日記って 

June 22 [Wed], 2005, 22:34
今日は日記について話していた。友達M子は中学生の頃からずっと欠かさず日記を書いている。もちろんノートに。
私も昔は何度も日記帳を買ってトライしたけど 多分三日以上続いた事はなかった。
そしてそのうちそのノートはだんだん、たまに書く私の唯一の本音帳になっていった

そのノートは今もこっそりしまってある。
絶対に誰にも見られてはいけない 私の日記帳。
もし私に前触れもなく何かあったら 心残りはこの日記帳ばかりってくらいに。笑
私の青春時代が色濃くつまっている。

この前、精神の授業で先生が言っていた「思春期の頃は、親に対して 今とは全然違った気持を抱いていたでしょう?」ほんとにそうだった。
昔は考えられないくらい、自分の与えられた環境に不満を抱いていた。
そしてそんな気持が自分の糧になっていたような気もする。もしかしたら、それ自体親にはみすかされていたのかもしれない。だけど、あの頃はほんとに辛かった。
それで、きっと 自分を認めてくれる そんな存在を他に求めていたような気もする。
知らないうちにだんだん自分の本音を出す事はなくなって
そうやって失ったモノもいっぱいあったな〜
私の「日記」はそんな感じで 歴史を刻み続けている
でも今はそんな自分の育った環境に むしろ感謝している。
やっぱり、ここに生まれてこそ今の自分があるわけで。
自分の嫌なところはいっぱいあるけどきっと生まれ変わっても自分は自分だっただろうなって思うし。

でも、M子の日記はまったく反対!楽しいできごとをいっぱい書く。  
けど、最近は その日記に”未来の子ども達”へのメッセージが加わったらしい
えっ!?なにそれ!? あんた子どもいたっけ?と、みんな驚きを隠せなかったけれど でも、それって自分にとっても いい記録になるのかもね。
ただし、彼女の場合 状況設定は「子どもを産んで早死にする母」ということらしいのだけど
子どもが大きくなる前に自分が死んでしまったらその日記を子どもに残して
その子どもが 「自分と同じ年にお母さんはどんな日々を過ごしてたんだろう」と毎日1ページずつ読みすすめて 母と共に人生を歩んでいけるらしい ・・苦笑
一見 なんという妄想とひいてしまいますが、冷静に考えると それってちょっぴりステキかもね  別に早死にしなくてもだけど・・

夏至 

June 21 [Tue], 2005, 19:13
5夜連続 友達の家で 暗記大会。
ま、そのうち2日くらいはまったりもったり してたんだけど
私は多分、暗記が苦手。
覚える事は一回手に書いて 手でおぼえていかないと 覚えられないタイプ。
ノートに書いたパッと見の印象とか、そういうので覚えていくので
これまた一回ちゃんとまとめないと 全然頭にはいらないし・・
かなり容量が悪い方だと思う。

そんなわけで、今回も友達の力をかりつつ暗記。

今日はそして 運動不足解消のために 自転車にのってみた
でも、友達の家があまりに近いので あんまり効果なし。

今日は夏至らしい!一年で一番日が長い日。
そういえば、こっちにきてから 日が沈む時間が随分遅くなったとおもう。
北陸にいたころは 8時に空に光があるなんて 考えられなかったな。
やっぱり、西にくると ちがうんだね。

お天気がいいほうがすき
すこしでも太陽が空にあるほうが 私は癒されます

なんか今日はいい気分。
そういえば朝おきたら メールと写メールを受信。
Kちゃんの初名刺ができあがったらしい
1枚目をとっておいてくれた
うれしい 
 

これは遠恋の醍醐味かなぁ

テスト期間 

June 20 [Mon], 2005, 1:40
テスト期間がやってきた
しんどーい。
テストはじめは小児科学。
あーーほんとに各論苦手膨大な量の暗記に またもやTRY中。

最近自分のことで精一杯になって
いろんなことがなおざりになっているごめんなさい。
やっぱり私もひとつひとつの事しかこなしていけないタイプなのかも。

そういえば今日から社会人Kちゃんは 汐留マン!
東京のラッシュって、大阪とか以上なんだろうな・・
大変そう。
いい職場にめぐり合えるように祈ってます

ブログの意義 

June 13 [Mon], 2005, 2:18
今日は友達が新たにネット開通!
そして加えてその子がブログをもっていたことを知る
うそー!教えてよそれなら
と読んでみると すごく意外な一面がいっぱい垣間見えるブログだった
彼女はおしゃべり好き!というタイプの子ではないので 辛いこととか、そういうことを
自分でなんとかしよう と思っちゃうタイプなんじゃないかなと思う。
それでみんなで心配になったりしたこともあったな
で、ブログに毎日のことを書くことで いろんなバランスが保たれていたのかも と思ってみたり
うちらが知ったことでそういう本音を書ける場所を奪ってしまわないといいんだけど

でも、ブログはそういう役割も果たしてるんだなーと再確認。
私もそうかもしれないな。
私も日記は三日坊主で続いたことがないけど
パソコンになら 頑張ってつづけられそう
あとで見返すと案外 いろいろ考えさせられることがあったり

ここに書いているときは 公開してることをたまに忘れそうだけど

遠恋 

June 12 [Sun], 2005, 1:51
遠恋の良いところは 自分の時間を大切にできるところ
そして遠恋の辛いところは 再会の次にやってくる 別れ。

普段は 一人は楽〜♪といっている私だけど
でもやっぱり 別れはやっぱり何度経験しても 辛い。
いつになったら慣れるんだろう
いや、慣れちゃいけないのかな。

がんばろう。
明日からまた現実。
学校忙しすぎー

お互いがんばろうね。

おすし 

June 12 [Sun], 2005, 1:42
今日は近所のおすし屋さんにお昼ごはんを食べに行った!
私はお寿司が大好き。
でも、大阪に引っ越してからというもの 魚にはめっきり縁がない
やっぱり魚は日本海のが一番美味しい! というのはステレオタイプでしょうか?

今まではずっと回転寿司に行ってたけど
最近はちょっとリッチなお寿司をごちそうしてもらいっぱなし。
東京から帰ってきてくれた社会人Kちゃんに感謝。

やっぱり社会人はお金持ち。
でも、その分 苦労もいっぱいだと思う。
私はまだ学生で、 社会に出る辛さは全然わかってあげられないんだろうけど
私は私ができることで 応援していこうと思います。

社会人の先輩として
私が就職するときは いっぱいアドバイスください・・

お酒 

June 11 [Sat], 2005, 1:27
こころという近所の飲み屋さんに行った。
見た目地味でなかなか入るまで勇気がいるってかんじの店だったので
最初は入るのをためらったけど
冒険家の友達におされて 入ってみたのがきっかけでみつけたお店。
料理がおいしのなんのって!
やっぱり人間も店も 見た目で判断しちゃいけませんね!!

私はお酒を飲むのが好き。
お酒が好きというわけではなくて
お酒を飲んで普段は話せないことを話したり、色んなヒトの知らなかった一面を見られるから
失敗することも多いけど・・・それもいいのでは?と思ってみたり

だから仲のいい友達とはたいてい飲みに行く。
飲めない友達もいるけど、飲めない子は飲めないなりに付き合ってくれたり
逆に拒否られると もうそれ以上踏み込みはしないけど・・

こう考えている自分はきっと 
どこかに もう一人の自分がいて
そしてその自分を受け入れてくれる誰かを 求めているのかもしれない
だからお酒?ちょっと安易だが..

とりあえず、ストレスたまったらなんか 無性に 飲みたくなるのは
キケンでしょうか・・

夜明けまで1マイル ★★☆☆☆ 

April 13 [Wed], 2005, 1:20

春休み中になるべくたくさんの本を読もうと決心して
ただ今2冊目。
「夜明けまで1マイル」 村山由佳の小説。
最近また読んでみよーかなぁという気になったので 帰省前にこの人の小説を買ってみた
昔はこの人の小説をたくさん読んだけど、だんだんよくわからなくなってきたので
最近は新しく出ているのを見ても、全然買う気にならなかった
でもそろそろいいか〜!と思って 買ったのに

読み終わって... やっぱりなんかビみょー・・な気が。

なんか、なんだこの終わりは!という感じ。
やっぱり、映画も小説も
終わりがしょぼいとなんか がっかりしてしまう・・

弟の部屋からもうひとつ、この人の作品を拝借してきたけど
またなんか読む気をそがれてしまった。


そういえば、弟の引越しのHELPに行った時
その汚さには驚いたけど
本の多さにもこれまたびっくりした。
きっと、生活費のほとんどを食費ではなく 本に費やしてるんだろう・・・
いろんな本好きの部屋を見てきたけど
ここまでの人は見たことがない。
それも、あらゆるジャンルがあるんじゃないかってぐらい 偏りのない本棚・・
こういう読み方がきっと本当の本好きなんやろうなぁ と思ったけど
絶対に私には真似できませんね

きっと、買う本をえらく躊躇したり 偏りがあるうちは
まだまだ 趣味は”読書”なんて言えないんだろうなぁ・・
と自分の本の読まなさを改めて痛感。

でもまぁ、これから自分の時間を何に使っていこう・・と考えたときに
とりあえずは、読書しか思いつかないので
マイペースに色んな本を読んでいこうと思う。

じゃないと、毎日をただただネットに費やしてしまいそうなのだ(^^;)

ん〜とりあえずは 二冊目完読!
次は何を読もうかしらぁ

ローレライ ★★★★★ 

March 14 [Mon], 2005, 1:17
見てきました!遂に。
前々からみたかったんです。

邦画はおもしろくない・・という固定観念は多少ありましたが
これはなんか、面白そうだと直感的に感じたんです。



おもしろかった〜〜〜〜!
いい話やったぁ。やっぱり。
感動した〜〜 
役所広司はすごくキマッてました。
ただ、T夫木くんはどうなんでしょ??
彼だけ、どこか戦争映画じゃ浮いてた気はするんだけど・・・
 まぁそこは大目に見て。

周りの人たちは、ぐすんぐすん言いながら みていらっしゃいました。

実は前日に友達がイチオシだという
「U-571」という潜水艦の映画を見たばっかりだったので
すごく話が理解しやすかった気がする。(潜水艦についての知識とか)
んでもって、なんかすごくリンクする気がしたんだけど
気のせい?? 潜水艦を舞台にするとやはりこうなってしまうものなのか。
でも、やっぱり日本人ってだけに、余計ローレライは感動してしまいました。
これは、かなりオススメの映画です。
映画で思いっきり感動したい方には(vv)

けど、私の泣き所はやっぱりみんなとちょっと違ったようです。
私は 泣き所も笑い所も なんか人とずれてる・・
私が一番感動したのは ギバちゃんのシーンです。
あとはネタバレするといけないので 何も書けません・・・


ほんと久々にいい映画をみました。
変にこだわらず、素直にみれば
1500円分はしっかり感動できますえ

24-seasonV- ★★★★☆ 

December 26 [Sun], 2004, 0:56
遂にシーズン3を完結。
no.9を見てからしばらくテストで続きを見られなかったので
ちょっとストーリーを忘れてた。

今回のテーマは”生物兵器の飛散阻止”
娘キムが今度はCTUのメンバーとなる。
そしてキムの恋人、チェイスとジャックのコンビがこれ最高!
ほんとにドキドキさせられる。

でも、最後がすっきりしない締め方だったので
ホシは四つ!
P R
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:purapurarin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる