「素敵なフラスタイル」限定企画!タヒチアンダンスでフォ〜! 

2005年11月17日(木) 17時37分

写真:(左)タヒチアンダンスのイメージ (中)リリ先生 (右)雑誌「素敵なフラスタイル」

南太平洋担当の大貫健一@HGです!?
タヒチといえば、ニューカレドニアやフィジーより旅行代金も高めで、
ハネムーン要素が高いエリアではありますが、
実は今ひそかなブームを呼んでいるのが”タヒチアンダンス”

花で身を飾り、パレオをまとい、自然と音楽を愛するタヒチの人々
手作りのウクレレを手に集まって陽気に歌ったり踊ったりする様子は、
タヒチを訪れたことのある方は目にしたことがあるのではないでしょうか。
南国特有の激しい雨が去り、水を滴らせた緑に覆われたお庭から、
太鼓とウクレレの響き、そして何とも魅惑的な人々の歌声のハーモニーに
誘われてるように、続々と集まってくるタヒチの人々。
スタジオも鏡もない場所で、情熱的なタヒチアンダンスショーの始まりです

そんなダンスに魅了されて、都内でも続々と教室がオープンしているとか。
この度、パーパスジャパンでは、タヒチアンダンスに魅了された方々のために、
憧れのタヒチアンダンスを学ぶ6日間」コースを作りました。
(雑誌「素敵なフラスタイル No.12」の65ページにツアー掲載あり。)

先生のリリさんは、20年前にタヒチで初めてダンス教室を開始。
タヒチアンダンスのアパリマ・タムレを初め、ロックンロールやワルツに
タヒチアンダンスの動きをミックスした踊りには定評があります。
レッスンには、日本語通訳付ですので言葉の不安もなし
ぜひ、本場タヒチでの情熱的なレッスンをお試し下さい。

クリスマスシーズンに向けて! 

2005年11月16日(水) 16時42分

こんにちは。急に寒くなりましたが、みなさん体調はいかがでしょうか。
秋の紅葉が終わりかけに入ると、世の中はクリスマスモードになりますね。
六本木ヒルズ けやき坂に光り輝くイルミネーションも点灯され
これからの1ヶ月間、クリスマスソングが街中を包むことでしょう。

ヨーロッパも例外ではありません。
キリスト教色が強い欧州系の国々のクリスマスモードは、
私達の想像上以上に、とてもきらびやかに素敵なものです。
その代表例のパリのシャンゼリゼ通りのイルミネーションは、
2005年度は、11/22-1/2までの点灯予定とのこと。
デパートや街中のイルミネーションはすでに点灯しています。
ぜひ、パリに行かれるご予定がある方は足を延ばしてみて下さい。

しかし、クリスマスシーズンの見所は、イルミネーションだけではありません。
ヨーロッパの各都市にて、個性溢れるクリスマス市が街を彩ります。
クリスマス市には、クリスマスの飾り用の小物をはじめ、
伝統的なお菓子や、ホットワインなどの提供もあり、夜遅くまで賑やかです。

クリスマス市というと、本場ドイツやフランスのアルザス地方が有名ですが、
スイスのチューリッヒの中央駅に建つクリスマス市も要注目です。
ヨーロッパ最大の屋内マーケットで、子供のおもちゃから食べ物、
キャンドルや手作り小物などの個性的な屋台が軒を連ねます。
そして、世界遺産旧市街に立ち並ぶショップのクリスマスディスプレーも必見

そんなスイス・チューリッヒのクリスマス市を訪ねるツアーこちらです。
もちろん、こちらの日程表をアレンジして、
チューリッヒ&パリ、チューリッヒ&ドイツなどの組み合わせで、
ヨーロッパのクリスマス市を巡ってみるのもお薦めです。

PPJは南太平洋も頑張っています! 

2005年11月14日(月) 16時36分


皆様、はじめまして。PPJスタッフの大貫健一です。

パーパスジャパンは、ヨーロッパがメインの取り扱いではありますが・・・
実は、南太平洋 : 特にニューカレドニア&タヒチにも力を入れています。
そう、ニューカレもタヒチもフランス領。
もともと会社の本部がパリにあったパーパスジャパンとしては、
南太平洋も見逃すことができないこだわりの国なのです

ヨーロッパ担当が多い女子軍団を横目に、
私は男子ひとり、南太平洋担当として意気揚々と頑張っております。
それこそヨーロッパにはかれこれ○年以上足が遠のいていますが、
南太平洋には、1年に2、3度視察に行っていまして、
皆様が気になるホテルや現地視察を精力的に行なっています。

さて、この冬お薦めは、ニューカレドニア。
パーパスジャパンでも、たくさんのコースをご用意しています。
そして、心強いことに、パーパスジャパンのニューカレドニアの応援団長として、
タレントの松田純さんが名乗りをあげてくれました
ぜひ、「南の島大好き娘」の松田純さんニューカレ旅行記をご覧頂くとともに、
パーパスジャパンの南太平洋も、どうぞよろしくお願いします。

リーズナブル料金で渡航されたい学生のみなさま。
頑張った自分にご褒美旅行を・・・社会人のみなさま。
一緒に一度のハネムーンを思い出深いものにされたいハネムーナーの方。
家族でワイワイ!ファミリーのみなさま。

みなさまのご要望にあうニューカレドニアツアーをご紹介致しますので、
ぜひぜひ、info@purposejapan.com までお問合せ下さい。

ヨガ!ヨガ!ヨガ! 

2005年11月11日(金) 12時17分

アルコール大好きな私ですが、
この頃、若干体調がおもわしくないこともあり、体を動かそうかなぁ・・と。
そして、今はまり出しているのが、ヨガです。

ヨガにも、ホットヨガ、パワーヨガ、ストレッチヨガなど、
この頃の人気とともに、いろいろな種類のヨガ教室があるようで、
特に女性に人気みたいですね。
ミーハーな私は、さっそく会社近くのヨガ教室へ潜入

まず、体験したのがホットヨガ。
室内38度、湿度60度ぐらいに保たれた室内での動きは、
まったくハードではありませんが、とにかく汗が出まくり
体中の毒素が出る〜〜という爽快感がクセになりそう。

そして、パワーヨガにも挑戦。
美しいプロポーションを作れるという甘いセリフとは裏腹に、
従来のヨガに筋力的なトレーニング要素を組み入れたものなので、
超ハードな内容で、始まって早々にノックダウンされました

まぁ、そんなこんなで、まだまだいろんなヨガ教室に潜入予定ですが、
PPJでは、インド・本場アシュラムで学ぶヨガ入門ツアーなるものも
ご用意しています。

この冬は、みなさん、Let's ヨガ で、女により磨きをかけましょう!


ボジョレーヌーボーまもなく解禁! 

2005年11月10日(木) 18時56分

季節の到来を告げるボジョレヌーボー解禁までまもなくですね。
今年の解禁は、11月19日(木)の午前0時。
ボジョレーヌーボーは、全世界一斉に、11月の第3木曜日に解禁されます。
時差の関係で、日本は本国のフランスよりも、早く口にすることができます

ボジョレーヌーボーの「ボジョレー」は、フランス・ブルゴーニュ地方の”ボジョレー地区”。「ヌーボー」は、フランス語で”新しい”という意味。
つまり、フランスのボジョレー地区で今年収穫されたばかりの
フレッシュなブドウで作った出来立てのワインのことです。

さてさて、気になる2005年のボジョレーヌーボーのお味ですが、
桁外れに素晴らしいワインが期待されると評判です
・・というのも、今年の夏は天候がよく、かなり陽の恵みをうけたようです。
そして、ちょうど良い時期に、ブドウにとって恵みの雨が降り、
より果実が成熟し、凝縮したと言われています。

ぜひ、機会があったら、みなさんも口にして見て下さいね。
そして、この時期にフランスに行かれる方は、
ぜひ本国フランスでのワインの夕べをお楽しみ下さい。

Ryu マンタに会いに行く! 

2005年11月01日(火) 17時24分
はじめまして。PPJチルドレンの菅野竜太郎です。
社内では、Ryuと呼ばれています!よろしくお願い致します

さて、遅い夏休みとばかりに、念願のバリ島へ行ってきました。
PPJはヨーロッパ専門色が強いですが、
今日、バリやニューカレドニア、タヒチなどのリゾートにも力を入れております。

さて4年ぶりの海の中へダイブ
ヌサドゥア地区から船で東へ30分。バリの離島。
ヌサペニダ島にあるマンタポイントの水温は、やや冷たく20℃ちょい。。。
潜行してしばらく行くと直ぐ、いた!3枚、4枚いやいや、もっといる。
マスク越しの視界には1枚1枚が大きいので、
岩場の周りにグルグルいるマンタを1度に数えられない。
大きさは、たたみ3、4畳くらいか?気づくと、目の前や後ろ、下を、
僕の体より大きな何枚ものマンタが優雅に回遊している。
おもいっきり目も合う

僕らはタンクのエアが無くなるまで何十分もその岩場の周り、
水深は10メートルくらいにぷか〜っと浮いて、見放題、撮り放題。
目の前に浮いていた一緒に潜ったドイツ人のウラフが僕と、
インストラクターの頭の上あたりを指差す。
もう僕らの頭上数センチの所を一番大きなマンタが通り過ぎていく。
興奮してレギュレーターを咥えながら、
大笑いして通り過ぎてゆくマンタを見上げた。
マンタは僕らダイバーを何者と思っているのか?遊んでくれているのか?
それじゃ遠慮なく。インストラクターとエイヒレにタッチ!

船に上がり、ベテランダイバーのウラフの彼女曰く、
数えた限り全部で14枚グルグルしていたらしい。
僕はずっと興奮していたので、まったく覚えてないけど。

PPJではマナティと泳ぐツアー(タンクなし。シュノーケリング)や
ビーチリゾートなどでスクーバダイビングを楽しむツアーもご用意しております。
ぜひ、ビーチについては、Ryuまでお問合せ下さい!

ワインネタをもうひとつ♪ 

2005年10月20日(木) 21時26分


はじめまして。PPJスタッフの神野藤志穂です。
アルコールがまったく飲めない川崎のワイン紹介を見て、
アルコールがないと生きていけない私がフォローをしなくてどうする!
・・とばかりに、かなり意気込んでの初登場です
どうぞお酒好きの皆様よろしくお願いします。

さて、そんな私は、先週フランス政府観光局主催の研修で、
ブルゴーニュ・アルザス 酒飲み旅行・・いやいや、研修旅行に行ってきました。
実は、どちらのエリアも初めての訪問だったので、本当に楽しみで楽しみで♪
興奮の旅行記を作成しましたので、ぜひご覧下さい
酒好き必見 ブルゴーニュ・アルザス 研修日記


もちろん、ワインだけじゃないですよー。
思う存分ビールを飲めるツアーもご用意。

こんなツアーはないの??というお問合せでも結構です。
お酒に関する問い合わせ お待ちしておりま〜す

ワイン好きのあなたへ 

2005年10月20日(木) 20時57分
久々の登場で失礼します

今日のテーマは、「ワイン好きなあなたへ」。
かくいう私は、アルコールはまったくダメなのですが、
ヨーロッパ、特にフランスやイタリアはワインで有名ですよね。

弊社では、ワイン好きの方には有名な老舗のワインスクール
アカデミー・ドゥ・ヴァン」さん
と協力して、弊社では毎年ワインツアーなるものを企画しております。
アカデミー・ドゥ・ヴァンの人気講師と一緒に、フランスやイタリア各地の
シャトー巡り、並びに美味な料理に舌鼓を打つ、ワイン好きにはな旅行です。

現在募集しているツアーはこちら。
ともに、学校でも人気の講師が出発からご一緒させて頂きます。
現地では、ワインに詳しいコーディネーターさんが
最新現地ワイン情報をご案内します

11/20出発 イタリア・キャンティ街道とスローフードな旅
11/27出発 フランス・古城ホテルに泊まるボルドー・ロワール シャトー巡り

フランスツアーは催行定員まであと少しですので、
ぜひご興味がある方は、info@purposejapan.com までお問合せ下さい。
早い者勝ちですよ〜〜

アンティーク好きのあなたへ 

2005年09月12日(月) 20時46分


はじめまして!PPJスタッフの川崎友紀子です。
これからは、チョクチョク、ブログに顔を出そうと思っております。

さて、記念すべき、ブログのデビューは、「アンティーク」で決定
ただいま、雑誌「オレンジページ インテリア」にて、
”イギリスアンティークを手に入れる旅”というテーマをもとに、
アンティークバイヤー古川志津子さんお薦めの旅をご案内しています。
セレクトのセンスと確かなメンテナンス技術で人気のバイヤー古川志津子さん。
そんな彼女と一緒に、イギリスでいちばん美しい田舎と呼ばれる
コッツウォルズ地方を中心に、アンティークを手に入れる旅が特集中です
(詳細は、オレンジページ・インテリア 8月25日発売号 64ページを参照)

そして、この度、バイヤー古川さんが勧める
イギリスアンティークを手に入れる旅」が、なんとなんと・・・・、
パーパスジャパンで行けちゃうのです
トレンドのお店から、掘り出し物がたくさん眠っているお店でのショッピング。
マーケット、ホームセンター巡りにアンティーク講座まで、
アンティークにご興味がある方には、ご満足の行く内容
そして、多くの方が心配する輸送についても、現地でお手伝い。
この機会に、ぜひアンティーク好きな皆様、ご参加してみてはいかがでしょうか。
ツアー詳細は、こちら からどうぞ。

先日、古川さんを講師に招いて、
アンティークセミナー&旅行説明会がありました。
少人数でしたので、アットホームな雰囲気で、和やかに行なわれました。
さっそくお買物もされている方もいて、アンティークのお好きな方の熱意に脱帽!
「私もアンティーク熱は負けないぞ!」というみなさま、
どうぞ、こちらのツアーにご参加してみて下さい。
お問い合わせは、info@purposejapan.com までお願いします

引越し 

2005年09月08日(木) 13時30分
今までの素敵なアパートは来週半ば限りでおさらばになってしまいました
もともとの客がいて、1ヶ月伸ばすことはさすがにできなかったようです。
それなのに、こないだお米15sも買ちゃったし、ガス入りのお水のボトルも、
野菜もお肉も買っちゃたよー。移動するの大変そう。

そこで、またまたアパート探しをしなければなりません。
ローマのアパートって何気に高いんです。
・・・っていうか、一人暮らしってそもそもあんまりいないのかも。
また短期アパートと一般的な賃貸とは違うのでしょう。
短期アパートはそもそも旅行者目当てなので料金設定が外人向け。
何人かでシェアするには、ずっとホテルよりお得だし、快適かも。
また、8月は空っぽの季節なので、比較的安いレートで探しやすいですが、
9月以降にかけては、繁忙期がやってきます。

最近のローマは、車も増え、街の観光地以外のところも活気づいてきました。
今年の9月17日(土)はローマ・白夜の日と呼ばれる土曜日が毎年あって、
この日の夜7時から朝7時まで、ローマ市内の全ての美術館・映画館・
エンターテーメント的なものが全て無料だそうです。
そう、眠らない街の夜になるのです
ただし、どこもすごい列で、根気よく待てるかどうかが問題らしいですが・・。

ちなみに先週は、コッロセオでエルトンジョンのコンサートでした。
しかも聞くところによると、無料だったんだって!!!
コロッセオでやるってだけでもスゴイのに、ただなんて〜〜〜