香水のつけ方 オシャレで正しい知識

April 25 [Sat], 2009, 7:51
香水を正しくつけていますか?

香水を正しくつけないと、いい香りであるはずの香水ですが恐ろしく悪臭を放つという事にだってなりかねません。
香水はつける場所によっても香り方が変わるという繊細なアイテムです。
正しく使って素敵な女性になりたいものですね。

まず基本的なつけ方として、いくつか大事なポイントを挙げたいと思います。
まずは香水をつける前の準備。
誰もが知ってることかもしれませんが、何と言っても体を清潔にしておくことが重要ですね。
汗は一番の大敵。これからの季節には特に気をつけなければなりません。
朝起きた時にシャワーをあびて香水を使えば香りを有効に楽しむ事ができます。

そして一番間違った認識を持たれているのが香水をつけるタイミング。
出掛ける直前や人に会う直前に香水を使う人が多いのですが、香水本来の香りがしてくるのはつけ始めから30分後以降。
つけてすぐは刺激が強いので気をつけましょう。
そして何と言ってもつけすぎはダメ!つける部位によっても多少適量は違ってきますがつけすぎだけには注意しなければなりません。
万が一、つけすぎてしまった時には応急処置でしかないですが、アルコールやエタノールをコットンにつけて拭いたり、ウェットティッシュで拭いたりしてみてください。

香水は体温の高いところにつけると香りが良くなるということは広く知られています。

また香りは下から上へ広がっていく特徴があるのでこれをうまく利用するのもいいでしょう。
基本的には手首やひじの内側、ひざの裏側などの脈を打っているところや腰につけるといいです。
たまに、汗の匂いを隠したいという思いで、足の裏やわきの下につける人がいますが、先ほどにも述べたように汗によって香りの成分が失われて不快な香りになってしまうので絶対にやめましょう。
P R
カテゴリアーカイブ