にきび跡や赤みを作らない方法

October 28 [Sun], 2012, 1:32
どうすれば、にきび跡や赤みができずに済むでしょう。

毛穴に炎症がおき、赤くなって時には膿むこともあるにきびは、
一度できると元どおりになるのは難しいといいます。

にきびかなくなっても、にきび跡ができることもあります。

赤みとは、肌の炎症が引かずに残っている状態であり、
にきび跡はにきびがあった場所が陥没しています。

炎症を抑えて赤みがなくなった場合でも、
にきび跡がいつまでも残る場合もあります。

一度できたにきび跡もでこぼこ感が無く、
茶色のものであれば、色素沈着を起こしているだけです。

色素沈着程度であれば、
何日かすれば徐々に薄れていきます。

ただし、皮膚が凸凹になってしまったものはその限りではありません。

にきび跡がでこぼこになるのは、
にきびの炎症や腫れが悪化した場合に多いようです。

にきびが膿むと、膿みを出そうとする人がいます。

赤みを帯びたにきびが化膿することは多いですが、
にきびはつぶさないようにしましょう。

にきびで繁殖していた細菌が広がり、
にきびが飛び火したり悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

膿んだにきびは一層治りにくくなり、炎症も長引きますので、
にきび跡も深刻なものになりがちです。

最近はにきび専用のスキンケア用品もたくさんありますが、
たとえ赤みは取れてもにきび跡を消すことはなかなか難しいので、
大量にできた場合は、一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:プランタン
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/puratan/index1_0.rdf