ペット最新国欧米スタイル制で営業しております

December 13 [Thu], 2012, 22:43
初めてぷっちんDOG'Sを知った方は驚くかもしれませんが
ぜひ、当店の信頼販売を知って欲しいと思います。
また、当店を知っている方にも改めて当社の信念をお伝えできればと思います。

当店は通常のペットショップの様に誰でも自由に出入りして子犬を見ることは出来ません。
現在子犬をお探しの方に限りメールでカウンセリングをしてお客様にピッタリの子犬をご紹介しております。

当店は最新の試みをしているお店でございます。
子犬の健康管理、お客様に対しての信頼販売を第一に考えた結果、
日本では例を見ないですが、ペット最新国欧米スタイル制で営業しております


つまり誰でも自由に見学出来るフリースタイルではなく、真剣に子犬をお探しの方に
飼育できる環境が整っているか、飼育責任能力があるかなどこちらで判断させて頂いた上で
カウンセリングを行いライフスタイルに一番適した子犬を選んでさしあげています。


その為当店では衝動買いなどは絶対ありません。
抱っこして可愛かったからという安易な理由で迎えられた子犬は安易に捨てられるリスクが高いのです。
以前から、何度かみなさまにもお伝えしていますが「抱っこさせて販売するペットショップ」の販売スタイルが
多い日本は、安易に購入した為に安易に捨てるという状況を作っています。


残念ながら日本の場合は、利益重視の販売方が主流なのです。

展示型ペットショップでは
見たら可愛かったからとその犬の特性を知らずに飼育して手に言えないと手放す方も大変多いのです。
考えられない理由で安易に飼育を放棄する方が本当に沢山多いのです。
「ダックスを購入してきて吠えるからいらない」と言って3回飼い主を転々とした上で保健所に持ち込まれた子もいます。
またファッション感覚で子犬を購入して「思ったより大きくなったから誰か飼ってくれませんか?」という人もいます。
大型犬を購入して、散歩が大変だからと保健所に持ち込む方、病気になったからと連れてくる人さえ居ます。
考えられませんが現実です。

各データに開きがあるものの日本では約2500万頭程の犬猫がペットとして飼われていると言われています。

その一方で年間約32万頭もの犬猫が保健所や動物愛護センター等の施設に引き取られ(飼い主の持ち込みが大部分を占める)1年間で28万頭以上もの犬猫が殺処分されています。1日約800もの犬猫が殺処分されているという計算です。

その殺処分方法は、二酸化炭素(炭酸ガス・CO2ガス)を密閉された小さな個室に注入し死に至らせた後に焼却処分するという方法が日本では一般的です。

確かに二酸化炭素は鎮痛作用や麻酔作用があり、安楽死薬として容認されています。しかし実際には安楽死とは名ばかりの、ただの窒息死≠ナあり、犬猫たちは苦しみ悶えながら死んでいきます。

特に小さなうちは10分以上二酸化炭素を注入しても息が絶えていない場合が多く、決して短いとは言えない時間怯えて苦しみながら死んでいくのです。

また、二酸化炭素を使用する理由が「コストが掛かる」というのがまったく馬鹿げた話です。

最近では、獣医師による麻酔薬注射や薬剤投与による方法を用いる自治体も増えてきてはいますが、ほんの一部であり、日本では未だに二酸化炭素による殺処分が大部分を占めています。

これは大変、悲しい日本の現実であり危惧しなければならない重大な問題となっています。

ドイツのベルリンがペットが一番幸せに暮らせると言われています。
ベルリンではひとりひとりの意識がしっかりしているので、街中でも、電車内でもノーリードOKです。
躾は必須という考えで、素人が間違ったしつけをすることはありません。必ずプロのしつけを受けます。
また、譲り受ける前にブリーダーがしつけをして譲渡します。
社会性をきちんと学んでいるからこそ、トラブルも無く、犬にとっても人にとっても住みよい環境が約束されています。

また、警察の機関には獣医局があり、犬に適切な散歩をさせないや食事を十分に与えないなど、動物愛護に反する行為が認められれば逮捕されます。それだけ全体の動物愛護精神が高いのです。

もちろん殺処分はゼロです。
日本なら、理不尽な理由で保健所に持ち込んでも殺処分が認められていますし、
飼い主の同意があれば簡単に処分されてしまうのです。

ベルリンでは万が一、愛護に反した飼い方をしていれば、国全体で犬を守ります。
飼い主から犬を隔離して、専門に犬を飼養する施設があるのです。
その施設では、どんな子でも最後まで快適な暮らしを約束されています。
殺処分など絶対しません。最後を迎えるその時まで、専門スタッフやボランティアによって
ケアしてもらって永眠します。
その費用は、国民の税金から賄われていて、国民全体が犬達の飼育の費用を負担しているからこそ
殺処分ゼロという事が出来ています。

また、犬を飼育する為には税金の支払いが義務づけられているので、国民全体が犬を適切に飼育する
意識が高いのが特徴です。
日本のように、「可愛かったらか買った」や「飼えないというから貰った」などは有り得ません。

私ひとりが、頑張った所で、日本の国の制度を変える事は不可能ですが、
生涯大切に可愛がってもらいたいと切に願って
当店からお譲りする子はしっかりカウンセリングさせていただき、生活環境にマッチングしているか見極めてご家庭に適した子犬をお譲りします。


このような販売スタイルの為、通常は見学予約された方のみしか、入店出来ない仕組みになっておりますが
一部の限られた方ですが自由に見学出来なのが不服であると抗議された方がおります。
その為、今回は何故当店ではこのようなスタイルで営業しているかを今回記載させて頂きました。

抗議された方の理由は「せっかく子供に抱っこさせようと思ってわざわざ来たのに何故入れてくれないの!」
という事でした。呆れてしまいます。当店には当店の営業スタイルがあります。
抱っこしたいだけなら、抱っこさせるショップにどうぞ・・・
だだ、あなたの欲求の為に、命の危険にさらされる子犬が居る事を忘れずに・・・

でも真剣に子犬を探されている方はぜひ当店にご相談ください。
当店では、徹底した管理で子犬を育てているので、沢山の人に抱かれて抵抗力の落ちて
不健康な子犬は居ません。

ブログをご覧のみなさんも、もし、少しでも私の気持ちを理解してくださるなら
ペットショップで抱っこしてかわいかったからと安易に子犬を迎えないでください。
また、購入する強い意思が無いなら、安易に抱っこしないであげてください。

今日もまた、どこかで、沢山の方の手から手に渡り、震えている子犬が居ると思うととても辛いです。
利益重視じゃないお店が日本に1件位あったっていいと思い当店はこのスタイルで営業しております。

当店は誇りを持ってこのスタイルを貫いて行きます!!