間テレビで衝撃的なニュースをみました
深夜営業のペットショップの実態です 深夜営業の為、強い蛍光灯を浴びケースに入れられたわんこ達は深夜にも関わらず眠る事が出来ません
お客様は同伴客を連れたお姉さん達やよっぱらいのおじさん達ケースをひっきりなしに叩かれてゆっくり休む事ができません
安易に子犬をほしがるおねえさんと買って与えるおじさん達あまりにもひどい扱いに心が痛みます
すべての子犬が幸せになる訳ではないのは理解しているつもりです
でも、無垢な子犬の事を考えるとかわいそうで仕方ありません 本当かはわからないですが、中には買ってもらった後は返品の約束が最初からされていて手数料が入るシステムもあるそうです・・・
嘘であってほしい・・・しばらく気持ちが落ち込みました
ちなみに深夜営業されているペットショップ様を悪く言っているのではありません
深夜営業する事によって時間の無いお客様にゆっくり選んで頂ける環境を作って営業されているショップ様も沢山いるのです
これからは、販売者側のモラルが問われていきます販売者側が一体になり、悪徳業者の居ないペット業界を作っていかなければならないです
(2013年現在深夜営業は現在は法律で禁じられています。)


幸せの尺度
幸せの尺度幸せの感じ方って人それぞれですよね
身近な小さな事に幸せを見出せるって事が心がおだやかでやさしい気持ちを持って過ごせているって証拠だと思います
ハート君が産まれた時も幸せ配達犬と呼ばれ、たくさんの方にさまざまな幸せを届けてきました
それって、ハートマークを見て、心がほんわかあったかく満たされて些細な事に感謝出来て、幸せであるという事に気がついたという事なんですね・・・
今の生活が当たり前で、自分がどれだけ人に支えられ、愛されているかってなかなか気がつかないと思います ハート君もLOVE君も幸せを感じるお手伝いが出来ればうれしいですだって、幸せって思える事って最大の喜びだと思うから ハートマークに癒されて、小さな幸せに気づく事からはじめましょう

ママの特技  これって天職?

April 09 [Tue], 2013, 0:07
ぷっちんママの特技ってなんだと思います?

それはワンコの現在の心境を当てちゃうことです
どうゆうことかって言うと、犬って声をもたない動物なので
言葉を使っての表現はしないですが、
行動を見ていると犬に言っている言葉がわかっちゃうんです

犬の声のトーンで判断する犬の言葉のわかるおもちゃも数年前流行りましたね〜
でも、誤聴も沢山あったみたいです^^;
だってあくまでもおもちゃですもんね〜

ママはどちらかと言うと声より行動を見ます。
わんこの遊んでいる姿見て実況中継できちゃいます

「え?遊ぶ?今?マジ、マジ〜本当に遊んでくれるの?  やった〜」
「うそ〜行っちゃうの〜?これから面白い所だったのに〜」
「ずる〜い、僕にも頂戴よ〜くれないとすねちゃうからね!」

まあ、毎日こんな事を犬達は話してます
アピールの方法がそれぞれ違って楽しいですよ

犬って嬉しいと目が輝いたり、尻尾がぶるんぶるんしたりわかりやすい行動や表現だと
意外と素人さんでもよ〜く観察していればわかりますので
今度、飼育しているわんこをじっくり見てみてください

他のわんこの事はわからなくても何年も一緒に暮らしていれば愛犬の言いたいことは
理解できるって方もいますよね

私は相手が子犬でしかも沢山ですから、ものすご〜く毎日賑やかです

犬の気持ちを理解出来るって天性だと思ってますし、このお仕事に活かせてるなって感じてます
神様は私に力を与えてくれたのかな?

本当かどうかは別ですが、前世が見えるスピリチュアルアウンセラーの方に徳川綱吉と共にあの時代の犬を支えた事があると言われたことがあります。

綱吉と言えば
犬公方と呼ばれ、生類憐れみの令で有名な徳川家の第5代将軍です。
人間より犬を大切にしてやりすぎな政治を行なった殿様です。

「大奥〜華の乱〜」見てた方はわかるかな?
徳川綱吉の役は谷原章介さんでした。このドラマでは犬の事は少ししか触れてませんでしたが・・・ 

前世は綱吉の側室だったらしいのですが、沢山いる側室の中で、犬を通じて綱吉と関わりを持って、
あの時代を生きた女性が私の前世らしいです。

だから、今もこうして犬に囲まれているのだとおっしゃってました。

しかも、ぷっちんママと店長は今は双子として生まれてきましたが、当時は兄妹だったそうで
綱吉の信頼の置ける側室がママでその兄が店長で、兄妹で深く綱吉に関わって行ったらしいです。

何世代の時代を経て、また兄妹(双子)として生まれ、必然的にこのような仕事についたのだとおっしゃってました。

不思議な事ですが、このお店を始めるのも事が自然と運んでいきました。

動物の専門学校へ通った事もなければ、経営学を学んだ事も無い、ただの主婦だった私が
株式会社を立ち上げ今こうして、みなさまとワンコの架け橋をさせてもらっているのは
やはり、不思議な事ですね

まさか、殿様の側室なんて今こうして平凡な生活を送っている私には想像もつかない事です。

カウンセラーの先生は、普通の方なら大抵の方は普通の庶民が前世ならしいですが
私は違うって言うんですよ〜もうびっくりです


ドクタードリトルって映画しってますか?
動物の声が聞こえるから、動物が診察してくれってドリトル先生の所に集まってくるんです。

ママの周りも分かってくれると思うのか、動物達寄ってきますよ〜
でも、映画みたいにはいかないですが、心を許してくれてるのは伝わってきます

志村どうぶつ園のハイジさんは過去の事までわかっちゃうんですよね!
ママは超能力やスピリチュアルな力は無いので過去まではわからないですが
その子を見るとどんな環境で育っていたかはわかります。
かわいそうな子も沢山いますよ〜

犬の気持ちを解るって、いいことばかりで無いです。
元気いっぱいのうれしいわんちゃんばかりならいいですが、
病気で苦しんでいる子は
「ママ〜怖いよ、痛いよ、苦しいよ・・・・」って伝わってくるから
何もしてあげられない自分が苦しくて悔しくて・・・
命を助けてあげられなかった時は落ち込みまくりです。
人間と違ってどんなに頑張っても動物医療には限界がありますからね・・・

わんちゃんが大好きすぎてオフの日でも時間があればお店に来てしまいます。
出先でも必ずペットショップに入ってしまいます(主人も子供も呆れてますが・・・)
元気に遊んでいる子みるのは大好きだけど
以前にもブログに書きましたが、ペットショップで
まるで試食を手渡すように、次々と見知らぬ手に渡されて
震えてる子犬の姿をみるのは
苦しくて仕方ないです。
「怖いよ、怖いよ・・・・」ものすごく怯えてる子を店員さんは平気で「だっこしませんか〜?」って
さまざなな人の手に渡して行くのを見てるといたたまれなくなってします

ぷっちんママのお仕事ってどんなの?

April 08 [Mon], 2013, 23:57
ぷっちんママは双子の姉妹でお店も2人二人三脚で頑張ってます。
幼い頃からなんでも二人でやってきたので二人一緒にお店を始めることも
私たちにとっては極自然な事でした。
幼い頃から犬バカ姉妹と呼ばれた程犬好きの私たちが犬と人間どちらも幸せになれる道を
探して辿りついた「ドックライフサポートショップ」飼い主様とわんこをつなぐ架け橋をさせてもらっています。
普通のペットショップとは違ったサービスをお客様にお届けする事をコンセプトとして
立ち上げた「株式会社ぷっちんDOG'S」みなさまにご支援頂きまして
満足度トップの優良店に成長しました。

「ぷっちんDOG'S」の名前の由来は、小型犬専門でちいさくて可愛い子犬が沢山いるお店だからと
音の響きが気に入ってぷっちんって名づけました。
そして、実はママ自身がぷっちんなのです・・・つまりとってもミニサイズ
驚くかもしれませんが、身長145センチ、姉は143センチ 矢口真理と同サイズ
と〜ってもオチビちゃんなのです
手足もとっても小さいです。足のサイズは22センチ、手のサイズは小学2年生より小さいのです・・・


とらまるさんに書いていただいた絵です(サービスで実際より美人さんに書いてくれてます^^;)

ママの普段のお仕事をご紹介させて頂きますね!

1つ目は、産婆さん
子犬が生まれるときにはへその緒を切ってあげたり、呼吸の弱い子には人工呼吸や、マッサージをしてあけます
もちろん子犬達のお母さんの体調管理もかかせません
お産1週間前には自宅につれて行き24時間体制でお産に備えます
お産が始まるといくら夜中の3時を過ぎようと寝る事はありません。
最後の子がうまれるまでずっと母親について、励ましたり赤ちゃん達がきちんとおっぱいをのめるように促します一番最後にお母さんにお疲れ様と美味しいご飯をあげておしまいです
お産が続くと何日も寝不足で倒れそうになりますがママのメインのお仕事です


2つ目は保育士さん
子犬の成長と共に幼稚園に入園させて、毎日賑やかに過ごしてます
飼い主様に喜んで頂きたい、とても良い子に成長した子犬を引き続き可愛がってもらいたい一心で
子犬の指導に力をいれてがんばってます。
皆さんは、当店のパピー教室はもうご存じですよね


3つ目は栄養士さん
離乳の始まった子犬達にあれよこれよと工夫をして、沢山たべて、食に興味をもってもらうため、食育もきちんとしています。


4つ目はドックアドバイザー
わんちゃんとのくらしを楽しんでもらえるように日々勉強し、お客様の立場に立って理想のわんちゃんをご紹介させてもらってます

5つ目は子犬を迎えた人へしつけ指導員(ドックトレーナー)
子犬を迎えてからの困り事の相談をお受けして、改善するまで手厚くご指導しています。
犬を指導するだけでなく、飼い主様に知識を身に付けて貰い、飼い主様自身がしつけをしていけるように
飼い主様を指導しています。

6つ目は子犬をさがしてる人のためのカウンセラー
よほど知識のある人でない限り、犬種選びは難しいです。
その犬を育てたプロ(ブリーダー)でない限りは真の目利きは出来ません。
当店では、飼育のプロが確かな目でお客様のライフスタイル、家族構成、生活環境、飼育環境に合わせて一番のお客様に適した子犬をご紹介させて頂きます。

7つ目は総合プロデューサー
HPや各総合サイト、ポスター作成やイベントなどすべての事を仕切りさまざまな仕事をこなしています。

8つ目はデザイナー
デザインDOGは当店自慢のわんちゃんです。どんな掛け合わせが一番魅力を引き出せるか日々考えながら
お客様の理想とするわんちゃんを作出しています。

9つ目はコピーライター
子犬の魅了が最大限に引き立つようにそれぞれの子犬にキャッチコピーをつけてあげています。

ハート君が誕生してから今まで大手企業様と関わらせて頂きながら、デザイン、企画、監修、双子の姉妹だけでやっております。小学館から発売されたフォトブック、ポニーキャニオンからの DVD、その他タカラトミーからの様々なグッズ、オリジナルCD、ポスターデザイン、NTTDoCoMo写真撮影、ロイター通信テレビ取材、シナリオ、コ ラム、イベント企画、各種テレビ取材やロケ、ラジオ、各種雑誌等など、さまざまな事をやってきました

ハート君が生まれて来てくれた事で、双子の私たちの指名みたいはものが、込み上げて来て、何かが突き動かしてるみたいに色んな事を経験してきました。

今までは考えもしてなかったボランティア活動にも喜びを感じています
←ぷっちんママが行なってきたボランティア活動の一部です。 お時間のある方は開いてゆっくりご覧ください


タカラトミーからのグッズに関してはの作成から監修まで関わらせてもらいました

ドコモのポスター
撮影に関しても、自分たちでとりためてた写真を採用してもらいました

小学館から出版した本の内容も私達双子のパワーで、書きためていたものをそのまま採用していただき、自分たちの伝えたい事をそのままの形で伝える事が出来ました

又、ハート君のCDについても、自ら作詞しハートマークの意味、愛を伝える大切さや前へ進む勇気の大切さを
沢山の子供達にも伝える事が出きたと思っております


志村動物園にレギュラー出演させて頂いてる時には沢山の芸能人とお会いさせていただきました。
王様のブランチに出させていただいた時は、先日のお話に出てきた徳川綱吉役で活躍された
谷原さんともお会いする事が出来ました

←ぷっちんママが関わらせて頂いた芸能界の方達です。 お時間のある方は開いてゆっくりご覧ください

秋田県の田舎に住んでいる1人の主婦が、こんなにも、沢山の芸能人の方々や、番組を支えるプロデューサーさんやスタッフさんなどに出合えた事、さまざまな経験をさせてもらった事は一生の宝物です

ハート君を通じて沢山の貴重な経験、沢山の出合いをさせてもらった事、本当に感謝してます

今の私がここに居るのも、貴重な経験をさせてもらったおかげだと思っております。

ハート君の経験があるからこそ、心と心をつなぐ、他のお店にはマネの出来ない私たちのスタイルを
貫いたお店づくりが出来ているのだと思っています。今後も愛のあるお店で居続けたいと思って日々
頑張っております。

今までお譲りしたわんちゃんの飼い主様、ひとリひとリとも、いろんな関わりを持たせていただいてます。
お引渡しして終ではなく、ご縁を持たせていただいてからが飼い主様とのお付き合いの始まりだと考えていますし、
当店でお譲りしたワンコの成長を飼い主様と一緒に感じていたいと思っています。
そんな中で飼い主様に、アドバイスするだけでなく私自身も勉強になることがたくさんあります

その経験をいかして、お客様の立場にたって、子犬達と飼い主様のかけはしをさせてもらいます

まだまだありますが、どれもわんちゃんと関わるお仕事です
こんなにあって大変ねって思う方もいらっしゃるかもしれませんが
自分自身は、全く大変だとは思ってません
むしろ、すべてに対して喜びを感じます


子犬の誕生、成長、お客様の喜んでる姿、どれも私の力の源、心の支えです
このお仕事をさせてもらってる事、感謝で一杯です

心底わんちゃんが大好きなんだなぁ〜と自分でも呆れてしまうくらいです
夢中になると寝る事も忘れてるくらいですから

ぷっちんママは深夜までお店に残ってお仕事する事もしばしば・・・
やることが多すぎていつも時間が足りないんです^^;
本当なら、もう少しスタッフを増やして、自分が休めればいいんだけれど、どうもそう出来ない性分らしく
子犬の事もぜ〜んぶ把握しておきたいのです。そしてお世話もしたいし、手をかけたいんです。
この忙しさならきっと、スタッフを増員して、仕事を分担できれば楽だとは思いますが
お客様へのご説明もやはり自分でしっかり伝えたいんです。
私が大切に育てた子だから、新しい飼い主様には私がしっかり伝えてあげたいのです。
そこは、強いこだわりがあります。
どんなに忙しくても、お客様へのご説明のお時間は絶対短縮したりしませんし、
きちんとお伝えします。それが私の使命だと思っています^^
姉妹それぞれが動物取り扱い責任者です。つまり同店に2名責任者がいます。
必ず、私たち姉妹のどちらかがお客様へのご説明をさせて頂いています。

子犬の管理は24時間体制で行なっています。もちろん成犬だって体調を崩す事もあります。
お産だっていつ始まるかわかりません。
だから、ぷっちんDOG'Sはいつもお店が開いている訳では居ないのです^^;
ご来店のお客様にはご迷惑をおかけしてますm(_ _)m

いつでも子犬達と向き合っているので、平日のご見学は予約制になってます

小さな田舎の小さなお店ですが、愛情いっぱいにわんちゃん達を育てています。
綺麗なガラスケースも洒落たインテリアも何も無いですが、店内はわんちゃんへ愛情で溢れています。

二人で一生懸命頑張っているからこそ、お客様にも低価格で良質な子をお譲りできています。
なのでこれから先も、スタッフは増やさず、小人数でお店を切り盛りしていきます。
ただ、管理は絶対手を抜かないとここでお約束します。
子犬の事を一番知っている私が子犬のご説明をするのがやはり一番だと思ってます。
だから、これからも一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

この場をかりてブログを読んでくださってる方にお礼を申し上げます
いつも見ていてくれてありがとうございます

妻であり、母でもあるぷっちんママですが家族の協力があってこそ、
みなさまにご満足頂けるお店づくりが出来ています。家族にも感謝ですね

これからも、わんちゃんをこれから迎える人、わんちゃんを迎えてDOGライフを楽しんでる人、わんちゃんに関わるすべての人のお役にたてたら嬉しいです

←ぷっちんDOG'Sはこれまでに様々な活動を行なってきました。 お時間のある方は開いてゆっくりご覧ください

昔はなしですが・・・(小学生の時の思い出)

December 25 [Sun], 2011, 13:54
土曜日放送の志村どうぶつ園を見て
ふと、昔の事を思い出しました・・・

そのお話というのが捨て犬を保護しようとした兄妹に奇跡が・・・というお話

そのお話を見ていたら、昔の自分を思い出しました。
私が小学生の頃ですから、もう30年も昔の話です。

あの頃は野犬が沢山居て、沢山の犬が鎖につながれていないまま生活していました。
飼い犬でも夜になるとどこの家庭でも鎖を外してしまうので
犬は群れを作り、夜間集団で畑を荒らしたりしていました。

犬が自由な行動をするとアチコチで望まれない形で子供が出来てしまい
大きなお腹になってしまったメス犬は出産するしか選択がありません

その為、学校帰りに子犬を見かける事もありました。
なぜか、子犬は私につきまとい離れないので
草むらで毎日世話を続ける、家に連れて帰るなどいつもの事でした。

でも家には私が連れて帰った犬が何頭も飼育されていて
これ以上連れていけないと、毎日、草むらに残してきた子犬を心配していました。
小学生の頃の思い出といえば、今思い返すと、いつも野良犬の心配ばかりして
過ごしていたように思います。

今、私も家庭を持ち母になって、子供が犬を拾ってきたらどうするだろうと
考えてしまします。何ども怒られても、何度でも犬を連れ帰ってくる娘に
両親は本当に困っただろうな・・・と思います

家ではこれ以上飼うことができなくて
草むらに餌を運び続けていたわんこに突然赤ちゃんが生まれていた事がありました

まだ幼い私はわんちゃんが妊娠している事にも気がつかなかったのです・・・
幸いな事に毎日餌を運んでいたおかげで、十分な栄養が取れていて無事にまるまると太った
赤ちゃんでした。

それからという物、毎日給食のパンと牛乳を残して
友達にも協力してもらってわざと残してもらい、牛乳を何パックか抱えて親子の元へ毎日通いました。

子犬の成長は今まで感じたことのない程の嬉しさでした
その反面、成長した子犬をどうするか・・・
このままだと死んでしまう・・・でも家ではもうこれ以上飼う事は出来ない

小学生の子供にとってはあまりに重すぎる悩みでした
親に相談すれば保健所に連れて行かれるかもしれない
絶対に内緒にしなければ・・・
自分たちでなんとかこの子犬達を救わなくては・・・
一体どうしたらいいんだろう

とにかく飼ってくれる人を探そう・・・・
秋田は真冬だと吹雪いて前も見えない程、そんな中小学生の足で
移動するのはとても大変でしたが
子犬をダンボールに入れて1日数時間も各家庭に犬を飼ってくださいと言って訪問し続けました

こんな事は毎回です
それでも子犬を助けたい一心で野良犬に子犬が生まれていると
子犬を連れて各家庭を回って歩きました

今思えば、小学生の子供が
「この子を飼ってください、飼ってくれないと死んでしまいます!!」なんて
半泣きで玄関で力説されたら困ってしまいますよね・・・
ちょっと強引な子供にそれでも飼ってくれる方も沢山いたんですよ
こうしてかなりの子犬をご家族の元へ渡してきました

今思えばこれが私たち姉妹の原点なんだなと思いました
犬と人をつなぐ事の喜びをこの頃、知ったのだと思います
そしてこの頃、文集に書いた将来の夢はペットショップの店員になりたいでした

私たち姉妹は人と動物をつなぐ架け橋を今もこうしてやらせてもらっている事を
誇りに思いますしとても幸せだと思います。


ワンメッセージ 愛を載せて被害地に届け!

April 20 [Wed], 2011, 20:23
〜未曾有の災害となった東日本大震災、あの日の事を私たちは忘れてはいけません。
月日が立った今でも沢山の方がまだ苦しんでおられます〜

風化しないためにもあえていつでも皆様がご覧いただけるよう、ここに記載させて頂きました

大震災におきまして被害にあわれた方々のためにワンちゃんと一緒に
何か出来ないかと考え、「ワンメッセージ」を届けよう、という活動をやらせて頂きました。
ホリプロアイドルドック様よりお誘い頂きこの度この活動に賛同して参加させて頂きました。

この「ワンメッセージ」とは、ワンちゃんの写真と一緒に応援メッセージを撮影し、
その写真を集めてポスターを作製、完成したポスターを被災地に貼らせて頂き
ニッポンを元気にしようという活動です。


ドックフードやトイレシーツなどの物資にメッセージを添えて元気メッセージも一緒にお届けします。
ポスターは、沢山の方々に『癒し』と『元気』につなげてもらうために、避難所内に掲示します。


ぶさかわ犬「わさお」くんや警察犬「桃」ちゃん、
ぬいぐるみのようなポメラニアン「俊介」ちゃんからもメッセージ画像が届いていてみんなに元気を届けています。

ハート君のメッセージ


あいちゃんのメッセージ


ラブちゃんのメッセージ


みんなに届け!ワンメッセージ

幼稚園からお礼が届きました

January 04 [Tue], 2011, 15:14
昨年、ボランティアで訪問させて頂いた幼稚園からお礼の絵が届きました
みんな一生懸命ハート君、あいちゃん、らぶちゃんの絵を書いてくれて
とてもうれしかったです


昨年のボランティアでは盲動犬のお話を園児のみなさまにさせてもらいました
その後、先生たちのご協力で新たなボランティアをしていただき、盲動犬の貯金箱もいっぱいになりました

これからもさまざまな活動をして参ります

お正月に募金を送ってくださったシュガーママ、お預かりした募金は責任を持って
募金箱に入れされて頂きました
ありがとうございました

幼稚園訪問ボランティア

November 01 [Mon], 2010, 13:53
本日11月1日、ワン、ワン、ワン、そう・・・わんちゃんの日です
犬の日にちなんで幼稚園にボランティア訪問しました
これまでの活動はインターネットで盲動犬の育成のための募金の呼びかけなどをさせてもらっていましたが
あいちゃん、らぶちゃんが生後1年になりますので今回『ハートDOG'sユニット』の活動で
初めて実際に訪問させていただきました
メディア初お披露目となりました!

本日は幼稚園訪問です。セラピードックとして子供たちに元気を届けてきました
最高の笑顔でみんなお迎えしてくれました
ハート君の絵本の読み聞かせ
ふれあいタイム
クイズ大会
などで盛り上がりました


今回は訪問だけでなく、子供たちに犬の役割のお話もさせてもらってきました。
盲動犬や救助犬、セラピードックなど人々の役に立っているわんちゃんがたくさんいるんだよ・・・という
お話とそのわんちゃんたちを育成するためにみんなの善意(募金)が役に立っているんだよとお話ししてきました。


子供たちの笑顔、笑顔に囲まれて私も元気をいっぱいもらってきました



ボランティア訪問をして犬の役目を多くの方に知って頂き、ご理解いただくことで
募金を集めたり、興味を持ってくださる方から寄付金を集めて、より多くの人間の役に立つわんちゃんの育成を
支えていきたいとおもっています。

現在ぷっちんでは捨て犬、捨て猫ゼロ活動もしていて、捨てられた犬猫の里親探しも積極的に行っています。


人間の役に立って働いているわんちゃん、その反面、人間のエゴによって捨てられてしまうわんちゃんがいます。
どんな動物も平等です
すべての命がこの世に存在する以上、幸せであることを願っています!

リニューアルしました

March 26 [Fri], 2010, 16:18
ぷっちんママの気ままな日記がリニューアルしました
もっと身近にもっと楽しくご覧頂けるようになりました
当店の可愛いわんちゃんどんどん紹介していきますよ
これからもよろしくお願いします