目を良くしたい!

November 20 [Tue], 2012, 16:35
視力回復といえば、あなたはどんなことを思い浮かべるでしょう?
レーシックや、サプリメント、トレーニングやサプリメントと、視力回復にも様々な方法があります。
やはり、目の状態によって視力回復の方法を変えることが大切です。
それでは、いったい近視というのは何が原因で起こるのでしょうか?
近いところを凝視していると、目も運動不足になるので調節機能が効かなくなり、ピントが合わなくなるのです。
現代の生活は、パソコンやテレビゲーム、携帯メールと目が悪くならないのが不思議という状況です。
近視の原因で言われていることには、正しくないこともあるようです。
例えば、目が悪いのは遺伝ですという人が多いですが、実は遺伝が原因の近視は5%しかないのです。
また、暗いところで本を読むのは目に良くないというのも、よく言われますが、実際には明るすぎるところの方が目にかかる負担は大きいのです。
目にも自然治癒力がありますから、10代のころなら視力回復トレーニングを受けてみるのも良いかもしれません。
スポーツをする人ならば、コンタクトレンズのわずらわしさを考えると思い切ってレーザー手術もありかもしれません。
ただ、ストレスや、姿勢が悪いなど目に良くない状態がそのままではせっかくの視力回復も意味がなくなりますので、生活自体も見直してみましょう。

にきびの悩みを解決!

August 30 [Thu], 2012, 10:48
思春期の人だけではなく、大人でもにきびで悩んでいる人は少なくありません。
にきびが出るのは、顔だけではありません。頭皮や首、背中にもできます。
背中にきびは内向的な性格の人に出来やすいとも言われています。
にきびはその状態によって、黒にきび、赤にきび、黄にきびの3段階に分けられます。
紫外線や運動不足もにきびの原因になります。
にきび予防の基本はなんといっても正しい洗顔ですが、こすらないように朝晩2回は洗いましょう。
便秘もにきびの原因になるので、食物繊維を多くとって、適度な運動をするようにします。
にきびの跡が残ってしまったら美容外科などに相談をしてみてください。
レーザー治療は、レーザーの照射で肌内部からのコラーゲン生成を活性化、肌の再生を促進させ、傷やへこみを収縮させます。
ケミカルピーリングも、家庭でできるものもありますが、できればしっかりとした医療機関で治療をしてもらいましょう。
ビタミンC誘導体を使う治療法は、美白成分として効果的といわれるビタミンCを安定化させ、肌に吸収させやすくしています。
油分の多いクリームはにきびの原因になるので、できるだけ少量の使用にしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キラリ
読者になる
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる