今季 初ふぐ 栄養満点。お肌もぷるぷるぅ 

December 13 [Wed], 2006, 2:58
朝から極度の貧血で起きられず・・・う〜ん。う~ん。
ふらふらしながらもキッチンでお水を飲もうと、がんばるも無理・・・あきらめる

と、次の瞬間 持ち悪い〜っ!!
どうやらいま流行りのノロウィルスにやられてしまったかも!!

こんなにたくさんの洗濯物に囲まれて、私は死んでしまうかもしれない。。。

と、具合の悪いのと格闘していたときに、神様は私を見捨てなかった・・・

ガチャガチャ。とドアの開く音。

大丈夫?

先ほど家と携帯の電話が鳴っていたけど、出ることすらできなかった私を心配して母が様子を見に来てくれました

ママリン、ありがとおおおおぉぉぉぉ

そして、買ってきてくれたお弁当を一口ぱくり
あれ?食べられるかも
そして、また一口ぱくり。
おいしいかも
そうこうしているうちに、完食。

すると、ママリンが
「せっかくだから、夕食は何かおいしいものでも食べに行かない?」

本当になんて優しい母であろう・・・私も母のような親になりたい・・・

と、思いつつ、すっかり具合もよくなりつつあった私は今朝の具合の悪いのもそっちのけで、
支度をはじめ、お弁当から4時間後。

今季初のふぐを食べに行きました。

最初は温しゃぶを食べに行く予定でしたが、近くに駐車場が見当たらず、予定変更で

ふぐ
であります。

てっちりに、から揚げと、ブログ用の写真をあまりのおいしさに撮るのも忘れ、気づいたときは、すでにおなべは雑炊用に・・・
申し訳ないのですが、今回はから揚げのアップのみで我慢してくださいまし。。

訂正☆PS(フリーマガジン)の撮影でバスト専門サロン「FBS」へ行ってきました♪ 

December 11 [Mon], 2006, 22:04
私、間違えて記載しておりまして。。。
バスト専門サロン「FDS」ではなく「FBS」。Dではなく、Bです。
関係者各位、本当に失礼いたしました。この場をお借りして陳謝させていただきます。

さて、皆さんは、ご自分の胸に興味を持たれたことはありますか?
胸と言っても、胸板などではなく、バスト・・・つまりおっぱいのことです。

その女性にとってシンボルでもある、バスト専門サロンの「FBS」さんへ山のような質問を抱えて、撮影に行ってきました。

18歳から某大手エステサロンへ通っていた私。もちろん、若さでエネルギーも溢れ、顔や体のお肌はピッチピチだったこともあり、正直バストへの興味はゼロ。よって、○十年経った今頃になって慌ててリサーチを始めました。

私の周りにはありがたいことに、美容フリークの友達がわんさかおりまして、もちろん類は類といったたぐいなので当たり前でもありますが、その友達との会話でも今日までバストに関しての話題は皆無でありました。
そんな中、ただ熱をあてて、本来あった脂肪を大きくすることによって、バストを豊かにかつ、理想の形にしてくれるサロンがあると知ったのです。
しかも、しかもです。今まで、温泉やスパなどへ行く度に、うらやましく見とれていたピンクなトップバスト(早い話が乳首です)を、誰でも手に入れることができる・・・・
まぁ、多少、体質や肌質などで若干個人差があるようですが・・それでも、本人の目標としている色にしてくれるその機械も「FBS」では導入してあるとのこと。

バストの大きさや形も理想に近づけてくれ、なおかつトップバストの色までプリティーな色にしてくれるサロンがあっただなんて、美を追求している割には脇が甘かった私です。

しかも、「FBS」では、乳がん専門医が直接エステティシャンへ教えているので、乳がん検診や乳がん検診を自分でやる方法まで教えてくれます。普通のエステサロンではもちろんそこまで勉強されていないので、やってくれませんし、乳がんどころか、強くマッサージをされすぎて逆にしこりができちゃうんじゃない?な感じだと思います。というか、筆者の私、とても痛い思いを経験済みであります。

そして、やっぱり時間を追うごとにFBSへ通おうと・・・・・以後、乞うご期待ください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:putieimy2006
  • アイコン画像 趣味:
    ・ビューティ-美を追求し、日夜自分磨き
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる