「ガンプラ焼」も〜秋葉原にガンダムの“聖地”「GUNDAM Cafe」が24日オープン / 2010年04月14日(水)
 ガンダムのオフィシャルカフェがJR秋葉原駅前に誕生。「GUNDAM Cafe」が4月24日オープンすることになった。いまだに多くのファンを抱えるガンダムだが、ファンたちの“聖地”となるか。

 「GUNDAM Cafe」は、ガンダムの情報発信基地として初心者から熱心なファンまで、幅広い層にガンダムの世界観を楽しんでもらおうとオープンするカフェ。店内では、関連商品や作品の情報発信を行い、南米のコーヒー豆をGUNDAM Cafe 専用にブレンドした「ジャブローコーヒー」や、一番最初に発売された144分の1スケールのガンダムのプラモデルをモチーフにしたカフェ限定の大判焼き「ガンプラ焼」(テイクアウトのみ)なども販売する。

 場所はJR秋葉原駅電気街口より徒歩1分、営業時間は月〜金が10:00-23:00、土曜日8:30-23:00、日曜・祝日8:30-21:30となっている。

【4月14日14時23分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000016-rbb-ent
 
   
Posted at 16:37/ この記事のURL
<自転車>ブリヂストンの嶌田義明がフランス初戦で優勝 / 2010年04月14日(水)
 ブリヂストン・アンカーのサテライトチーム「ブリヂストン エスポワール」の嶌田義明が渡仏後の今季初レースとなるウォアンクールで優勝した。出走は90人、距離は15kmの平坦な周回コースを7周する110km。フランス北部のノール地方のドゥエやアミアン、パリのチームなどが集まり、強豪選手が多く参戦していたが、中盤に決まった10人の逃げに嶌田が入った。厳しい横風に多くの選手が脱落するなかで、嶌田は位置取りもうまくこなし、最終周回での激しいアタックの掛け合いの中、ラスト3kmで一気に抜け出し、集団と100mのリードを守って逃げ切った。

 この日のレースは風が強く、集団内での位置取り、横風というコンディション下の走りなど、レースの展開力が要求される中で、勝利したことは非常に価値のあるものだ。同じレースに参戦した平井栄一はパンクでリタイヤ、金子友也追撃集団での走りとなったが、最後ばらばらになり25位前後で完走。寺崎はラスト2周でリタイヤとなった。 4月13日20時48分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000003-cyc-spo
 
   
Posted at 16:00/ この記事のURL
【リアルディール】4・25KAWASAKI、再び東京進出狙う!トーナメントにエントリー / 2010年04月14日(水)
 4月25日(日)福岡・西鉄ホールにて開催される、リアルディール『BATTLE EVENT REALDEAL16』の全対戦カード、試合順が発表された。

 今大会の注目は、-60kgメジャー選考トーナメント。ライズやJ-NETWORKで活躍し再び東京進出を目指す“トンコツファイター”KAWASAKI、九州若手実力No1から脱皮し日本No1を目指す達晃、そしてここのところ連続KOで波に乗る宮田裕基、ダルビッシュ黒木と、実力のあるメンバーが勢ぞろい。

 このトーナメントを勝ち上がるのは!? 5・2「K-1 WORLD MAX 2010 -63kg Japan Tournament」への出場が決定した裕樹(リアルディール)に続く新たなニュースターがここから生まれるのか。

 また、セミファイナルでは今回唯一の70kg中量級対決として帝王(REALDEAL GYM)VS勇気(神風塾)のハードパンチャー同士が激突する。


リアルディール
「BATTLE EVENT REALDEAL16」
2010年4月25日(土)福岡・西鉄ホール
開場11:50 開始17:30(予定)

<全対戦カード>

▼メインイベント(第8試合) -60kgメジャー選考トーナメント決勝 60kg契約 3分3R
第1試合勝者
VS
第2試合勝者

▼セミファイナル(第7試合) 70kg契約 3分3R
帝王(REALDEAL GYM)
VS
勇気(神風塾)

▼第6試合 65kg契約 3分3R
山口竜司(REALDEAL GYM)
VS
越智大輔(TEAM SHIMONOSEKI)

▼第5試合 57kg契約 3分3R
判田大卓(MSJキックボクシング)
VS
真史(神風塾)

▼第4試合 55kg契約 3分3R
日畑達也(FKD)
VS
ラサールBLITS龍太郎(KING EXCEED)

▼第3試合 レディースファイト 48kg契約 2分3R
坂本由佳里(錬成塾)
VS
白築杏奈(138KICKBOXING CLUB)

▼第2試合 -60kgメジャー選考トーナメント1回戦 60kg契約 3分2R
達晃(REALDEAL GYM)
VS
ダルビッシュ黒木(KING EXCEED)

▼第1試合 -60kgメジャー選考トーナメント1回戦 60kg契約 3分2R
KAWASAKI(REALDEAL GYM)
VS
宮田裕基(REALDEAL GYM)

▼オープニングファイト 63kg契約 3分2R
緒方 惇(REALDEAL GYM)
VS
門田正明(Rice gate )

▼オープニングファイト 55kg契約 2分2R
度Sゆき(KING EXCEED)
VS
林田萸暉美(神風塾) 4月14日11時5分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000000-gbr-fight
 
   
Posted at 15:23/ この記事のURL
クレド / 2010年04月14日(水)
 「あきらめない」「ピンチは成長のチャンス」「夢を語り続ける」――秋田に教えてもらった3つの心得だったが、経営者仲間に言っても信じてくれない。自信をなくす浩であった。【森川滋之】

【4月13日19時52分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000085-zdn_b-sci
 
   
Posted at 14:47/ この記事のURL
若者の2ちゃんねる離れ 中高年だけ残る「暗い未来」 / 2010年04月14日(水)
 「若者の2ちゃんねる離れ」がネットでささやかれている。2ちゃんには、開設当初からのユーザーがそのまま居残って「高齢化」する一方、若い世代は「ミクシィ」をはじめとしたコミュニティーサイトに移ったのではないかというのだ。

 現在の「2ちゃんねらー」のメインユーザーは40代、さらには50代というデータも出ている。若者にとって2ちゃんは「不要」となっていくのだろうか。

■将来は「孫のかわいさ語ろうスレ」

 2ちゃんねるが開設してから既に10年を超えた。当時「若者」だったユーザーも当然、同じだけ年齢を重ねている。学生や若手の社会人だった人が、今は30代、40代になっていても不思議ではない。

 J-CASTニュースは2009年5月27日付の記事で、「2ちゃんねらー」の分析をした。グーグルが提供する「アド・プランナー」を使って調べたところ、年齢層は35〜44歳が最も多かったことが分かった。35〜44歳が34%と最も多く、25〜34歳(17%)、45〜54歳(同)、0〜17歳(14%)と続いている。それから約1年後、再度調べてみると年齢層に若干の変化が見られた。最も多いのは35〜44歳で全体の36%を占めている。そして2番目となったのは、45〜54歳の22%だ。もはやユーザーの中心は40代、さらには50代の「中高年」と言えそうだ。

 最近、「2ちゃんねる離れ」を扱ったネット記事が掲載された。当の2ちゃんねるにも早速その内容を語るスレッドが立った。「おっさん狙いの話題しか伸びないもん」と「高齢化」を感じている人もいれば、「若者が2ちゃんやらないことがなぜ深刻なんだ?何の問題もないだろ」と考える人もおり、受け止め方はさまざまだ。ただ、未来の姿を想像してかこんな書き込みもあった。

  「孫の可愛さを語ろう!! とか嫁が憎いだとか
  老人ホームで暮らす香具師集まれ!とか
  そんなスレばかりになるのだろうかいつか」

■「今の若者にとってはビビッドなものではありません」

 メディアジャーナリストの津田大介氏は、自身の経験として「以前より2ちゃんねるを見なくなった」と話す。2ちゃんには有益な情報が掲載されている面もあり、活用していた。しかし、ツイッターのようにリアルタイムで欲しい情報が手に入るツールが登場したため、2ちゃんの利用頻度が減ったという。

 津田氏は、2ちゃんねる誕生時と比較して、コミュニティーサイトをはじめ選択肢が増えたことで、若者が移っていったのではないかと言う。「もともと2ちゃんねるは、ある程度ネットリテラシーが高くないと使いこなすのが難しいものでした。一方で、ミクシィやモバゲータウンなどは、ゲームやソーシャルアプリといった低年齢層にアピールするサービスを提供し、若者ユーザーを獲得していったのです。10年前の若者には2ちゃんが『ビビッドなもの』だったのが、今の若者にとってはそう感じられなくなったのでしょう。(2ちゃんに)若者を取り込む要素はありません」

 このままでは2ちゃんの高齢化は避けられないが、「それはあらゆるメディアの宿命」と津田氏はいう。しかし若者は「2ちゃんは見ないが、『痛いニュース』は見る」というように、「まとめサイト」を見て必要情報を効率的に得ている可能性もある。今後、「まとめサイト」への細分化がどのように進むかで、若者にとっての2ちゃんのあり方が変わることも考えられる。


■4月13日20時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000004-jct-sci
 
   
Posted at 14:11/ この記事のURL
手製のマイカー盗難防止「自爆装置」、本人が使用時に解除忘れ“作動”=中国 / 2010年04月14日(水)
 広東省雲浮市で13日午前7時40分ごろ、駐車中の乗用車が爆発した。警察の調べによると、持ち主が盗難防止のための爆発装置を取り付けていたが、自分が乗る際に解除を忘れて作動してしまったという。中国新聞社が報じた。

 購入した自動車は中古車で、約1カ月前に購入したという。「自爆装置」は爆竹を分解して火薬を取り出し、鉄の小さな粒を大量に混ぜた。エンジンを始動すると爆発するように仕掛けていたが、解除を忘れてキーを入れ、まわしたという。

 持ち主は、頭部など上半身に鉄の粒が食い込むなどの負傷。病院によると、眼球を含め、少なくとも数百個という。写真は、負傷した持ち主の頭部レントゲン写真。(編集担当:如月隼人)

【4月13日23時4分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000092-scn-cn
 
   
Posted at 13:00/ この記事のURL
女子の夢『ニュームーン/トワイライト・サーガ』VS. 男子の夢『空気人形』、どっちがイタい? / 2010年04月14日(水)
 誠読者にオススメしたい映画を2つ取り上げ、あれやこれやと対決させる連載『映画でポン!』。第3回の勝負は人間の少女ベラとヴァンパイアの少年エドワードの恋を描いた『ニュームーン/トワイライト・サーガ』VS.ラブドールが心を持ってしまう『空気人形』。男子と女子の夢を描きながらもある意味でイタい両作品。対決の結果はいかに?【櫻井輪子】

【拡大画像や他の画像】

わこちん 映画好きの絵描き。エドガー・ポーツネルを超えるヴァンパイアはいないと思っているオタク。結構突っ込み。

佐々爺 映画好きのオヤジ。ぺ・ドゥナちゃんの乳は星3つ、とつぶやいたおっぱい星人。意外とボケ。

わこちん(以下わこ) 3回目を無事迎えました、『映画でポン!』。今回は少女漫画VS. 青年劇画って感じですよ。女子を代表して『ニュームーン/トワイライト・サーガ』を支持させていただきます、いただきます……が。

佐々爺(以下佐々) が? 何じゃ? ちょっと分が悪いとか思ってんだろ、お前。ラスト近くで大爆笑してたもんな。あそこで爆笑しちゃ〜、女子として駄目なんじゃないのか?

わこ だってーーー! 「私のために喧嘩しないで!」ですよ!? もう「キターーー(顔文字略)ーーー!!」って感じで笑うしかないでしょうがっ。

佐々 いや、女子はあそこでうっとりできるんだよ。お前はもう女子じゃないから笑っちゃうだけで。

わこ うっ(ぐさ!)、そんなひどい(涙目)。でも、ちょっと待ってよ。少女漫画育ちの私は主人公のベラに感情移入しつつうっとりしてましたよ。何たって、超イケメンのヴァンパイアと狼男が「私」を取り合って喧嘩だもん! ヨーロピアンお耽美な彼とネイティヴアメリカンのワイルドわんこな彼、どっちか選べだなんて、そんなーきゃ〜! 無理無理(嬉)、みたいな。……まあ、リアルな私は笑っちゃいましたけど〜。

佐々 そこが駄目なんだよ、最初っから最後までベラに感情移入できないようじゃ、女子として落第だろ?

わこ むっ、落第ついでに言わせてもらえば、ヴァンパイアのエドワードがちょっと、タイプじゃないっていうか、ヴァンパイアとしてちょっと……。彼がもっとタイプだったら徹頭徹尾うっとりできたと思う!

佐々 好みがうるさい奴だなあ……。

わこ あごが割れてるヴァンパイアはちょっと……。『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のトム・クルーズとプラピにだって駄目出ししたくらいなのに。何かさー、ハリウッドのイケメン分類って、“アメフトのクォーターバックのハンサムガイ”と“それ以外”しかないみたいなんだもん。文学部的美青年はオタクに分類されちゃうっていう乱暴さで、ヴァンパイアに適切な容姿ってのが分かってないんじゃないかと小一時間……。でも、狼男の容姿はばっちり。浅黒い肌のネイティブ系で、かわいくてちょいマッチョでさー。ああいう路線なら分かるのね、米国人も(ぶつぶつ)。

佐々 で、支持すんの? しないの?

わこ あ! 支持しますよ。女子の夢満載だもん。超ビューティフォーな人外キャラとの恋愛ものですよ! しかもラブラブ(死語)。だけど、種族の違いが2人の恋に待ったをかけて、すれ違いラブ要素もありーの、三角関係ありーの! イタリアまで行って「彼を殺すなら私を殺して」って言ったかと思えば、「この娘には私たちの力が及ばない」とか言われちゃって、「ごくごくフツーの女の子が実は何だか特別な存在?」っていう中2女子の脳内がそのままスクリーンに焼き付けられたようなすばらしさですよ!

佐々 えーっと……、それってちゃんとほめてるのか?

わこ ほめてますって! 今までは漫画でしか拝めなかった妄想がスクリーンで見られるなんて、それこそ夢のようじゃーあーりませんか!

佐々 何か張り付いた笑顔が怖いけど、まあいいや。わし的には「もう勝手にやってろよ、このバカップルがっ」って感じで、当て馬にされる狼男のジェイコブがかわいそうになっちゃったよ。献身的に尽くしてくれたジェイコブをあっさり捨てて……、「ベラめ、何て女だ!」と思っちゃった。

わこ いやいや、ベラちゃんだって苦悩してますって。でもエドワードは運命の人だからしょうがないのよ。いつか自分もヴァンパイアになって2人は永遠の恋人になるんだからさ〜、はぁ……うっとり。

佐々 だったらもう、すぐに永遠の恋人になっちゃえばいいんじゃないの? 周囲を振り回してないでさー。

わこ ロマンがないなあ、それじゃ駄目なの。いろいろ苦悩した末じゃないとつまらないじゃない。ドラマ的にも、ベラちゃんの心の盛り上がり的にもさ。

佐々 結局、主人公ベラちゃんが盛り上がるのが一番大事なわけだな、なんというイタさ……。

●男子の夢もイタいのだ

わこ じゃあさ、『空気人形』ののぞみちゃんを取り巻く状況のイタさについてはどうよ?

佐々 いきなりキタね。『空気人形』のイタさは人間誰もが持ってるイタさだから、『ニュームーン』ほどドリーマーな感じじゃなかろう。主人公の人形が心を持って徘徊する中で出会う、都会に暮らす人々の空虚さ=傍目にイタい生活のバリエーションだから、「お前なあ〜」っていう突っ込みどころはないんじゃないかい?

わこ そういう図式で語られると、「傍目にイタくない生活って何?」って突っ込みたくなっちゃうんだけど。独居老人や厚化粧の独身女、フィギュアが恋人のオタクだとかに「痛々しさ」のレッテル貼ったりするのって傲慢なんじゃないの? 余計なお世話っていう気がしちゃうんだよね。

佐々 自分がイタいとこつかれたからって八つ当たりしないの。あの中で一番痛々しいのは何たって人形ののぞみちゃんの持ち主と、のぞみちゃんが一目惚れするビデオショップの店員、という2人の男なんだから、安心しろよ。

わこ ダッチワイフが心を持って動くようになって、男子的にうはうはなのかと思ったらそう簡単にはいかないもんだね。

佐々 「心を持ったダッチワイフとうはうは!」なんて、どこのAVだよっ。AVみたいに短絡的じゃないけど、あの2人が人形ののぞみに要求する「元の人形に戻ってくれ」も「空気を抜かせてくれ」も、男のロマン、男子の都合にそったそれなりにイタいロマンだろ。

わこ あー、「元の人形に戻ってくれ」というセリフを聞いた時は、男子の本音を垣間見た気がした。もちろん、人形としてお買い上げした物体に、いきなり「誰でも良かったの?」なんて聞かれちゃったらうっとうしくて「元に戻ってほしい」と思うのは不思議じゃないけどさ。「出会ったころの君に戻ってほしい」ってことでもあるでしょ。「空気を抜かせてくれ」の方は、「やだこの人変態っぽい、何フェチ? 何プレイ?」と思いましたが。

佐々 空気抜きプレイは、エロスとタナトスじゃろ〜! 人形にとって空気が抜けることは死ぬことと同じだからね。あのシーンは美しかった。で、「あなたの息で私を満たして」とかぺ・ドゥナちゃんに言われた日にゃあ、酸欠になろうとも息吹き込んじゃうよ、わし。

わこ はいはい、エロスとタナトスね、爺の好きそうなシーンだな。「俺色に染まれ」ならぬ「俺の息でいっぱいになれっ」みたいな?

佐々 いやそういうのでもないって。俺色に染めたいなら、人権もなく何も知らない空気人形を自分好みに育て上げるっていう選択もある。空気抜きプレイはもっとこう儀式的な感じ。死と再生の繰り返し、繰り返すうちに取り戻せない日々や失った何かが戻ってくるかのような……。

わこ そうやって語るあんたがイタいよ…。空気抜いたり入れたりするだけで死と再生を体験できるんなら安いもんだね。現実はそうはいかないもんね。  

佐々 人形が心を持ったってところがもう現実から遊離してるんだから、ある種のファンタジーだと思って許してよ。……っていうか、ちょっと待て! 『ニュームーン』のがよっぽど現実離れしてるだろ?

わこ だってあれはファンタジーが大前提だもん、「現実離れどんと来い」って感じでしょうが。『空気人形』はファンタジーなのに社会派ぶった感じが鼻につくんだよ。現代に生きる人間が皆人形みたいに空虚なわけじゃないのに、十把一絡げにしちゃってさー。

佐々 『空気人形』に出てくる人たちのイタさが集まって、街全体が何だかイタい、なぜならば今の世の中がイタいからってとこかな。イタさの所在が分散してるんだよね。

わこ そしてあんたもそのイタさを分担しとるがな。「イタさ」を分散させるとはいかにも日本的な責任回避って感じなんですけど。だったら「イタさ」を一身に引き受けるベラちゃんのほうが潔いと思う。

佐々 潔いかどうかは置いといても、ベラちゃんのがイタいってのは全面的に同意するぞ。女子の夢のほうが突っ走りだすと止まらない勢いがあるよな。

わこ 男子の夢は戦略的敗退ってことか。空気読んでるね、さすが中身が空気なだけあるわ。

【4月13日16時6分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000058-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 12:25/ この記事のURL
月からやってきた、ゼブラ天使キュインキュイ〜ンがツキを呼ぶ? / 2010年04月14日(水)
ぱちんこの楽しさを広め、楽しむ人を助ける5人の天使、ゼブラ天使(エンジェル)キュインキュイ〜ンのお披露目記者会見が4月13日、都内で行われ、ゼブラ天使 キュインキュイ〜ンとお笑いコンビ、こりゃめでてーな(大江健次、伊藤広大)が登壇した。

ゼブラ天使キュインキュイ〜ンの他の写真

ゼブラ天使キュインキュイ〜ンは、名古屋・栄発アイドル、SKE48teamSの高田志織(あかキュイン・リーダー)、小野晴香(きキュイン)、出口陽 (あおキュイン)、平田璃香子(ももキュイン)、teamKIIの古川愛李(みどキュイン)の5人で結成。KYOURAKUのマスコットガールとして活動する。

ステージには、チアガールのようなコスチュームを着たゼブラ天使 キュインキュイ〜ンが登場。「SKE48の出口、平田、高田、古川、小野の正体がゼブラ天使です。ずっと言いたかった」、「元々私たちは月の住人で、(KYOURAKUマスコットの)たぬ吉さんにスカウトされました」とゼブラ天使を説明。また、「パチンコ台を出して、主題歌を作ってCDデビューしたい」と今後の活動の希望を語った。

現在、ゼブラ天使キュインキュイ〜ンは、公式サイトでコンテンツを開始。KYOURAKUのイベントなどでも活躍する予定だ。



【4月13日17時49分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000002-pia-ent
 
   
Posted at 11:51/ この記事のURL
【フォトレポート】西山茉希がヒルズに登場!――HPデザイナーズPC製品発表会 / 2010年04月14日(水)
 13日、六本木ヒルズにてタレントの西山茉希をスペシャルゲストに招き、「HP Mini 210 Vivienne Tam Edition」の製品発表会が行われた。イベントの内容をフォトレポートでお伝えする。

【4月13日20時38分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000033-rbb-ent
 
   
Posted at 11:18/ この記事のURL
<自転車>ブリヂストンの嶌田義明がフランス初戦で優勝 / 2010年04月14日(水)
 ブリヂストン・アンカーのサテライトチーム「ブリヂストン エスポワール」の嶌田義明が渡仏後の今季初レースとなるウォアンクールで優勝した。出走は90人、距離は15kmの平坦な周回コースを7周する110km。フランス北部のノール地方のドゥエやアミアン、パリのチームなどが集まり、強豪選手が多く参戦していたが、中盤に決まった10人の逃げに嶌田が入った。厳しい横風に多くの選手が脱落するなかで、嶌田は位置取りもうまくこなし、最終周回での激しいアタックの掛け合いの中、ラスト3kmで一気に抜け出し、集団と100mのリードを守って逃げ切った。

 この日のレースは風が強く、集団内での位置取り、横風というコンディション下の走りなど、レースの展開力が要求される中で、勝利したことは非常に価値のあるものだ。同じレースに参戦した平井栄一はパンクでリタイヤ、金子友也追撃集団での走りとなったが、最後ばらばらになり25位前後で完走。寺崎はラスト2周でリタイヤとなった。 4月13日20時48分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000003-cyc-spo
 
   
Posted at 10:45/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!