またひとつ 

2006年10月03日(火) 1時36分
いいのかわるいのかは解らない。
またひとつ「出会い」に遭遇してしまった。
もう一人の気になるヒトができてしまった。

今の「彼」とは何も約束してない。。
暗黙の了解の上での彼氏彼女の仲なのか?
それともただ、あいまいな関係なのかわからない。
彼は彼の友達に私のことを「彼女」だといって紹介するけど・・
と、いうことは彼女なのか・・??
いや、わからない。
わからないんだよ・・・。

だから、気になるヒトがもうひとりぐらいいてもいいよね?
私はやっぱり最低なのかなあ・・・


もう少し考える時間を与えてほしい。
わがままなのは承知だけど、
もう少し待ってほしい。。。

欲張り 

2006年10月01日(日) 21時11分
自分は完璧じゃないのに
そもそも完璧な人なんていないのに
相手に完璧を求めてる自分にふと気づく。

と思うと自分の中での弁解が始まる・・
「いや、これは決して相手に完璧になることを
求めていrのではないんだ」
ただ単に自分の中でコアに気になってる部分においてだけ
こだわってるんだ。

誰にだって、「これだけは譲れない!」「これだけはこうだってほしい!」
っていう部分あと思うんだ。私はただそれを求めてるだけ。

でもこんなのただのいい訳で、
実は私はただの貪欲すぎるヒトなのだろうか・・??
欲張りすぎなのだろうか?

時々わからなくなる。

インターネット 

2006年09月29日(金) 6時41分
昨日は久しぶりに学校に足を運んだ。
といっても目的の授業登録の紙を提出しただけで
その直後には学校を出て友達の待つ付近のカフェへ。

久しぶりに顔を合わせるTくんもMちゃんも元気そうでなにより★
2〜3時間ぐらいはずーっとしゃべってたかな。

その際に話題になったことでちょっと印象的だったこと・・
それは「インターネットの世界について」。。。
いや、まあ「〜について」なんていってもそこまでまじめ腐って
討論していたわけではないんだけどね・・・。
まあ結論からいうと・・使い方次第で、ものすごく便利なツールになる一方で
考えようによっては非常にめんどくさいことも起こる世界。
まあ、きっとこれは誰もが心のどこかに秘めてることであって
いまさら提示されるべき事実でもないと思うけど。

私たちがとくに重点をおいて話してたのが日本某ソーシャルネットワーキングサイト、
その名も「○IXI」のこと。
登録するにあたっては人からの紹介のみでの入会。
ある人のところに「遊びに」いけば、分単位の時間表示で「足跡」ものこる。
友達リストへ誰かを追加したい場合は、その人に「リクエスト」を送って
相手が承認してはじめて追加される。
友達になればその人の日記がよめる(「全体に公開」に設定すれば不特定多数の人が読める)
。。と、まあ、機能を一から説明していけば長くなるのだけど・・。

私自身もこの○IXIユーザーのうちの一人。
入会したてのころのほうが正直、気楽で楽しかった。
好き勝手に日記を書いて、好き勝手に写真を載せて、もはや自己満足の世界。
ところが、友達リストに人が増えるにつれて自分の日記を読む人も多くなって
だんだんと自己満足で済ませるわけにはいかなくなってくる。
何かを書くにもそれなりに気を使うようになってくる。
それに、本心では友達リスト追加リクエストに「承認」したくない人でも
承認せざるをえない場合も多々でてくるし(その人のことを知ってる場合はね)
・・・・なんだか色々と複雑な領域になってくる。

旧友や普段会えない人との再会・連絡するツールとしては
こんなに便利なものはないと思う。
けど、それ以外でのいいところを見出せないでいる自分に気づく今日この頃。
ましては私個人的には○IXIでの「出会い」には正直期待してない。
「ネットで出会うのは現代のやりかた」のうちのひとつ・・というならば、
そのことに関しては、私は「アナログ人間」といわれようがなんでもいい。

ネットでの出会いにも素晴らしいものたくさんあるし、
根っこからそれを否定しようとしてるわけでは全くない。
でも、せっかくの人との新たな出会い・・・
目で見て、口でしゃべって肌で感じて、耳で聞きたいじゃない?
ネットでの出会いが増えて、そういう自然な出会いが減っていくことに関して、
どうも私は頷けずにいる・・・・両者がちょうど5:5の割合で存在しない限り。

だいぶ話はずれてしまったけど、
とにかく「出会い」云々をのぞいたとしても、なにかと面倒なことも起こるインターネット。
何に利用するにしても、色んな意味で気楽に且つ「上手」に利用したいものです。

プレゼント 

2006年09月17日(日) 12時40分
誕生日でもなんでもないときにあげるプレゼント。
それはそれで、とてもロマンがあると思う・・・★☆

気持ちの変化 

2006年09月09日(土) 21時31分
人を好きになることにものすごく臆病になってた私は
いざとなるとものすごく疑い深くなっていた

「あいつは確かに前は遊んでたけど、Mが現れてからは
本当に遊ばなくなった」

そんな私には、これを信じ始めるのに2年もの歳月が必要だった。
いや、その疑い深さはいまだに「進行形」な部分もあるのかもしれない



P R
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pure_randomist
読者になる
Yapme!一覧
読者になる