私がいたかった場所? 

2007年12月29日(土) 14時58分
昨日は不思議な夢を見たよ。

1年前までいた場所に私はいるんだけど、
そこは今はもう私の居場所ではないんだ。

居心地が悪い時もあった。
だからその場所を離れたのにな。
なんでいまさらこんな夢をみたのか、
謎なんだけど。



気づいたら、あたしはレジに立ってるんだ。
たくさんの人が流れてくる。
あ、きっと今日はキャンペーンなんだ。
あるお客さんを相手にする。
接客楽しいな、って思った。

気づいたら2階から戻ってきた私より前に辞めた友達。

あれ?なんでいるの?

「ちょっと前から戻ってきてるんだよ」

へぇ、そうなんだ。
あたしも戻ってこようかな。

そしたらレジの向こう側に、
大好きなおねえちゃんがいた。
笑いかけてくれて、
あー安心って。


居場所だったんだな。
温かかったんだな。


楽しかったんだな。

思い出になる。 

2007年12月21日(金) 2時21分
一つずつ、思い出になる。
近くになければ、いずれ諦めていく。
目の届くところにあるから手を伸ばそうとするんだね。

離れてよかった。
見えなくしてよかった。

近くにいたら、
今でも声を聞いていたら、
きっと、思い出になんかできなかった。








ケータイが、2年半目に突入したよ。
電源が勝手に落ちるんだ。
もう、壊れてきちゃった。
電波も拾えない。
取り残されてる、ケータイと一緒に。

あたしが薦めたのを、先に買って、自慢してきて、
あたしが同じ機種にしたら、真似したって言ってきた。
違うから。あたしが先に言ったんだから。
でも、あたしがこのケータイにした理由に、
大きく存在していたのは、「おそろい」ってこと。


会った時にケータイが目に入って、
幸せだって、思ったんだ。


ケータイは次もあたしと同じにするって言ってたよね。
特別だから、あたしとおそろいだから、一緒に変えようって。


それを拒絶したのはあたしだったけど、
ねぇ、まだ変えずにいるの?


でも



あたしは、もうそろそろで変えようと思ってるよ。




一緒の機種にしようね。って言ってくれる人がいて、
あたしもそうしようかなって思ってるんだ。




その機種、あたしが薦めたんだけど、
先に買われちゃったよ。
あなたと一緒だね。

でも、どうしても、交わらない。





ただ好きのままがよかった。
あなたを好きなあたしは、すごい単純だったのに。
今はいろんなことを考えて人を好きになろうとしてる。
それはきっと正しくないよね。



いま、幸せなの?




あたしがいなくても幸せ?





思い出にしたいのに、思い出にしたくない。
あの時のあたしを、忘れたくないから。
大事そうに抱え込んだ、あの時の顔を忘れたくないよ。

大切なもの 

2007年12月06日(木) 22時55分
大切なものは失いたくないです。

ここ数ヶ月で、あたしの大事なものは、
急激に変化した。

いままでは、「夢」とか「いきがい」とか、
そーゆーものが一番の大切なもの、だった。

でも、その夢をつかんでから、
本当に大切なものに気づいた。


それは周りにいる大事な人たち。
気づけばここ数年で、
いろんな人を巻き込んで、
いろんな人をイライラさせて、
あたしはここまでやってきた。

一人でなんでもかんでもやってきたというのは、
やっぱりどうしても嘘になってしまいますね。


周りには、
がむしゃらになってる私の周りには、
その時視界に入らなかったけど、
大切なひとたちがいた。


「大変になったら言ってね」
「がんばってね」
「仲間だからね」


あたしは
いろんな人の力を少しずつ借りて
ここにいるんだなぁって。

だから、
見失いかけてる。
いままでの夢を、
迷い始めてる。


大事なものを、
失ってしまうのが恐い。


恐いなぁ。


楽しい? 

2007年12月01日(土) 21時57分
楽しいことってなんだろう?

「友達と話すこと。」
うん、楽しいね。

「お酒飲むこと。」
楽しいね。

「ゲームすること。」
とまらないね。

「映画見ること。」
楽しい楽しい。





楽しいけど、
だからなに?




楽しいから、がんばるの?
楽しいから、生きてるの?

楽しくないと、生きててもいみなくない?

死ぬって悪いこと?

親に申し訳ないとか?
じゃあ、親にいっぱい謝るよ。
そうしたら、いっぱい説明して、死にたいんだって、説明したら、許してくれないのかな。


死んだ時に、初めて気づいてくれるよね。たぶん。
聞いて欲しいことがあるから、自殺する人もいるんだろうな。

忘れてきてる自分がいるから 

2007年11月30日(金) 0時51分
ここのブログに手をつけるのも
8月以来だから3ヶ月ぶり。

時が経つのは早いものだね。

誰も読んでいないはず。
というか、友達にもアドレスを教えてないしね。
いいかげん教えようかな。
でも暗すぎるんだもん。


最近、本気になるってことをしてない。


やりたいことが、いまは見当たらないんだ。
こんなことを言う日がくるなんて、
去年のあたしは思わなかったなぁ。

去年のあたしは現在のあたしを許してくれるだろうか。
理解してくれるだろうか。

なんでだろう。目標を失っている自分がいる。
それって、生きるうえで一番大切だと思ってたのに。
あぁ、つまらないのはそのせいかな。


どうしたら見つけられるんだっけ。
どうしたら見失わないんだっけ。
どうしたら泣くほど夢中になれるんだっけ。

どうして忘れてしまったんだろう。

本気が分からないから、
未来が恐い。

現在のあたしは、
胸をはってやりたいことがいえない。

夢を追いかけていた自分。
目標を持っていた自分。
それは過去の自分なんだね。


つまんない人間に・・・なってきちゃった。
どうしたら戻れるんだろう。
でも戻ることは出来ないんだろうから、
どうやったら前を向けるか考えなくちゃ。


やだなぁ。
恐い。どうしたらいいのか、恐くて仕方ない。

そして、憎んで、葬って 

2007年08月25日(土) 20時28分
これからのこととか、いろいろなこととか、
少しだけいままでのことを考えて、
そして、また目をそらす。

今までのことを一人で整理することは、
思いのほかとても難しい。

自分の中での脚色はどうにでもなる。

どうにでもなるから、
信用できない。

それなら何を信用すればいいのか。
答えは今手元にある事実なんだろう。

目の前にある事実、それは
彼は最低だということ。

誰にでもではなく、あたしに対してしたことは、
どう考えても最低なんだろう。

大事な話をするのはあたしだけと言っておいて、
全てを話していないと突き放し、
彼女が出来たと言っても、
あたしを好きだと言う。
離れたくないと、終わらせたくないと、
最後の最後で引き寄せて、
関係を考え直す、だから、もう少し時間を
と言っておいて、熱が冷めたら元どうり「恋人ではないけど友達でもない関係」。

いままで、それを何度繰り返してきたんだろう。

それでも、あたしは、
彼のことが好きだから、どうしても、どうやったって、忘れられないから、だから、
それでもいいと言い聞かせて、むりやり「友達」に収まろうとした。

そう考える一方で、
いつかはあたしだけを大切だと言って、
あたしが大人になるのを待っているだけだと、
そう信じていた。

信じていたのに。

現実は違った。

現実は

何も変わらない関係だった。


これからもこの関係を。
変わらずこの中途半端な関係を。
それを繰り返していればいつか、
あたしはあなたの大切なものになれるのか。

その答えは
繰り返されてきたこの関係にあって
それは、間違いなく「NO」だ。


憎んで、嫌いになって、いい経験したと思って、忘れられれば
そうすれば、一番いいのに。

人の気持ちはうまくいかない。

憎んで、葬って、もう2度と還らないように。


彼の幸せなんて絶対に祈らない。

けれど、不幸せも祈らない。

普通に生活して、
そして、ふっと
あたしがいないことを悔やめばいい。
彼があたしにしたことを振り返って、
後悔すればいい。
あたしがいない人生を、
そんな4年ぶりの人生を、
これからもずっと生きていけばいい。
これでも生きていかなくちゃなって、
時々あたしを思い出して、
楽しかったことを、
二人で話したことを思い出して、
泣いてくれればいい。

叶わなかった約束を、
心に残したままで、生きていけばいい。

そうしたら、あたしはそれで満足。

暗い気持ちじゃないのに。 

2007年03月05日(月) 17時29分
大丈夫だ!!
って思う自分と
やっぱりだめだぁ・・
って思う自分がいる。

うーん、どっちも本当だけど、どっちも嘘だ。

今は忙しい。
それなりにシュウカツを楽しんできたところ。
ESを出して、結果が返ってきて、
頑張ったものに関しては今のところいい結果しか転がってこない。

他のことを考える余裕も、なにもかもない。

メールだって、おろそかになる。
ただの友達なのに、なんだかよくわからないメールを送ってくる人。
あたしがほしい言葉は、残念ながら、君からじゃない。

忘れたわけじゃない。
けど、徐々に信用できなくなっていく。
また人間不信?
いやいや。信じられる人はいる。
高校の友達、大学の友達、励ましてくれる人なんていくらだっている。

じゃあ何が変わったのか。
「恋愛なんてしたくない」
男なんて信用なら無い。
そんな気持ちになってきてしまった。
友達としてはやっていけるけど、
いつ本音をだすか、いつ裏を見せられるのか、裏切られるのか、
怖くて仕方ない。


だから、当分いらない。
友達はほしいけどね。
彼氏はいらないなぁ。。

いつまでも気づかない愚かな子ども 

2007年02月24日(土) 21時54分
今日は企業説明会に行ってきました。
青山、寒っ!!
あまりにも風が強すぎて
風に寄りかかるカンジ。
風と友達になるカンジ。
ちょっと違うけど。
あまりにもすごすぎて、泣きました。

企業の説明後、はなまるうどんが食べたくて、高田馬場に行き、ちょいと用があってTのつくお店に久々に行ったら、
わぉw
事務所相変わらず冷え切ってるよーw
久々に味わいました、あの空気。


ちょっとここからは腹黒いりあちゃん注意報です。


企業の説明会を聞いて思うことは、若い人が上に立つことほど不安定なことはないってこと。
いくら指導力がないからって、上にたつ限りは下の人のこと考えなきゃだめだよ。
私情をはさんだり、仕事上以外のことで人に暴言するなんて、理解できない。
なんか、前にも行ったけど、あたしはさ、間違ってると思ったらその人に言っちゃうんだよね。理解できないって。
それはあたしの長所でもあり、欠点でもあるんだけどね。。
でもそれを言うまではその人のことをそれなりに信用してるんだ。最初から理解できない人の言うことは理解できないのが当たり前なんだからさして何も言わない。

だからね、一度言って、なんの改善も見られない場合、もーだめだね、この人って思うの。
注意しても、明らかに自分が間違ってたとしても機嫌を損ねるだけなんてお子様でしょ。
だからもーその人はもーだめだって思ってた。
関わることも幸運にも今後無いかもだし。
だけど、この前、あたしを可愛がってくれてる人にひどいこと言ってたことが発覚。
「日本語わかりますか?」だって。
ありえない、やっぱ理解できない。

それってただ人を傷つけてるだけだよね。
そーゆー人がいると雰囲気も悪くなるだけ。
「いい緊張感」じゃなくって「空気が重い」だけ。

就職したら、私の考え方も甘いって思われるかもだけど。。
けど、厳しいことをいうことと、人を傷つけるということは違うよね。
それに早く気づいてほしいな。
一度はそれなりに信用した人だから。



ESに「職場を選ぶ基準」って項目があって、
そんなことを考えてみた。

4ヶ月ぶり 

2007年02月23日(金) 20時57分
追い詰められた。
友達に電話した。
耐えられなくなった。
・・・電話した。

忙しいのは分かってた。

「1回コールして出なかったらやめよう」

保険をかけた。
タイミングが悪かったって思おう。
その後連絡が来ても
ごめんね、って
気にしないで、って
メールしよう。

そう決めた。

お風呂に入ってみた。
書類を書いてみた。

心に彼の声を聴く一瞬を描いて。


メモリーを出す。

あれ?
「もしもし」ってどーいうんだっけ?

直前になって「もしもし」の練習なんかしてみた。
そんな自分がバカらしくなって、
勢いあまって、電話した。

1回、2回、3回、

もーでないかな・・・

一瞬、
そう一瞬、

音が途絶えて、

「もしもし」

声が聞こえた。

周りはざわついていて、
仕事中だってわかった。

練習してたのに

「もっしもーし」

全然かわいくない応答をしちゃった。
あーあ。。

久々に聞いた彼の声は
今まで聞いてなかったのが嘘のように
すんなり心に溶けてきた。


側にいたかったはずなのに、
自分から離れた。
その場所に戻るのが怖かった。


「席戻るときにね、笑ってたみたいで、気持ち悪いとか言われたー」


そんな彼が好きなのに、
私のものじゃない。

嘘で固められた理想像 

2007年02月21日(水) 20時54分
単純に考えるための偽の器
壊されないように割れないように
必死に守ってるけど本当は
壊したがってる、割りたがってるのは
他でもない自分
苦しいともがいてる自分を見て
笑っているのも、泣いているのも
他でもない自分
「ここを出たらいけません」
決められたルールを最初に破る問題児は
他でもない自分
好きな自分が一番嫌いなのも
他でもない自分
誰でもない自分


アタシ≠ワタシの方程式を解けないフリして抱えてく。
理想が大きい器になって、どんどん膨らんでます。
破裂しそう?気持ちよくなりたい?
欲求を吐き出すのは猿がすること。
我慢が快感。
苦しがってる自分を見て
可愛そうな自分を見て
もがく自分を猿が笑う
器のなかでいつのまにか息苦しくなって、
やぶりたいと思った過去は未来へと飛んだ。
人生のループをラインにする打開策はまだ手元にありますか。
血の気が引いた拳を開け。


解決策を蹴り飛ばして
救世主の登場を夢見てる
たどり着けないハッピーエンド
ふさいでいた非常口
カギを増やして
さぁ、当てて
疑うことで手に入れる本当の自分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:purple1985
読者になる
パープル大好き。
ただいまシュウカツ中。
大学3年生。
映画大好き。
服も大好き。
おもしろおかしいもの大好き。
キライなものは、細木数子。

みなさま、よろしく☆
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる