最愛の人。 

December 21 [Thu], 2006, 8:42
その当時は携帯なんてないから急いで公衆電話から寮に電話した。
一番最初に出たのはナオキ。
「おまえ何してんだよ!何で連絡もよこさないんだよ!
今どこにいる?今から行くから」
「でも明日仕事でしょ?いいよ。もう少ししたら家に帰るから」
「今会いたいんだ。早く場所教えろよ」
深夜1時に祖母の家の近くにある駅で待ち合わせた。
祖母の家のベランダから気付かれないように抜け出して
駅に行ったらナオキがいた。
話はしなかったけど冷たくて暖かい手を繋いでいた。
ナオキはいつの間にか有休をとっていて祖母の家の側に住んでいる友達の
家に私を連れて行ってくれた。
その友達は「俺専門学校とか色々あるからほとんど家に居ないから
好きに使ってよ」と言ってくれた。
寒い中バイクで走ってきたせいかナオキは次の日熱をだしてしまった。
「何食べたい?」「モスバーガーとココイチのカレー」
「なんだよ 熱出してるわりにはこってり系だなぁ」
「だって食いたいんだもんwww」
「じゃ行ってくるね」
「早く帰ってきてよ」
「わかったよ。すぐ帰ってくるからね」

夜はナオキの友達も帰ってきたからにんにくたっぷりの野菜炒めや
いろんなものを作った。
二人共喜んで食べてくれた。
まだふらふらしているナオキにシャンプーして髪を乾かして。。。
本当に幸せだった。
次の日にはナオキの熱も下がって一緒に寮に戻った。

幸せな日々。 

December 20 [Wed], 2006, 1:24
同い年でいつも大好きなバイクに乗って仕事にくる。
時間を重ねるうちに二人共好きになっていた。
付き合い始めてからいつも一緒だった。
仕事中も仕事が終わってナオキのいる寮にいる時も。。。
一緒に手を繋いでコンビニに行ったり、ビデオを借りてきて
一緒に観たり音楽を聴いたり。。。
ごく普通に今は思える事も一瞬、一瞬本当に輝いて、幸せだった。
でもその当時は家が厳しくて泊まって着替えるために家に帰ると
必ず父親と喧嘩した。
家での親との喧嘩などで精神的に疲れていた頃
私の様子を見ていた所長が○○さん疲れてるみたいだから
1週間休みをあげるから元気になって帰ってきてね。と言ってくれた
実際本当に疲れていて所長の心ずかいをありがたく受け取る事にした。
家にはいたくなかったので仙台市内の祖母の家に泊まりに行った。
何日かは疲れて起き上がれなかったのでナオキにも連絡を取らずにいた。
少し元気になった頃、家→祖母の家を経由して親友から電話がきた
「ナオキクンひさの電話を待って寮の電話がなるたびに一番最初に
いつも出てるんだよ。早く連絡してあげて」って

出逢い。 

December 20 [Wed], 2006, 0:28
もう十年近く前のずっと忘れたくない思い出です。


バイトしたくて飛び込みで近所の何軒かのGSに「働かせて下さい」
と履歴書だけ持って断れ続けて最後のスタンド
「最後だ。。。」でも思い切ってすいませんアルバイトしたいのですが。。。
所長が出てきて「じゃ面接しましょう!」と言ってくれた。
もし迷惑を掛けたら。。。と思って自分が自律神経失調症の事も
打ち明けた。
「ぁ。。こんな事言ったら駄目だった」と諦め始めた時
「病気でもうちで働こうという気持ちがあれば問題ないよ
私の身内でも同じ病気で頑張ってる人を知ってるしね!採用ですよ!
頑張ってね!」と言ってくれた。
それからずっと頑張って働いた。
働いてようやく仕事を覚えてきた頃、新人研修を終えて私の働いている
スタンドに赴任してきた人。
最初のうちはほとんど話さなかった。
でも仕事してるうちに段々と話す機会も増えていった。
その人がナオキ。
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:purinpurinlove
読者になる
Yapme!一覧
読者になる