大学病院、開業医、何が黒か。白か。 

April 26 [Sun], 2009, 22:58
どうも圭吾です。先ほど仕事が終わり、お家で一人でビールを飲んでいます。…寂しいのでしょうか?(笑)一人で飲むなんて事はあまりないのですが…ストレスや孤独が高まっているのかもしれません。




大学病院と聞くとどんなイメージを持つでしょうか?開業医と聞くとどんなイメージを持つでしょうか?多分ですが…僕のような開業医がすごいと思われるかもしれません。何故なら経営者でもあるから。けど…現実は大学病院が上です。開業医は所詮町医者です。もちろん開業医でも大きな病院の場合もありますが、大学病院になってこそその病院が認められた事になるでしょう。






僕がかつて勤めていた大学病院。日本で一、二を争う大学病院です。そこの外科で僕は講師に抜擢されました。歴代最年少講師です。でも僕は満足しませんでした。教授になり、医学部長になり、学長になる。まずは教授になると思い、野心むき出しで汚い手も使いました。その為には寝る時間が例え二日に一回でも構わず、二日で四時間程度の時間でも自分を高める事に務め続けました。最前線医療にいる者にとっては丸二日寝ないなども当たり前なのですが…今考えると異常でした。



白い巨塔をご存知ですか?小説・ドラマ共に有名ですよね。あれにはすごく感銘を受けました。現実放れした点が多々あるのですがそれでも共鳴する面が多々あり…見た人にしかわからないかもしれませんが、僕は財前先生派でした。そして里見先生を卑下していました。確かな技術、昇進…目に見えるものが全てだと思ってました。心のケア、そんなもの患者によって変わってくるものであり、そんな不確かなものを大事にするのは小利口な事だと思いました。考え方の大部分は今も変わっていませんが…。



やはり僕は高みを望むと言うのは素晴らしい事だと考えます。望むだけでなく努力も伴わないとクズでしょうが…大学病院では第一に教授、そして医学部長、学長。そうして上を目指していくのが当たり前だと考えます。ただ、心のケアという部分には考え方が変わりました。子供は物を与えられるだけでは満足しない、遊び方も教えてあげないと。その遊びの部分を教えてこそ根治と言えるのではないかと。




だから上を目指すものが否定されて、上を目指さないものが肯定されるのは間違えてると思います。むしろ否定されるのは向上心のない上を目指さないものです。もちろん好感がもてるのは野心のない人でしょう。でも上を目指さない人間に何の魅力があるでしょう?現状維持を望む人間には現状維持も出来ないものなのです。


例えばですが、生活を豊かにしたいと思いませんか?それには努力しなきゃいけない。猫が魚を咥えてくるのを待つのではなく、自分が魚を捕りに行かなくては生活を豊かにできないでしょう。そのために動く、高みを目指す。それを否定される世の中なら僕は生きていけません。上の人間を辞めさせて自分が上に上る。それくらいの野心がなければその人間はそれまでだと思うのです。




賛否両論でしょうが…僕は高みを目指さぬ人間は嫌いです。求めても努力をしない人間には何も与えられないでしょうが、求めない人間にはチャンスもありません。ようは…裏口入学や出来レースを否定し、実力主義の現実を望んでいるわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:月島圭吾
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
一応…開業医です。まだまだな男ですが父から受け継いだ病院を盛り上げ、最終的には大学病院に!…できたらいいなと(笑)いつまでも夢見がちな少年の心を忘れず、日々励みたいと思っています。自由気侭にブログを更新していきたいと思いますが、たまにでも見てくれたら嬉しいです。よろしくお願いします☆
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30