初☆ぶろぐん 

2008年08月09日(土) 1時54分
にゃにゃー♪

今日からブログを始めるぞー!にゃー!さっき半分以上書いてた日記が消えたよぉー( p_q)

mixiでもよくやるけど、ブログでも結構簡単に消えてしまうのね・・・悲しい・・・泣けるぜっ

こんな感じでパソコン操作が超苦手のぷりですが、他の人のブログも見つつ、学びながら自分の日常を素直に、楽しくここにぶちまけていけたらなぁーと思ってます(´▽`)

とりあえず短くても毎日書くことが目標だよっ!!頑張るぞぉー

さてさて、そんなぷりですが、女子大生です。4年生です。

いわゆる最後の学生時代をエンジョイしておりますっ!!

・・・っと言いたいトコですが、就職先に未だ納得出来ず、まだ就職活動を続けております

だから悲しいことにイマイチはっちゃけられないし、イマイチ心から夏休みが楽しめないのです

いやぁーそれにしても就職活動ってやっぱり大変です。苦しいです。

どちらかというと、パキっという感じよりも、ふにゃーとした雰囲気を醸し出すぷりにとって、面接は辛く、厳しいです。

こんなこと、言っちょる場合ではないのですが、自己PRとか自分をウリコムとかそういうことが照れくさくて、恥ずかしゅーて、苦手なのです。

ズラリと並んだこわそうなおじさん達に矢継ぎ早に質問されることも、どうも慣れないのです。

みんな、どうやってあの違和感のある空間に対処しておるのでしょう・・・教えてほしいっちゃ。

そしてまたしても今日、私は思いを募らせていた会社にフラレますた・・・あちゃー

あれほど好きな気持ちを語らせといて、こんなに私の思いをひっぱっておいて、本当にドSな会社です。

わたくしは、大層落ち込みました。ヒートアイランド効果で、ギラっギラ暑い渋谷を、あまりのショックにフラフラになりながら、徘徊しましたよ。

こんな日は何をやってももう駄目だ・・・レッツ気分転換ということで、今日は美容院→映画に行きました(´▽`)

髪の色はやっぱりまだ変えられない(黒髪もけっこう気に入ってるし♡)。

でも、なんか自分を変えたいなぁーということで、久しぶりのパーマに挑戦っ!!

カリスマ風な美容師さんいわく、私はYOUさんみたいなふわふわパーマの、かわいらしい女性になれるらしい♪

でも、その割りには美容師さん、超ぐるっぐる前髪にもきつーくロッドを巻いていきます。

・・・ちょっと大丈夫かなぁーっという不安の2文字が心の中を激しく通過します。

そして出来上がりっ!!

ここで突然ですが、女の子って鏡にうつる自分の姿を見てたまに絶句することがあるよね。

例えば、眉抜きすぎちゃった時とか、前の晩たらふくお酒飲んだ後のお顔のむくみようとか。

そして、今日の私もその状態にっ!!

もう、あたまがぼんっ!!破天荒な感じですよっ!!

YOUさんのかわゆいパーマを10倍くらい圧縮した感じの出来上がり・・・なぜか満足そうな美容師さんの手前私も「かわいい〜」なんて心にもない言葉を言いつつも、頭の中は大パニック!!

明日からのどう人前に出るか、ということを考えるのに、脳みそフル稼働です。

しかし、あまりマイナスに考えていても思い、私はこの状況をよい方向へ考えることにしました。

そして導き出した結論は、「ぐーぐーだって猫である」の小泉今日子ちゃんみたいというものです。

しかしね、小泉さんがやると、良い感じにくだびれたかっこ良いミセスという感じですが、私がやるとただのサイババですね。

いつか小泉さんになれることを夢見て、私は今日100回以上鏡を覗くのでした

せっかく奮発したイメチェンに関わらずますますテンションが下がり気味な私は、自分よりも不幸な人たちを見て自分の幸せを実感しようという、最低な考えを思いつき(人間が小さすぎ)、「闇の子供たち」という映画を見に行きました。

この映画は、タイで行われている人身売買や、幼児売春を扱った日本映画史上稀に見るシリアスなテーマを扱った話題作。お昼にも関わらず、サラリーマンやら学生やらで会場は満席です。

感想は、あまりの衝撃に帰り道吐きそうになりながら帰りました。

それは、映像がグロテスクとかそれ以上に、このようなことが今も実際に行われているこの世界の現状に対する嫌悪感でもあり、そのような状況を知らず知らずのうちに見てみぬふりをしてきた自分に対する怒りでもあった気がする。

だからといって、私はそのことに対して何かアクションをする、例えば宮崎あおいちゃんの役の子のようにボランティアに行って、現地の子供たちを救おうという考えには至れない。何でだろう・・・自分が大事だからかな・・・すごくそんな自分イヤだけど、きっとそれが一番の理由なのかもなぁ。

あおいちゃんの役の子は、映画の中で新聞記者の人に「どうせ、自分探しのボランティアだろ」とか、「偽善者」とか相当きつい言葉を浴びせられます。でも、理由が自分探しでも、偽善的でも、今の快適な暮らしを捨てて、慣れない土地で、誰かのために活動している人ってやっぱりすごいよ。誰も、彼らには勝てないよ。

今度、また書きたいけど、沖縄で環境問題について一生懸命取り組んでいる人にも、そういう風に思った。

命をかけて、誰かのために何かをしている人にはかなわない。本当、私たちは彼らと同等に働かない限り、偉そうなことは何も言えないんだ。

本当にショッキングな映画だけど、見る前と見た後じゃ、世の中に対する考え方がやっぱり変わるよ。

何も出来ない私達が唯一出来ることは、ちゃんと現実を見るってことことじゃないのかな。

だから、もしこのブログを見た人がいたら絶対この映画を見て欲しいな。

私のこのへっぽこ感想じゃ、あまり見たくはならないかもだけど、色んなことが得られる映画だよ。

後、もう一つ印象に残ってるのは、パンフレットを買ったんだけど、そこに書かれていた撮影する際のこのエピソード。

監督はあえてこの映画の中で、白人や日本人にタイの子供達が犯されている様子をリアルに描いているんだけど、その中で気をつけたことは、犯される子供に怯えている目をさせないことなんだって。

なぜなら、そんな怯えている様子をしている子供たちを見せることは、逆にそういう性癖の人たちを興奮させることにつながるから。

何だか、やるせないよね・・・

はぁー今日も色んなことがあった1日だったな。

映画見る前は、私の本当最低な気持ちを持ってた。本当バカだよ。

でも、自分がこの広い世界の中で、やっぱり相当幸せで、恵まれた環境にいるってことも、やっぱりこの映画を見た上で感じた事実でもある。そのことのには、やっぱり感謝して、会社落ちたことくらいで、くよくよせず、前向きに頑張らなきゃ。

そして、人のために自分に出来ることをちゃんと見つけて、なおかつ実行できるくらいの余裕のある人間になりたいな。

さすが、初回!長い上にまとまりない!!

でも、久ぶりに好きなように自分の思いを書いたら、ちょっとスッキリ(´▽`)

自己満でしかないけど、明日からも頑張って書くぞー(´▽`)

にゃー♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:purin1226
読者になる
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる