ひこうき雲 

December 02 [Tue], 2003, 0:00
青いキャンバスに
ひとすじの 白いライン
風とともに
しだいにそのラインを滲ませ
いつかまた
空の青に 溶けていった
キミとボクとの
あの夏の日のように

舞踏会 

November 29 [Sat], 2003, 0:00
いつもよりあたたかい毎日が
ゆっくり ゆっくりと
木々を色づかせていく
銀杏は美しい黄色の着物を
もみじは艶やかな茜色を纏う

そして華麗な舞踏会
ひらりひらりと舞い踊り
ゆらりゆらりと風と歌う
ひとときの華やかな宴

やがて辺りには
もとの静けさが訪れる
もうすぐ冬がくる

オレンジの花 

November 01 [Sat], 2003, 0:00
甘い香りがたちこめる
雨上がりの公園
足元に広がるオレンジ色
ちいさな星のような花を
あなたは
そのちいさな手に
たくさん集めて
とても嬉しそうに
わたしにくれたね
空から落ちてきた
宝石だってね

 

October 15 [Wed], 2003, 0:00
雨上がり 
空にかかる ひかりの橋
ふたり並んで 眺めた

七色が 夢のようにきれいで
しあわせになろうねって
願いをかけた

こころには 消えることのない
虹がかかった

キミだけ 

September 19 [Fri], 2003, 0:00
キミのことが好きだってコト

やっと今気づいた

ずっとずっと

好きだったって...

キミだけを 愛してた

またね 

September 11 [Thu], 2003, 0:00
見送るのは淋しいから
同じ時間にくる 電車を選んだ

反対側の ホームに立つキミ
笑顔でちいさく 手を振った

そして再び
ガラス越し 1mの距離

バイバイ またね。。。

動き出した電車は
あっという間に
ボクたちを遠ざけた

花火 

August 16 [Sat], 2003, 0:00
ふたりでみた
夏の夜空

大きな光の花が
いくつも広がる

お腹に響くような
ドドーン という音が
気持ちいい

咲いてはすぐに
消えてしまう光の花

しあわせのそばにある
せつなさのように...

着メロ♪ 

July 09 [Wed], 2003, 0:00
ケイタイの着メロを
大好きなあの曲にした

あなたからのコール

着信の
1秒前に光るケイタイ

だから
いつも曲にならないよ

あなたの声に
心の中で流れる
あの曲のメロディが重なる

疲労 

July 02 [Wed], 2003, 0:00
今日はとても疲れた

束縛から開放され
はやく帰りたい気持ちを
疲れきって動かない体が
のみこんでいく

カラダ ガ オモイ...

雨の街 

June 17 [Tue], 2003, 0:00
広い窓から見下ろす街は
低いグレーの空に
落ちつぶされそうだった

ぽつ ぽつっと
落ちてきた雨に
ひとつ ふたつと
傘の花がひらいてく

その色とりどりの花は
重い空気を
押し上げるかのように
次々と 咲いた・・・

止むことのない雨に
街が煙る
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:puredrop7
読者になる
2003年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる